わいせつ電磁的記録記録媒体陳列罪での反省文について

1年半前まで運営に携わっていたアダルトサイトの件で家宅捜索を受け、被疑者として取調べを受けました。

数点、事件に関係しそうなものが押収され、その後警察署で取調べを受けて供述調書を作成した、というのが現状です。

今回の事件について、隠し事もなくすでに取調べ段階で全て話しており、次は検察庁での取り調べとなるかと思います。

その前に検察へ持っていく反省文を書こうと思っているのですが不明な点があるため、ご教示ください。

1.被害者がいない事件のため、主に誰に向けて反省を述べるべきか

2.違法な点が無修正の動画へのリンク掲載 だったのですが、この行為自体が違法なことであり、これを行ったことは悪かったと感じております。しかしながら、反省文を書く上で、なぜ無修正動画が禁止でこの行為により、どのような悪影響が社会にあったのか、どのような方々に迷惑がかかってしまったのか という点が上手くまとまらず反省を述べるまで頭の中で整理が付きません

上記2点、反省文を書く上でのアドバイスを頂戴できますと幸いです。

また、サイトを運営していた頃に受け取った金銭は2年半の間におそらく200万円にも満たない程度だったと記憶しております。
サイトの総売上としましては、2年半の間に1,200万円程度、その後の1年半で2,000万円程度だと思われます。

上記考慮した上で、少ない情報ではありますが個人的な感覚でも嬉しいので不起訴処分になりそうか否か、アドバイスと合わせてご回答頂けますと幸いです。

よろしくお願い致します。
2016年12月27日 12時47分

みんなの回答

奥村 徹
奥村 徹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府7 インターネット問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
 起訴猶予かどうかという事件ではなく、略式命令(罰金)になるか、公判請求されて執行猶予付きの懲役刑になるかというレベルの事件だと思います。
 具体的な対応方法については、直接刑事に詳しい弁護士に相談する必要があると思いますが、贖罪寄付等で犯罪による収益を吐き出すような情状立証が考えられると思います。

2016年12月27日 12時58分

奥村 徹
奥村 徹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府7 インターネット問題に注力する弁護士
ありがとう
リンクが公然陳列罪になるというのは、最近の判例の趣旨からの話なので
> 違法な点が無修正の動画へのリンク掲載 だった
が、わいせつ電磁的記録記録媒体公然陳列になるとは知らなかったのであれば、そういう事情もきっちり主張してもらってください。

2016年12月27日 13時16分

この投稿は、2016年12月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,613名の弁護士から、「インターネット問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 盗撮・任意同行と動画販売サイトについて

    先日盗撮をしようとして警察官に声をかけられ任意同行となりました。 実は動画販売サイトで盗撮した動画を販売してました。すでにサイトで販売しているところから内偵捜査がされておりすべて警察官は知っておりました。(詳細はわかりませんが被害者のかたがいるとのことです。) その日、パソコンとUSB(過去の動画、数百点)とスマ...

  • 取調について

    警察からの尋問に対して、そうかもしれないが、記憶があいまいなときは、どのように返答したら良いですか。 また、取り調べに対するアドバイスを頂ければ有り難いです。 ちなみに、被疑者ノートは何回も読みました。

  • 前科ありの盗撮について

    約10年前に暴行(罰金10万円)、1年前に迷惑防止条例違反(盗撮)にて略式命令(罰金30万円)を受けました。 そしてこの度再び迷惑防止条例違反(盗撮)にて後日逮捕されました(防犯ビデオ等の証拠による)。 家宅捜索が行われ、盗撮動画が保存されている外付けハードディスクを始め、パソコンなども押収されました。 1ヵ月後、検察...

  • 商標法違反について。刑罰が重くなったりするのでしょうか?

    10月15日に家宅捜査により商標法違反となり在宅捜査中になります。 10月13日在宅捜査前に中国サイトから偽ブランド品を注文したものがあり、中国サイトへキャンセルや返品、発送しないでほしい旨を伝えても、出来ないと言われ17日に荷物が発送されてしまいました。警察の方には中国サイトを伝え済みのため、荷物が発送されたことも調べ...

  • ファイル共有で家宅捜索を受けました

    先月警察の方からファイル共有による著作権法違反の疑いで、家宅捜索を受けPCを押収されました。 家宅捜索の際、下記のことを認め、その場で警察の方に言われて下記の旨記載した上申書を作成しました。 ・違法とわかっていたが、事前に警告等があり、そういったことになればやめなければならないと思っていた。 ・アップされること...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

インターネット問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。