元カレからの返金要求、身辺調査をするとの宣言に参っています。

公開日: 相談日:2022年05月22日
  • 3弁護士
  • 5回答
ベストアンサー

【相談の背景】
3日前に元カレが自宅へ押しかけてきました。付き合っていた時の金銭の返金や身辺調査をすると言われて怖いです。

お付き合いしていたのは1年ほどですが結婚の話も出てました。(口頭やメールでのみ)
誕生日プレゼントや生活費として金銭を受け取ることがありました。
お別れしてから引っ越しをしたのですが、彼から物を送りたいと言われて住所を教えてしまいました。
そして3日前に、私は不在でしたが家前で待ち伏せ、挙句住民に着いて行きオートロックを超えて部屋前まで来ていたようです。
たまたま待ち伏せしている時に同じ階の男性がポストを見に行ったようで、
その男性住民を私の同居の彼氏だと思い込んでおり、身辺調査をして虚偽の報告があれば付き合っていた時に渡した金銭の返金とその調査費用の支払いを求める予定だと言われています。

同居の男性もいませんし、身辺調査をすると言われて生活を見られている気分になり、引っ越したばかりなのにオートロックを超えて自室前まできたことが恐怖で出かけるのも億劫になってしまいました。

【質問1】
この場合身辺調査を中止させる方法や返金の必要はあるのでしょうか?
警察への相談も必要でしょうか。

1146537さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    別れたのに、その後も待ち伏せや押し掛けなどあればストーカー規制法上のつきまとい等やストーカー行為に当たる可能性がありますので、一度、警察にご相談になった方がよいようにも思います。場合によっては、警察署長などから彼女に対してつきまとい等の警告や中止命令などをしてもらえる可能性もあります。
    また、「住民に着いて行きオートロックを超えて部屋前まで来て」とありますが、場合によっては、この行為について、建造物侵入罪に当たる可能性があります。

    上記とは別途、弁護士等から警告文を出してもらうなどの方法も考えられるのかもしれません。

    なお、「渡した金銭の返金とその調査費用の支払いを求める」という点につき、金銭が借りたものでない(返還を前提としたものでない)のであれば、返還義務はありません。また、想定される請求の内容からすると、調査費用の支払義務は生じない可能性が高く、相手方の請求は法的に見て認められない可能性が高いように思います。


    ご参考になれば幸いに存じます。

  • 弁護士ランキング
    千葉県1位

    倉田 勲 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    この場合身辺調査を中止させる方法や返金の必要はあるのでしょうか?
    警察への相談も必要でしょうか。
    →返金に関しては、返金の約束をしていないのでしたら交際中に贈与されたものとして返金の必要はないでしょう。調査費用に関しても法的に請求の理由がないものと思われます。
    身辺調査を中止させる方法としては、弁護士に依頼して警告をしてもらうか、ストーカー規制法違反として警察から警告や中止命令に関して相談することも考えられます。

    すでに部屋の前まで来たこともあると言うことでしたら、早期に対応した方が良いと思われますので、お近くの警察署か法律事務所でまずご相談されることをおすすめします。

  • 相談者 1146537さん

    タッチして回答を見る

    相手から「大事な確認がある、返済する気はあるのか?」と連絡がきましたが返済する必要はないと聞いていると強くでてもいいのでしょうか。

  • タッチして回答を見る

    >相手から「大事な確認がある、返済する気はあるのか?」と連絡がきましたが返済する必要はないと聞いていると強くでてもいいのでしょうか。
    →ご質問のように回答しても問題ないと思います。身の危険を感じたら迷わずに警察に相談してください。

  • 相談者 1146537さん

    タッチして回答を見る

    訴訟ではそうならない。今週末正式に手続きに入ると言っているのですが、こちらも対応した方が良いのでしょうか。何度もすみません。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    >>訴訟ではそうならない。今週末正式に手続きに入ると言っているのですが、こちらも対応した方が良いのでしょうか。何度もすみません。
    →相手方の言っていることが脅しの可能性はありますが、こちらの一般論では判断することは困難です。一度、お近くの法律事務所に相談だけでもされることをお勧めします。

この投稿は、2022年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す