1. 弁護士ドットコム
  2. インターネット
  3. 被告として勝った相手に、裁判を提起するか迷っています

公開日:

被告として勝った相手に、裁判を提起するか迷っています

2017年07月19日
ベストアンサー
誹謗中傷をやめるよう求めたことを、名誉毀損だと言われ、裁判をおこされました。

一審二審とも棄却、勝訴が確定しました。こちらは悪くないと。相手の行為が発端・原因なのだからと。

この後、こちらから提訴しようか迷っています。

上記裁判に勝訴したからといって、相手からの誹謗中傷を法的に制限する効力はもたないのでしょうか。

こちらが提訴して勝訴か勝訴的和解をしない限り、相手は、自由に誹謗中傷を行えるということですか。

よろしくお願いいたします。
相談者(569244)の相談

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ベストアンサー
ありがとう
> 上記裁判に勝訴したからといって、相手からの誹謗中傷を法的に制限する効力はもたないのでしょうか。

相手の発言を抑制する強制力はないと思います。

> こちらが提訴して勝訴か勝訴的和解をしない限り、相手は、自由に誹謗中傷を行えるということですか。

勝訴ないし和解しても強制的に相手の発言を止めることはできないと思いますが、例えば、損害賠償請求等認められれば、事実上の抑止力は働くと思います。

2017年07月19日 03時22分

この投稿は、2017年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「社会運動に取り組むために欠かせぬツール」 嶋﨑量弁護士が語るTwitterの活用方法

民間調査会社が2018年12月にまとめた調査結果で、国内におけるSNS(ソーシャルネットワークサービス)の利用者数は7,523万人(普及率75%)で、2020年末...

「IPアドレスから投稿者をたどる方法は限界」 発信者情報開示の手続はどうあるべきか 神田知宏弁護士インタビュー vol.2

インターネット上で誹謗中傷を受けた被害者が投稿者を特定しやすくするため、制度改正に向けた議論が続いている。6月25日には、総務省で3回目となる有...

「発信者情報開示」の高いハードル 「とにかく時間との戦い」 神田知宏弁護士インタビュー vol.1

5月下旬に女子プロレスラーの木村花さんが亡くなったことを受け、インターネット上での誹謗中傷の問題に注目が集まっている。「投稿者に法的責任を問う...

「自然体の投稿が、依頼にも繋がっていく」 高木良平弁護士が語るTwitterの活用方法

社会活動や営業活動、プライベートなどでTwitterを利用する弁護士、または、これから利用しようと考えている弁護士も多いと思われる。そこで、今回は、...

「九州における非弁活動の実態と対策」非弁提携に陥らないために注意すべきポイントとは

弁護士資格を持たない者が法律事務を行う「非弁活動」が疑われる事例が、近年、過払い金返還や交通事故、相続などの分野で目立つようになりつつある。...

この相談に近い法律相談

  • 原告に別の主張で提訴する場合の裁判所は?

    原告を相手方として、新たにこちらが提起する訴えを反訴というそうですが 同じ相手でも、別訴を異なる裁判所にて起こせないのでしょうか。 相手は不法行為による損害賠償で、 こちらは、それとは別の商行為による債権回収です。 相手の管轄裁判所が遠方のため こちらが原告になる場合は、こちらの裁判所で行いたいのですが 相...

  • 民事訴訟の判決文は他の裁判に影響するか? 事実認定の一部の変更を求める控訴は許されるか?

    (適切なカテゴリが表示されなかったのでとりあえずここに投稿します) 民事訴訟における判決主文は、大抵、原告が書いた請求の主旨そのものか、反対に 「原告請求を棄却する」 のどちらかです。 判決主文は、非常にそっけないのですが、判決文には、 原告被告間でどのような事実があったのか、双方が争った点につき、裁判所はど...

  • 上告を相手方がしたかどうかを調べる方法

    被告として、一審勝訴(棄却)、控訴審も勝訴したあと、相手方が上告したかどうか、どのような結果になったのか、は、どのように調べることができるでしょうか。 訴訟費用の請求を行いたいと考えている場合に、最高裁による最終判決を待ってからでないと手続きができないのか、という質問と合わせて、教えてください。 よろしくお...

  • 勝訴した判決書の批判を控訴答弁書で行うこと

    同じ相手から2つの裁判を起こされており、1つは勝訴確定、もう1つも、おそらく負けないだろうと考えてはいるのですが、裁判官が少し気がかりな人です。 そこで、仮定の質問です。 もし、第一審勝訴で相手が控訴してきた場合(相手は必ず控訴する人です)ですが、 第一審で請求棄却で勝訴となったものの、判決書に、こちら...

  • 別訴訟の判決書きを援用したいとき

    相手方は本人訴訟で、まず自分の会社を訴え、疾病の悪化などを主張し全面敗訴しましたが、こんどはその原告にかかわっていた、わたしを相手に訴訟を起こしてくるようです。勤務先に対する訴えは控訴も棄却され、確定しています。その判決にのった主張をしていけば当方にも相当有利と考えられるのですが、このような場合、前訴の判決書き...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

インターネット問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

インターネットの法律ガイド

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

インターネット問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。