【特定商取引法】コンテンツ販売プラットフォームで、プラットフォームを販売主とした場合の制約

公開日: 相談日:2020年07月28日
  • 1弁護士
  • 1回答

クリエイターがサブスクリプション課金によってデジタルコンテンツを配信できる場を提供するプラットフォームを企画しています。

販売主をクリエイターにしてしまうと、「特定商取引法に基づく表記」の記載義務がクリエイターに発生してしまうため、氏名・住所の開示等、サービス利用のハードルが高くなることを懸念しています。

そこで、利用規約等でプラットフォームによるコンテンツの公衆送信権等をクリエイターに許諾してもらった上で、プラットフォーム側がコンテンツの販売主となり、「特定商取引法に基づく表記」をプラットフォーム事業者の情報とする、という対応を考えています。(売上については、プラットフォーム手数料を差し引いた分をクリエイターに還元)

【質問】このようなスキームを取る場合、販売主をクリエイターとする場合と比較して、サービスの機能やオペレーションにどのような制約が発生するのでしょうか? (例: クリエイター側での販売価格の決定が可能なのか、クリエイター登録時の審査の必要があるのか等)

(参考) 先行サービスでは類似のスキームを採用しているようです。
このサービスでは販売主はプラットフォームが販売主となっているようですが、価格の決定はクリエイターが行っています。

最終的には弁護士の先生に依頼してスキームを固めていきますが、まずは基本的な考え方について確認を行いたく投稿させて頂きました。
ご回答頂けますと幸いです。

942763さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2020年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから