離婚訴訟になった場合は?

公開日: 相談日:2022年06月04日
  • 2弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

【相談の背景】
離婚調停から離婚訴訟になった場合、調停でのやりとりではなく
また一から事情説明等のやりとりから始まるのでしょうか?
離婚調停だと話し合い+法的なものが絡んでくるとおもいますが訴訟になった場合はもう「法律」にのっとりの判決になると私的には解釈しています

その場合、離婚調停で離婚する気はありませんという意思を訴訟でも貫く事例はいくつかあるとおもいますが
この場合、相手側が性的不一致や性格不一致、浪費を訴えたとして
浪費の証拠がLINE等であるにせよ、返せる額である事等を踏まえても離婚事由にあたらない可能性がありますが
やり直したいという意思は感情論で法的に無意味な物だと思います。
逆に、旦那側も浪費する、旦那のモラハラで性格、性的不一致になっても仕方がない理由がある
と旦那の言動や行動等を訴えることになりそうなのですが

【質問1】
旦那側が有責配偶者だから旦那側からの離婚したいという主張は認められにくくなるものなのでしょうか?

1150790さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府1位

    吉田 英樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    お困りかと思いますので、お答えいたします。
    【質問1】
    旦那側が有責配偶者だから旦那側からの離婚したいという主張は認められにくくなるものなのでしょうか?
    →一般的に有責配偶者と認められれば,有責配偶者からの離婚請求は困難にはなりますね。

    一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

  • 弁護士ランキング
    京都府6位

    新保 英毅 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    離婚調停が不成立となり、離婚訴訟となった場合は、法律に定められた離婚事由が認められるかどうか裁判官が判断することになります。
    事案によっては和解解決を進められることもありますが、離婚自体が強く争われている場合は和解解決というのは考えにくいです。

    一般的に、有責配偶者からの離婚請求は、認められにくくなります。
    ただし、一切認められないというわけではなく、①長期間の別居の有無、➁未成熟子の有無、③離婚によって配偶者が困窮するかどうか、という観点を総合考慮して、信義則に反しないと認められるような場合は、認められます。
    つまり、①長期間別居していて、②小さい子がおらず、③離婚しても相手が経済的に困らない状況であれば、比較的認められやすくはなります。
    個別具体的な判断になりますので、法律相談を受けた方がいいでしょう。

  • 相談者 1150790さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    旦那からのモラハラが原因で鬱から浪費という感じでした。
    子供はいないですし、別居はまた4ヶ月、調停自体が不成立になったら1年くらいにはなりそうです。
    別居して三年くらい経過しないと婚姻関係破綻とは認められないみたいですね。
    一応旦那と別居してから派遣と自営で働いてますが、これは旦那と再構築を目指すための自立でもあります。
    旦那側にモラハラはありましたが、私も旦那と向き合う気持ちが足りず逃げていました。
    旦那も調停は話し合いであり慰謝料とかの話はしないと言っているので再構築も場合によってはあるのかな?
    と思っています。
    旦那は弁護士なし、私は不安があるので弁護士を雇うつもりでいますが、、
    がんばります

  • 弁護士ランキング
    京都府6位

    新保 英毅 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    ご事情分かりました。
    まだ別居期間が短いので、相談者側に不貞等の決定的落ち度がない限り、現時点で夫からの離婚請求が認められる可能性は高くないとは思います。
    別居期間3年程度というのは一つの目安ですが、別居期間の長短は婚姻同居期間との関係で相対的に判断しますので、同居期間が極端に短いと、必要な別居期間も短くなります。
    弁護士に依頼されるのはよいと思います。
    解決されることを祈念しております。

  • 弁護士ランキング
    大阪府1位

    吉田 英樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    率直にいえば,モラハラなどは,立証も含めて,有責配偶者とまでいうことは難しい印象ではあります。再構築の道も残っているようですので,弁護士に相談しながら,すすめられるとよいでしょう。

この投稿は、2022年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました