ツイッターの投稿者の特定について

公開日: 相談日:2016年11月16日
  • 2弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

当社は小売チェーンの会社です。
ツイッターで当社が詐欺まがいの行為をしているといった投稿を発見しました。投稿者のプロフィールをみると同業者のようです。
名誉毀損にもあたりかねない内容のため、削除請求や不法行為に基づく損害賠償請求といった法的手段がとれないか、検討しています。
ただ投稿者が誰なのか特定できません。仮に名誉毀損が成立するとして、ツイッターの投稿者を特定する手段はないでしょうか。

502046さんの相談

回答タイムライン

  • 小沢 一仁 弁護士

    注力分野
    インターネット問題
    タッチして回答を見る

    > 仮に名誉毀損が成立するとして、ツイッターの投稿者を特定する手段はないでしょうか。

    発信者情報開示請求(要訴訟)を行うことで、Twitterに関しては特定できることがあります。

  • 弁護士ランキング
    東京都1位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    > 仮に名誉毀損が成立するとして、ツイッターの投稿者を特定する手段はないでしょうか。

    発信者情報開示請求は考えられます。
    ただ、裁判所の手続きとなると、弁護士に依頼したほうが無難かと思います。

  • 相談者 502046さん

    タッチして回答を見る

    発信者情報開示請求とは具体的にどのような手続で裁判期間はどれくらいかかるものでしょうか。
    どうやって投稿者を特定していくのか、具体的にご教示いただければと存じます。
    また、ツイッターの管轄はアメリカにあるとも聞きましたが、日本の裁判所でも訴訟は可能でしょうか。

  • 小沢 一仁 弁護士

    注力分野
    インターネット問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 発信者情報開示請求とは具体的にどのような手続で裁判期間はどれくらいかかるものでしょうか。

    着手から開示までで8か月から1年程度かかります。

    > どうやって投稿者を特定していくのか、具体的にご教示いただければと存じます。

    Twitterに対するIP開示仮処分命令申立、経由プロバイダに対する発信者情報消去禁止仮処分命令申立、経由プロバイダに対する発信者情報開示請求訴訟という3段階の法的手続きを経ることが原則かと思います。

    > また、ツイッターの管轄はアメリカにあるとも聞きましたが、日本の裁判所でも訴訟は可能でしょうか。

    出来ます。

  • 相談者 502046さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。
    投稿者の特定手続はだいたい把握できました。
    ツイッターの場合、拡散されてしまうと虚偽の投稿でもそれが真実として受け取られる可能性が高まり社会的評価が害されかねません。
    ツイッター社に違反者の通報もできるようですが、法的手段として投稿の削除をすることは可能でしょうか。これも国内の裁判所で対応できるものでしょうか。宜しくお願いします。

  • 小沢 一仁 弁護士

    注力分野
    インターネット問題
    タッチして回答を見る

    > 法的手段として投稿の削除をすることは可能でしょうか。これも国内の裁判所で対応できるものでしょうか。

    いずれも可能ですが、経験上は削除だけだと投稿が繰り返される傾向にあるという印象です。

この投稿は、2016年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す