資産・負債の合計のマイナスの考え方

公開日: 相談日:2021年11月24日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
婚姻関係財産一覧表において、こちらは住宅ローンがあり自分の名義の資産・負債の合計はマイナス100万円。妻は学資保険がある為、プラス500万円となっています。

【質問1】
この場合、自分はマイナスだから0。妻は500万円だから、妻が自分に払うのは250万円となりますか?
または妻のプラスに自分のマイナス分を引いた600万円の半分300万円を妻が自分に払う事になりますか

1087976さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都3位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    この場合、自分はマイナスだから0。妻は500万円だから、妻が自分に払うのは250万円となりますか?
    または妻のプラスに自分のマイナス分を引いた600万円の半分300万円を妻が自分に払う事になりますか

    住宅を処分するというのであれば、負債が残ることになりますので、その負債も財産分与の対象として、奥さまが300万円をあなたへ財産分与することになると思いますが、住宅を処分しないまま、あなたが住宅ローンを支払い続けていくというのであれば、マイナスは現実化しないので、実務的には、あなた名義の住宅の価値を0円として、奥さまが250万円をあなたへ財産分与するという扱いをすると思います。


この投稿は、2021年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す