著作権法違反にならない書籍の引用の仕方について

公開日: 相談日:2020年04月19日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

現在、書評ブログを作成しております。書評のジャンルは主に実用書とビジネス書です。

質問は下記のとおり、書籍からの引用文の書き方についてです。引用文は改変せず一字一句同じでなければいけないとされていますが、下記についてはその例外にあたるような気が少ししております。

1.縦書きの書籍に数字が漢数字で四〇と書かれている場合は、横書きのブログにも漢数字で四〇と書かなければいけないのでしょうか? それとも算用数字で40と書いてもよいのでしょうか?

2.改行により引用文の最初の1文字が空白(字下げ)になっている場合は、ブログの方も空白(字下げ)にするべきでしょうか? それとも空白にせず、最初から左詰めで書いてもよいのでしょうか?

1.についてネットで調べると、「漢数字で書くべきだ」、「算用数字に変換した方がよい」と意見が分かれていました。引用の原則を遵守すれば漢数字で書くべきだと思いますが、短い字数ならいざ知らず字数が増えると読みづらくなります。(例:13,500個⇒一万三千五百個) なお、2.についてはいくら調べても情報がありませんでした。

書評ブログを書く際には、書籍からの引用はほぼ必須となります。しかし、一歩間違えれば著作権法違反になり提訴されるリスクがある諸刃の剣です。この部分がひっかかり、現在ブログ作成が停滞しています。深く悩まず原文のまま書けばいいと言われればそれまでなのですが……。

お手数をお掛けし誠に申し訳ありませんが、ご回答くださいますようお願い申し上げます。 

912986さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    引用の趣旨から考えてみてください。引用は、元の著作物をそのまま引き写して用いることです。特に、漢数字なのか算用数字なのかは、著作物の創作性にも関わる部分です。文学作品などでは旧字体で書かれているのならなるべく旧字体を用いるべきですし、それは数字でも同じです。
    ですので
    1は、漢数字で書くべきです。
    2も同じで、行を変えているところは、著作者にとっては意味を込めて行を変えているのですから、そのまま変えずに引き写すべきです。行を詰めたりしたら改変にあたってしまいます。

    少し観点が異なりますが、引用するときには、主従関係に気をつけてください。段落をまたいで引用されるようですが、そうすると引用する元の文章が結構大きくなるのではないでしょうか。元の文章が「主」になるようですと、引用の要件をみたさないおそれもあります。

  • 相談者 912986さん

    タッチして回答を見る

    お忙しい中、ご回答下さり誠にありがとうございます。

    1については漢数字で書くのですね。数字が著作物の創作性に関わる部分に該当すると分かり、納得しました。ありがとうございます。漢数字で書きます。

    2についてですが、説明不足で申し訳ありません。段落をまたいで引用するのではなく、段落の最初の一文のみを引用すると書くべきでした。ブログと異なり書籍の場合は、段落の最初の一文を必ず一字字下げします。引用するのは段落の最初の一文のみですが、これについても引用の趣旨から考えて、左詰めにするのではなく原文のまま一字字下げして書くということでよいでしょうか?

    後もう一つ質問なのですが、引用した漢数字と同じ数字を自分のコメントの方に入れる場合も、漢数字で書かなければいけないのでしょうか? それとも自分のコメントの方は、算用数字でもよいのでしょうか?

    お手数をお掛けし誠に申し訳ありませんが、ご回答くださいますようお願い申し上げます。

  • タッチして回答を見る

    2について、なるほど理解しました。そういう場合でしたら、一文字下げは引用としておかしな表現になりますから(引用をあらわす()の最初に一文字空白を入れるのは不格好)、一文字下げは不要と思います。段落分けは著作物の創作性に関わりますが、一文字下げは段落のルールであって創作性とは直接関係ないですし。

    もう一つのご質問ですが、元の文章の性質によると思います。
    夏目漱石や森鴎外などの文学作品だったら、漢数字にしている意味や歴史的背景があるのでそのまま漢数字でコメントすべきでしょうが、文字や言葉の選択に文学作品ほどはこだわりのないジャンルの文章であれば、それは変えても全く問題ないと思います。それに、コメントの方は変えたとしてもそれは著作権侵害の問題ではありませんし。

  • 相談者 912986さん

    タッチして回答を見る

    お忙しい中、ご回答下さり誠にありがとうございます。

    2について了解しました。一文字下げはせず、左詰めで引用文を書きます。

    もう一つの質問についても了解しました。私の書評のジャンルは実用書とビジネス書だけで文学作品や小説は含みません。よって、自分のコメントの方は算用数字で書きます。自分のコメントの方を漢数字から算用数字に変えても著作権侵害にならないと分かり、心底ほっとしました。

    このたびは本当にお世話になりました。
    お陰様で疑問点を解決することができました。
    書評ブログを作成するにあたり著作権についてまた疑問が生じましたら、こちらのサイトに投稿させて頂こうと思います。
    今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

この投稿は、2020年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す