未払婚姻費用の精算方法について

公開日: 相談日:2021年05月01日
  • 4弁護士
  • 5回答
ベストアンサー

【相談の背景】
夫が急に出ていき、子がいるにもかかわらず、生活費を入れない状態だったので、婚姻費用請求をし、婚姻費用は決まったのですが、婚姻費用請求をするまでの数ヵ月分は貰っていません。別居後の相手分も含めた食費や光熱費の精算もこちらがしており、相手の無責任さに様々なことが納得できません。未払い分は財産分与での精算と考えてよいですか?

【質問1】
婚姻費用調停で決まった金額の数ヵ月分を財産分与でこちら側が多くもらうという認識でよいですか?

【質問2】
主張していかないと財産分与で認められませんか?
どう主張していくべきですか?
調停だと相手が拒否したら貰えませんか?

1022560さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、2人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都8位

    泉 亮介 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

     調停において,調停条項として決まったことであれば,かかる調停条項を履行しない場合は強制執行ができますので,婚姻費用の強制執行を行えば足ります。相手の財産で判明しているものについて差押を行い,そこから強制的に回収をしていくこととなります。

  • 弁護士ランキング
    京都府2位

    松浦 由加子 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    婚姻費用は請求時説をとりますので、調停を申し立てた以降の婚姻費用しか認められないことがほとんどです。
    調停申立前の婚姻費用が支払われていない場合、財産分与で考慮するということは考えられないわけではありませんが、当然に認められるものではありません。

    そういう意味では、主張していかないと財産分与で認められないと思います。
    別居したのは何時で、調停を起すまでの●ヶ月間、婚姻費用は支払われなかった。
    財産分与でこれを加味すべきだ。
    といった主張になるでしょうか。

    最後に、調停は合意がないと成立しませんから、相手方が拒否したら貰えないということになります。

  • 相談者 1022560さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございました。
    相手の未払分に関しては理不尽に感じますが、当然に認められるものではないのですね。主張していきたいと思います。双方決まらないときは裁判所が決める形になりますか?
    よろしくお願いします。

  • 野条 健人 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    相手の未払分に関しては理不尽に感じますが、当然に認められるものではないのですね。主張していきたいと思います。双方決まらないときは裁判所が決める形になりますか?

    大変お困りだと思いますのでお答えします。そうですね!調停で婚姻費用で合意がなされない場合は審判と言って、裁判所が決めることになります

  • 弁護士ランキング
    京都府2位

    松浦 由加子 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    調停申立て前の婚姻費用を離婚の財産分与で精算するかどうかを決めるということでしたら、合意ができないと離婚調停は成立しませんから、離婚訴訟で裁判所が判断するということになります。

    婚姻費用の調停で、調停申立て前の婚姻費用は一切認めないというのは良いのかどうかは確かに疑問に思うことはありますが、そこを覆すのはなかなか難しいのが実情です。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 質問1】
    >
    > 婚姻費用調停で決まった金額の数ヵ月分を財産分与でこちら側が多くもらうという認識でよいですか?
    >
    そのようなことも可能です

    > 【質問2】
    >
    > 主張していかないと財産分与で認められませんか?

    そのとおりです
    >
    > どう主張していくべきですか?
    >
    未払い婚姻費用を計算し、それが財産分与において清算されるべきと主張しましょう

    > 調停だと相手が拒否したら貰えませんか?


    そうなります

  • 相談者 1022560さん

    タッチして回答を見る

    いろいろなご回答ありがとうございました。力になります。
    主張はできるだけしていきたいと思います。

この投稿は、2021年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す