和解から名誉棄損や誹謗中傷

公開日: 相談日:2016年08月04日
  • 1弁護士
  • 1回答

ある開業医と治療についてトラブルの末、和解しました。その時こちらもネット上に誹謗中傷してたのもあり和解しました。当時、たとえこちらが損害賠償を払ったとしても争いたかったのですが向精神薬の影響で裁判で争う事が出来なく仕方なく和解しました。

和解条件の中に治療に何の問題もなかったことを確認する。治療内容の公開、相手の情報発信をしてはならないとあります。行為に及んだ場合は50万円支払う。
ここからが質問です。
この先、治療内容をネット上に公開しても名誉棄損、誹謗中傷にはならないですよね?そこで受けた治療内容を書き。他ではこのような治療をする、など比較をする。その後説明を求めても弁護士通せとの一点張り。治療内容についてこの治療がいけないとかではなく、ありのままの事を書くだけです。

治療内容の公開、相手の情報発信には抵触しますが約束違反の50万円を支払う事はあっても、新たに名誉棄損や誹謗中傷にはならないてますよね。そのクリニックの治療内容はカルテで証明出来ます。通常行う治療は学会詩やネットなどでも簡単に証明出来ます。

もちろん、和解したのだから蒸し返さない方がという事もありますが、・・・

474456さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2016年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す