動画共有サービスの動画を要約してブログに書くと著作権違反になるか?

公開日: 相談日:2020年05月12日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

動画共有サービスで他の人が語っていることを要約して自分のブログに載せるのは著作権違反でしょうか?

たとえば、Aさんの動画「集中力を保つ方法」があったとします。

この内容を私が要約して私自身のブログに載せ、「くわしくはこちら」とさいごにAさんの動画共有サービスの動画へ誘導するというイメージです。

この方法は著作権違反などに当たるのでしょうか?

919940さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    著作権は、表現されたもの(写真、映像、文章など)に生じます。語られた内容そのものに生ずるわけではありません。ですので、その動画をそのまま自分のブログにのせれば著作権侵害ですが、動画の中で人物が語った内容を要約して自分のブログにのせてもそれは著作権侵害にはなり得ません。

  • 相談者 919940さん

    タッチして回答を見る

    ご回答いただきありがとうございます。

    こちら「Aさんの動画を見てそれを要約する」という前提になります。
    つまり、ブログには「Aさんの動画を見て要約します」のような文言を入れるつもりです。
    そのような場合でも著作権侵害にならないのでしょうか?

    というのも、動画で語っていることはAさんが「表現したもの」かなと思ったもので…

    お忙しい中恐れ入りますが、ご確認宜しくお願い致します。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    著作権は著作物に生じるのですが、著作物とは「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」と定義されています。
    「Aさんの動画」自体は、Aさんの思想又は感情を映像という形に表現したものにあたりますから著作物といえます。しかし、Aさんが語った内容自体は、思想又は感情そのものであって、「表現したもの」ではないですよね。
    つまり、頭の中にある考えやアイデアそのものは著作物とはいえず、表現されたときにその表現物自体が著作物となるのです。表現物自体を使ってしまえば著作権侵害になりますが、考えやアイデアを要約して使うのであれば、表現物を使ったことにならず、著作権の侵害にはなりません。
    おわかりいただけましたでしょうか?

この投稿は、2020年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す