RMTのどこまでが合法なのか知りたいです。

公開日: 相談日:2014年08月15日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

ネットゲームのデータを現金で売買を行うRMTがどこまで合法なのか知りたいです。

①RMT自体(一つのデバイスに一つのアカウント(通常利用で得たデータの売買))
②一つのデバイスに複数のゲームアカウントを入れた上でのRMT
通常スマホのゲームでは一つのデバイスには一つのゲームアカウントしか入れられないようなっています。
しかし、脱獄等デバイス側の設定を変えることで一つのデバイスに複数のアカウントを入れることが出来るようになります。

それを利用し、ゲームにログインする度に取得できるゲーム内アイテムを大量にRMTする行為は不正アクセスとして違法になるでしょうか。※ログインする度に得られるアイテムは通常ゲーム内では有料です。


法律関係に興味があるだけで、だれかを訴えたいなどではありませんが、ご回答いただければ幸いです。

274899さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位

    川添 圭 弁護士

    注力分野
    インターネット問題
    タッチして回答を見る

    RMTはゲーム運営会社の利用規約で禁止されていることが多く,特に近時は,反社会的勢力が資金獲得手段として利用しているという側面もあり,取引上のトラブルも多数見受けられます。
    しかし,RMTで取引の対象となる権利(IDとパスワードの情報)は,それ自体は法禁物(覚せい剤などが典型例です)ではないため,売買契約そのものが当然に無効・取消となるわけではありません。つまり,売買契約は原則として有効と解されます(ネットオークションで出品停止の対象にならないのはそのためです)。
    ただし,売買対象となるID・パスワードがフィッシングなどで集められた不正なもの(その利用自体が不正アクセス行為になる)である場合は,その売買契約も公序良俗違反として無効と解してよいと思います。

    また,不正アクセス禁止法で処罰の対象となるのは,他人のID・パスワードを許可なく冒用することや,冒用目的でこれらを保管する行為などであり,売主自身が作成したID・パスワードをRMTにより売買する行為それ自体は,売主が買主にID・パスワードを利用させることについて承諾があると考えられるため,当然に不正アクセス禁止法違反になるわけでもありません。

    なお,例えば,RMTにより取得したアカウントを利用し,キャンペーン企画などを悪用して本来有料のアイテムを不正に多数取得したようなケースでは詐欺に該当する可能性はありますが,そうした犯罪が成立するかどうかはケースバイケースとなります。
    また,冒頭で述べたとおり,ゲーム運営会社の規約上はRMTが禁止されていることがほとんどであるため,RMTを行った当事者とゲーム運営会社との関係では,アカウント停止や除名,今後の入会禁止などのペナルティを受ける可能性があることは当然です。

  • 相談者 274899さん

    タッチして回答を見る

    回答ありがとうございました。大変参考になりました。

    >売買対象となるID・パスワードがフィッシングなどで集められた不正なもの(その利用自体が不正アクセス行為になる)である場合は,その売買契約も公序良俗違反として無効と解してよいと思います。

    今回の場合はゲームをプレイすることによって得られるアイテムをゲームのトレード機能を使ってのRMTを想定していましたが、取得手段が違法でなければ不正アクセスにはならないと解しました。

    複数アカウントを作成する行為も、デバイス側の設定を変更するといった通常とは異なる作成方法ですが、ゲーム自体のプログラムを変更してるわけではなく、その行為自体が合法なので、それによって得られたアイテムの売買も合法であると解しました。

    また、どちらの行為も合法であるため、組み合わせた②の行為も合法であると解しました。

    しかし、現状100や200など大量のアカウントを作成し、そのプレイ(自動プログラム化(合法手段))によって得られたアイテムを売買し月に100万円程度利益を上げている人間もいるのですが、そのような数、額の場合にも営業妨害などに問われる可能性はないのでしょうか。

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位

    川添 圭 弁護士

    注力分野
    インターネット問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    RMTによるアイテム交換機能が多発してゲームサーバーに異常な負荷がかかるような事態を生じさせているような場合は業務妨害の成立が問題になる可能性がないとはいえませんが,基本的に,RMTによる売買それ自体はゲームサーバーとは別の場所で行われる取引に過ぎず,仮にあるユーザーがRMTにより多額の利益を挙げているとしても,それだけで何らかの犯罪に問われる可能性は低いということになるでしょう。

    しかし,RMT対策は業界全体の課題ともされており,運営側がRMTを発見してアカウントを一斉停止することは十分に可能ですので,それにより進行中の取引が停止してしまい,返金などのトラブルが同時多発するおそれがあります。事業者の取り組み方次第ではありますが,RMTには相応のリスクがあり,刑事罰に問われないからといって無思慮に行うと,高い代償を払うおそれがあります。

この投稿は、2014年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す