離婚裁判における委任弁護士の対応が適切か

公開日: 相談日:2021年11月15日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
委任弁護士の準備書面の対応について。
離婚裁判で被告となり、弁護士に委任してます。
毎回、準備書面の作成に繋がるであろうエピソードを私の方から弁護士に送るのですが、裁判所の提出締切日まで音沙汰がないことも多く(メールも無視される)、前回は期日直前になって連絡してきて、打ち合わせは期日の午前中に実施して、書類を仕上げました。
打ち合わせ前に私の案すら読み込んでなく、結局、私のエピソード案をほぼそのまま転用されます。
争点は財産分与、慰謝料(反訴含む)、親権と多岐に渡るのですが、この1年財産分与のみに期日が費やされ、先日和解案を出し合ったと思ったら、唐突に裁判官の心証が開示され、慰謝料は共に無し、親権は原告にという話で、次は証拠調べ、尋問に向かうとのことです。
なんで慰謝料、親権について、弁論期日が全くないのか理解不能です。
委任弁護士のミス(法的な主張をしていない)ではないかと疑っています。

【質問1】
委任弁護士に対応を早くして欲しいと何度いっても直りません。
どうやったら改善しますか。

【質問2】
この弁護士の対応は、弁護士法やその他なんらかのルールで違反ではないのですか?
とても金額に見合った弁護とは思えません。
こんなので報酬16%とか腹が立ちます。

1084973さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    三重県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    何度言っても変わらないなら、弁護士の問題としか言いようがなく、改善させる方法はありません。

    【質問2】
    依頼を受けた弁護士として委任契約に従って最善を尽くす義務(善管注意義務)に反している可能性はあるものの、これは評価が難しいので、一概に言い難い面があります。
    訴訟記録やあなたと弁護士のやり取り等の証拠を踏まえて検証しないと義務違反かどうか判断しかねる問題です。

この投稿は、2021年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す