「社会通念上、許される限度を超える」とは

公開日: 相談日:2018年07月06日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

「社会通念上、受忍限度を超える人格権の侵害」
「社会通念上、許される限度を超えた人格権の侵害」
とは、一体どのぐらいのことをすれば成り立つのでしょうか。

「社会通念上受忍限度を超える」とは、誰が決めるのでしょうか。
極論、裁判官のさじ加減でしょうか。

騒音や公害などではなく、名誉感情の部分の場合の話です。
例えば「馬鹿」と言われた人がいて、
「わたしの心が死ぬほど傷ついたので社会通念上受忍限度を超えた」
と主張したら、それは法的にまかり通るのでしょうか。

それとも、そのぐらいは受忍限度を超えないとされるのでしょうか。
その判断基準は、どういったことを参考になされるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

681399さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2018年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから