1. 弁護士ドットコム
  2. インターネット
  3. 個人情報を第三者に見せるだけでも法律に抵触しますか。

公開日:

個人情報を第三者に見せるだけでも法律に抵触しますか。

2018年04月20日
ベストアンサー
先生に1つ質問がございます。
1.弊社の顧客情報(個人情報)を本人の許可なく第三者に見せるだけでも個人情報保護法に抵触しますか?
(見せる相手が、その個人情報をメモしたり、写真に撮ったり、営利目的に利用することはございません。)
よろしくお願い致します。
相談者(653672)の相談

みんなの回答

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2 インターネット問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
貴社が個人情報保護法(以下「法」)に規定する「個人情報取扱事業者」であり,閲覧に供する対象となる情報が「個人データ」に該当することを前提として回答すると,その閲覧に供する行為について利用目的への記載がない場合は,法16条3項に規定する例外事由に該当する場合でなければ目的外利用に該当し,該当する本人から法30条1項に基づく利用停止等の請求ができることになります(改正法により利用停止等請求訴訟の提起も可能です)。また,事案によっては安全管理措置義務違反(法20条)も問題となり得ます。
以上の違反行為は,個人情報保護委員会による措置命令や中止命令の対象となっています(法42条1項,3項)。なお,閲覧に供するのみであれば,法23条1項の第三者提供には該当しないと解されます。

2018年04月21日 09時42分

この投稿は、2018年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「IPアドレスから投稿者をたどる方法は限界」 発信者情報開示の手続はどうあるべきか 神田知宏弁護士インタビュー vol.2

インターネット上で誹謗中傷を受けた被害者が投稿者を特定しやすくするため、制度改正に向けた議論が続いている。6月25日には、総務省で3回目となる有...

「発信者情報開示」の高いハードル 「とにかく時間との戦い」 神田知宏弁護士インタビュー vol.1

5月下旬に女子プロレスラーの木村花さんが亡くなったことを受け、インターネット上での誹謗中傷の問題に注目が集まっている。「投稿者に法的責任を問う...

「社会運動に取り組むために欠かせぬツール」 嶋﨑量弁護士が語るTwitterの活用方法

民間調査会社が2018年12月にまとめた調査結果で、国内におけるSNS(ソーシャルネットワークサービス)の利用者数は7,523万人(普及率75%)で、2020年末...

「九州における非弁活動の実態と対策」非弁提携に陥らないために注意すべきポイントとは

弁護士資格を持たない者が法律事務を行う「非弁活動」が疑われる事例が、近年、過払い金返還や交通事故、相続などの分野で目立つようになりつつある。...

「自然体の投稿が、依頼にも繋がっていく」 高木良平弁護士が語るTwitterの活用方法

社会活動や営業活動、プライベートなどでTwitterを利用する弁護士、または、これから利用しようと考えている弁護士も多いと思われる。そこで、今回は、...

この相談に近い法律相談

  • 個人情報情報の第三者提供について

    個人情報の第三者提供は制限はされないとお聞きしたのですが、企業で公表している利用目的外の夫の個人情報を妻に伝えた場合は、個人情報の漏えいにあたるのでしょうか。ご指導お願います。

  • 個人情報とは何でしょうか?

    最近、世間を賑わせているベネッセの個人情報流出事件ですが、ニュースを見ていてふと思ったのですが、個人情報とは個人を特定できる情報が組み合わさって初めて「個人情報」と呼べるのでしょうか?例えば、「苗字+携帯番号」若しくは「氏名+携帯番号」だけでは例え流出したとしても、個人情報流出とはいえないのでしょうか?また、今...

  • 個人情報保護法について

    個人情報とは 「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。 死者に関する情報が、同時に、遺族等の生存す...

  • 業者に個人情報を流出されました

    ある品物を 配達してもらったら 私の個人情報を他の人々に流出されたことを、他の人からの情報で知りました。大変迷惑を被っています。 相手の業者は 個人情報保護法に抵触しないのですか?

  • 個人情報の定義について

    個人情報の保護に関する法律の第二条に 『この法律において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって』 とありますが、本人が死亡した場合(法律上どの時点が死亡になるかわ知りませんが)はその時点で個人情報であったものが個人情報で無くなると考えて良いでしょうか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

インターネット問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

インターネットの法律ガイド

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

インターネット問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。