1. 弁護士ドットコム
  2. インターネット
  3. 裁判の内容はインターネットで公開してもよいか?

公開日:

裁判の内容はインターネットで公開してもよいか?

2015年03月24日
ベストアンサー
裁判の内容、陳述書、裁判官名等裁判におけるすべての書類は、ブログ等で公表してもよいですか?
陳述書など、個人名や住所も載せていいのですか?

誹謗中傷などはするつもりはありませんが、罰せられるなど、ありますでしょうか。
裁判はもともと公の場で行われなければいけないので問題ないとは思っているのですが、プライバシーの侵害にあたりませんか。
よろしくお願いいたします。
相談者(334094)の相談

みんなの回答

小沢 一仁
小沢 一仁 弁護士
インターネット問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
裁判は公開が原則ですが、より多くの人の目につきやすいインターネット上で、当事者の住所等まで明記された形で訴訟記録をアップするなどした場合、プライバシー権侵害に当たる可能性が高いと思います。

2015年03月24日 23時28分

この投稿は、2015年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「発信者情報開示」の高いハードル 「とにかく時間との戦い」 神田知宏弁護士インタビュー vol.1

5月下旬に女子プロレスラーの木村花さんが亡くなったことを受け、インターネット上での誹謗中傷の問題に注目が集まっている。「投稿者に法的責任を問う...

【弁護士Q&A】発信者は開示請求されたことをいつ知ることができるのか|裁判前に示談できる可能性も解説

発信者情報開示請求されたとき、発信者は、どのタイミングで請求されたことを知るのでしょうか。また、開示請求の裁判は、開示請求者がプロバイダに対...

この相談に近い法律相談

  • 裁判の内容、陳述書、裁判官名等は、ブログで公表してもよいですか?

    裁判官のあまりに主観的な判決文に憤慨しております。 裁判の内容、陳述書、裁判官名等裁判におけるすべての書類は、ブログで公表してもよいですか? 陳述書など、個人のものも良いですか? 誹謗中傷などはするつもりはありませんが、罰せられるなど、ありますでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 裁判の傍聴について

    質問お願いいたします。 裁判についてですが民事裁判のときは公開されますよね? 傍聴の方が例えばインターネットで事件番号を公開したりネットや知人に話をするのは問題ないのでしょうか?

  • 裁判・裁判までの過程をHP上に公開すること

    被告の立場です。 民事訴訟を起こされて応訴しているのですが 裁判までの原告とのやりとりや、裁判での判決などを ホームページ上に公開することは問題でしょうか? もちろん、原告の名前は伏せます。 でも、訴状の内容で相手のことは分かる人もいるとは思います。 原告はマスコミにこの裁判内容をいずれ売るといってきているので...

  • ネット上にしかない裁判例

    ネット上で、裁判の当事者が掲載した判決文を、自分の裁判の書面に参考判例として引用してもいいですか。 判例サイトにも判例雑誌にも探しましたがありませんでした。事件番号は掲載されています。そういう場合の引用元は、どこにすればいいですか。

  • ワンクリック詐欺について教えて下さい

    みなさんのQ&Aを見まして、裁判所から通知が来たら無視してはいけないという回答でしたが、ワンクリック詐欺と思われる内容で、実際に裁判所から通知(内容証明書というのでしょうか?)がきて、いわゆる裁判沙汰になる事は多いのでしょうか?曖昧な質問で申し訳ございませんが教えて下さい。宜しくお願い致します。

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

インターネット問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

インターネットの法律ガイド

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

インターネット問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。