バーチャルオフィスの解約後の督促状に関して

公開日: 相談日:2016年03月28日
  • 1弁護士
  • 1回答

ホームページ、ランディングページ用に法人でバーチャルオフィスを利用していました。
平成27年6月に解約し、その後8ケ月間、住所を無断で利用していたとして50,000円弱の延滞料を含む督促状が相手の弁護士からが届きました。

確認したところ、ランディングページ(広告用)の末尾に住所が残っていました。

解約してから8ケ月間何の通知もなく、またこの度の督促状にはどの部分の利用とも記載もありません。
こちらの言い分としては時効消滅になる(そもそも動産なのかわかりませんが)前を故意に狙った請求
のように思えてなりません。

こちらの作業的な(住所の記載消去等)落ち度はありますが、相手方は気づいていて全く通知しない事に
対して納得がいきません。

このような場合、相手方の通知義務はあるのでしょうか?
お手数おかけしますが回答をお願いいたします。

437970さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    このような場合、相手方の通知義務はあるのでしょうか?

    通知「義務」まではないと思います。
    ただ、正当に解約手続きができているとしたなら、そういう状態にしていた相手にも問題があるかもしれませんので、請求を拒否していくことも考えられると思います。
    事情を整理され、載っている状態が分かるものをもって、その相手からの書面とともに、一度お近くの弁護士に相談に行ってみてはいかがでしょうか。

この投稿は、2016年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから