元生徒からの執拗な嫌がらせとストーカー様の行為

公開日: 相談日:2017年02月27日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

音楽教室の指導者です。
元生徒の嫌がらせと執着行為で困っています。

現在、3回警察に相談していますが
刑事告訴や逮捕をするには、あと少し足りないとのことで
現在、書面での警告書を本人に会って渡す準備をしています。

指導者に対するストーカーとして相談していたのですが
生徒と元生徒のトラブルもあり
指導者に対する行為が、そのトラブルから発展したという捉え方をされていた為
警察側は『教室でのトラブル』との認識だということが
相談3回目で分かり、それにも衝撃を受けました。

1度目、現状の相談。
2度目、止まない嫌がらせと執着行為。
警察の判断で、電話で口頭警告をしてもらいました。
3度目、口頭警告後、更に行為がエスカレートした為、他に打つ手はないのか?と相談しました。

元生徒が指導者に対して
恋愛感情を持っているのは分かるが
交際をしていたわけでも
不貞行為があった訳でもなく
やっていることはストーカー行為なのに
ストーカー規制法には引っ掛からないとの事。
警察では逮捕も告訴もできない。
ストーカーとしての被害届も出せないと。

では、教室のトラブルとしはどうか?と聞くも
脅迫行為にしてもあと少し足りなく
引っ掛かりそうで引っ掛からない。
刑事課とも相談して、何が当てはまるものが無いかを探してみるとの事でした。
警察では『民事の事に警察が入るのは』を連呼されました。

警察が動くのが無理であれば
個人で元生徒の嫌がらせ行為や執着行為を訴えまする事
また、受けた被害の慰謝料や相手のカウンセリングの要求をする事できますでしょうか?

全てのやり取りは、一回目の警察相談以降から保管、印刷してあります。
ラインは携帯を変えたので履歴はありませんが、警察にデータを渡しました(きちんと保管ができていれば)
電話の内容は録音してないのでありません。

※あと少したりないとは
『今から行く』というのは何度ととなく言われるが、一度しか来ていない
『脅迫』もあるが、殺すや死ねなど、今すぐ命に危険が及ぶ様な発言はしない

528746さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    熊本県3位
    タッチして回答を見る

    受けた被害の慰謝料や相手のカウンセリングの要求をする事できますでしょうか?

    ⇒ 要求することは難しいかと思います。
      もっとも、弁護士に依頼をして、弁護士の方から内容証明郵便を出してもらい、相手方に自重を促すという方法で対応されてみては、いかがでしょうか。

  • 相談者 528746さん

    タッチして回答を見る

    お返事ありがとうございます。
    端的に書かなくてはいけないかと思い
    とても割愛した内容を書いています。

    ライン以外のメールや電話
    仕事のHPへの執拗な訪問、書き込み
    残せるものは全て写真を取り印刷しています。
    辞書ができる厚さです。
    ラインはデータでの保管ですが
    印刷した物と同等の量があります。

    やりとりではなく
    ほぼ一方的に送られてきています。

    全ての連絡を遮断した今
    SNSへの執拗なメッセージ、書きこみが続いています。
    (偽名を使ってアカウトを3つ駆使しているようてをす)

    昨日、3度目の警察に行った際に
    口頭警告を受けた当日と翌日
    警察に電話があり
    『ストーカー扱いされた』
    と怒りの電話があったそうです。

    その時対応した警察官に
    『この方、精神病ですか?』
    と聞かれるくらい、異常だったと。

    書面での警告書を渡しに行く際
    実際に顔を見てみたいのと
    話を聞き
    精神科への受診を促す予定だと言われました。

    第三者が見ても異常者であることは間違いないので
    カウンセリングの要求をしたいのです。

    また、音楽教室で
    沢山の人と行うグループレッスンにおいて
    他のメンバーにも同じ事をした事実と
    SNSで友人にも被害があり
    個人のレベルを越えています。

    それでも内容証明という段階を踏まなくてはいけないのでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    大阪府9位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    病院への診察を促す法的な根拠はありません。内容証明を出しても効果までは保証されるものではありません。
    面談や通信による連絡を禁止する仮処分申立が考えられます。ただ裁判所の決定の効果があるかも保証の限りでない。その意味で、治療を受けさせるのが唯一効果的なのかもしれません。
    精神保護福祉法29条では知事又は市長は自傷他害の恐れある人の措置入院や72時間に限った緊急入院の措置を取れるとし、同23条ないし26条の2では一般人や警察管らによる通報制度があります。しかし、あくまで、自傷他害のおそれだ必要です。

  • 相談者 528746さん

    タッチして回答を見る

    昨夜。
    音楽教室であり、自宅に来ました。
    インターホンは鳴らさず
    ドアをガチャガチャ、ドンドン叩き
    ガラス越しですが、本人で間違いないです。

    110番通報をしましたが、
    110番をしてから話が長く、
    来るまでにもタイムラグがあり
    110番をしているときに
    帰ってしまいました。

    引き留めますか?
    接触をはかりますか?
    と、聞きましたが
    そのまま見つからないように待機するように指示を出されました。

    警察官が駆け付けた時はもう姿はなく
    去った方向を探しにパトカーで回るも姿はなく
    防犯カメラがあるわけでもなく
    警察官が見たわけでもなく
    証拠がない。
    私が110番したことで『来たこと』の訴えにはなりましたが。。。
    あの時扉を開けて引き留めればよかった。

この投稿は、2017年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す