YouTuberのプレゼント企画と個人情報保護法について

公開日: 相談日:2016年12月16日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

2015年9月に「個人情報保護法」が改正され、マイナンバーとの絡みでいわゆる「5000件要件」が撤廃されました。ということは、5000件に満たない個人情報を取り扱うも注意を要することになるかと思います。

そこで、ご質問です。
最近話題のYouTuberですが、チャンネル登録者数が5万人とかそれ以上のYouTuberが、動画を通じて「プレゼント企画」を行うことがあります。YouTubeのメッセージ機能やメールを通じて視聴者から個人情報を集めることになります。

有名YouTuberになれば5000件と言わず、かなりの個人情報が集まることになりますが、この場合、YouTuberは集めた個人情報をきちんと管理することになりますが、その場合、個人情報保護法に従うことになるのでしょうか?


どうぞよろしくお願いいたします。

509579さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都7位

    高橋 淳 弁護士

    注力分野
    インターネット問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 有名YouTuberになれば5000件と言わず、かなりの個人情報が集まることになりますが、この場合、YouTuberは集めた個人情報をきちんと管理することになりますが、その場合、個人情報保護法に従うことになるのでしょうか?


    「個人情報データベース」を事業の用に利用しているならば、個人情報保護法の適用があるでしょう。

この投稿は、2016年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す