お通夜で棺桶の遺体を撮影した画像を勝手に他人に送信されていた

公開日: 相談日:2019年02月09日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

先日内縁の夫が事故で亡くなったのですが、その際お通夜に参列していた友人が亡くなった彼の母に許可を得て棺桶に入っている彼の遺体の写真を撮影したらしく、その画像を他人に勝手に送信されていました!許せないのですが法律上どうなるのか教えてください。よろしくお願いします。

761065さんの相談

回答タイムライン

  • 山岸 陽平 弁護士

    注力分野
    インターネット問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    「故人に対する遺族の敬愛追慕の情も一種の人格的法益としてこれを保護すべきものである」と判示した高裁判決があります。それからすれば、遺体の写真の送信は、遺族の人格的利益の侵害(不法行為)にあたる可能性があります。不法行為にあたれば、母の精神的損害を償うための慰謝料の請求が認容されることになります。内縁の妻についても、法律婚の妻に比べれば低額になるかも知れませんが、認容されるのではないかと思います。

    ただ、母の許可を得て撮影しているということですので、撮った写真に関して、明らかに故人を敬う気持ちが欠けた趣旨で他人に送信したということでなければ、行為の違法性はなく、不法行為にはあたらないのではないでしょうか。
    どういう趣旨で送ったか、それが客観的に明らかであるか次第というところになってくるかと思われます。

  • 相談者 761065さん

    タッチして回答を見る

    画像送信相手は故人の過去の不倫相手です。お通夜に来たいと言われたので遠慮してもらいました。そのお通夜に来れなかった不倫相手に画像を送られました。

  • 相談者 761065さん

    タッチして回答を見る

    どうゆう主旨で画像を送ったかと言う部分は、画像を受け取った人は、故人の過去の不倫相手です。不倫相手がお通夜に参列したいと言い出したので家族みんなで不倫相手の参列を断りました。恐らく参列を断られた=可哀想だと思って撮影して画像を送ったのだと思います。故人を敬うと言うより画像を受け取った人に対して個人的な感情で送ったのだと思います。

この投稿は、2019年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す