解雇権の濫用の判断基準は一体何でしょうか?社会的な理念がない解雇は無効になると聞いています。

多くの人々は正規雇用に付けずに非正規に重視しています。会社の方は非正規を雇止めにするときに自己都合で離職票を送付します。その理由は助成金の打ち切りにあります。非正規社員はいつでも不合理な理由で辞めさせられる生活困窮の自体に立たされながら雇用されているのです。不合理になる理由で解雇権の濫用は認められません。
解雇権の濫用:合理的かつ論理的な理由が存在しなければ解雇できない」というものである。この解雇権濫用の考えは、「使用者の解雇権の行使も、それが客観的に合理的な理由を欠き社会通念上相当として是認することができない場合には、権利の濫用として無効になると解するのが相当である。
社会通念上の相当性:解雇の事由が重大な程度に達しており、他に解雇回避の手段がなく、かつ労働者の側にやむを得ないと認めるべき事情がほとんどない場合をいいます。
次の記載は解雇権の濫用にあたると思いますが弁護士様は濫用にあたると判断しますか?
・会社から契約が更新できないと言われて会社から離職票が送付されて自己都合の扱いであった。使用者との直接交渉なしでの離職票送付。離職票を送付されてから会社の方に出勤を求められたが解雇通知書を渡さない理由で拒否。会社は自己都合の扱いから懲戒解雇にした。
離職票 自己都合→離職票 懲戒解雇 ・使用者との直接交渉なし。
・会社の方から契約が更新できないと言われて自己都合の扱いであった。離職票には使用者(事業主)の名前が記載されておらず失業保険も受給できない状況であった。会社の方に電話で問い合わせたところ、使用者(事業主)の名前は個人情報で教えられない上に解雇通知書も渡せないと言われた。このために会社都合どころか自己都合でも失業保険を受給できない。
使用者との直接交渉なし。
離職票 自己都合 事業主(名前)なし送付→離職票 事業主名前なしで失業保険受給できず
※会社の方は事業主の名前は個人情報で教えられないという。または会社の方と雇用契約が終了しているので解雇通知書も渡せないと言われた。使用者との直接交渉なし。
・の記載内容は弁護士様はどう思われますか?
労働者と使用者(事業主)が直接交渉して辞めている場合は社会的な理念が伴っていると思いますが労働者と使用者(事業主)が直接交渉せずに会社の正規社員が勝手に離職理由を決めているなら濫用。


















2014年11月09日 10時18分

みんなの回答

相談者
解雇が有効
客観的に合理的な理由がること
社会通念上相当であること
解雇が無効
解雇で行き過ぎという場合は、「相 当でない」
例(自己都合)の扱いからいきなり懲戒解雇

2014年11月09日 10時50分

清水 卓
清水 卓 弁護士
インターネット問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
懲戒解雇をせざるをえない理由も解雇回避の努力もなされておらず、
解雇無効の可能性があります。会社の言うことを聞かないから懲戒解雇とされた可能性があります。
会社側に言い逃れさせないよう、解雇理由を書面で明らかにさせ、解雇の撤回を要請しましょう。

2014年11月09日 12時31分

相談者
離職票 自己都合 事業主(名前)なし送付→離職票 自己都合 事業主名前なしを確認したところ失業保険受給できず 職安:事業主の名前が記載されていないので失業保険が受給できないと主張する。
会社は(事業主の名前は個人情報で教えられない・解雇通知書は渡せないと会社は主張している)の場合はどうなるのでしょうか?
明らかに会社は明らかに労働者としての権利を侵害しています。違法な雇止めになるので解雇権の濫用にあたると思いますが弁護士様はどう思いますか?

2014年11月09日 16時42分

この投稿は、2014年11月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 解雇権の濫用があると判断した場合はすぐに弁護士に相談するべきである。自己都合から懲戒解雇

    会社で期間従業員(時給制契約社員)の6か月契約更新で勤続年5年で仕分け区分 商品陳列をしていました。契約の更新の際には雇入労働条件通知書を受け取っていました。 私の会社は事業主(使用者)が2年ごとに変わります。 ここで解雇権の濫用法理について述べてみます。 解雇権の濫用法理:使用者の解雇権の行使も、それが客観的...

  • 時給制契約社員(パート)が自己都合から懲戒解雇 

    私は40代で時給制契約社員(パート)の6か月契約更新の会社で勤続年数5年で勤務していました。 契約が更新できないと言われて自宅に帰宅する離職票が送付されていました。 会社の方は3日4日まで自宅で待機するように私に言ってきました。 会社が一度目に送付した時 離職票1 離職票2(離職区分 4D 自己都合) 解雇通知書 ※離...

  • 40代の時給制契約社員(パート)を雇い止めで脅迫・恐喝行為を加える行為を行った。

    は40代で時給制契約社員(パート)の6か月契約更新の会社で勤続年数5年で勤務していました。 契約が更新できないと言われて自宅に帰宅する離職票が送付されていました。 会社の方は3日4日まで自宅で待機するように私に言ってきました。 会社が一度目に送付した時 離職票1 離職票2(離職区分 4D 自己都合) 解雇通知書 ※...

  • 会社都合の解雇の理由

    やっと、即日解雇されていた会社から離職票が届いたのですが、退職理由が業績不振による会社都合の解雇と書いて有りました。確かに会社都合の解雇ですが、業績不振による会社都合の解雇と書かれているとまるで私の業績が悪いから会社の都合で解雇したと取れるのですが、業績不振での会社都合の解雇は表現がおかしいと思います。私は何度...

  • 自己都合から懲戒解雇は解雇権の濫用法理にあたる。解雇権は事業主の好きなようにできない。

    会社は多くの非正規社員の労働者を雇っています。 非正規社員の恐れるのは解雇権の濫用です。 会社が離職票を非正規社員の自宅に送付した場合 ①離職票1 離職票2(自己都合) 解雇通知書 1度目の送付 しかし、私が会社に出勤しない理由や電話に出ない理由で離職票を再度送付しました。 離職票1 離職票2(懲戒解雇) 懲戒解...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

インターネット問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

インターネット問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。