本、雑誌の表紙をネットに掲載

公開日: 相談日:2013年08月30日
  • 2弁護士
  • 2回答

弁理士さんなどにも聞いたのですが、色々と見解が違うので困っています。

ヤフオク等で本を売ろうと思ったのですが、販売する時に本を写真に撮って、インターネット上にアップロードする必要があります。
写真を撮るのは外観(表紙)であり、内容は掲載しません。

これは著作権法違反には当たりますでしょうか。
また、これにより損害賠償請求をされる事はありますでしょうか。

マンガなら「美術の著作物」に含まれるので例外だという意見も聞きますが、他の本、雑誌、また、本以外のものなどはどうなのでしょうか。

・マンガ(コミックス、単行本)
・マンガ雑誌(ジャンプ、マガジンなど)
・小説
・写真集
・ファッション、スポーツ等の雑誌
・CD、ゲーム等(パッケージを写真に撮って掲載)


また、ヤフオクでの販売だけでなく、インターネットショップの開設、法人の設立も考えておりますので、もしも
・ヤフオク等で売る場合とインターネットショップで売る場合
・個人として売る場合と法人として売る場合
で状況等異なるようでしたら、そちらもお願い致します。

197664さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    shiromenさん

    回答をさせて頂きますと
    たしかに,本の表紙自体に著作物性が認められます。
    従いまして,著作権者に無断で掲載をすると原則として著作権侵害になります。
    その点については,どのような著作物でも差異はありません。
    他方,本人の利益に反しないような利用の仕方であれば,例外的に許されます。線引きは微妙な問題ではありますが。
    また,業態等によって侵害に該当するかどうか変わりません。業として行えば同じになってきます。

  • 相談者 197664さん

    タッチして回答を見る

    例外というのは「美術の著作物等の譲渡等の申出に伴う複製等」などの事を指すのでしょうか?
    つまり、マンガ本やマンガ雑誌を販売するために、本の写真をインターネット上に公開する事は可能なのでしょうか。
    また、「美術の著作物」にゲームやファッション誌は含まれますでしょうか。

    中古、または新品の書籍販売のための写真の掲載は
    ・著作権侵害に当たらない
    ・著作権侵害ではあるけども、例外として許される
    ・著作権侵害ではあるれども、現状は黙認されているだけ
     (訴えられていないだけ)
    ・線引きが不明のため、実際に裁判等になってみないとわからない
    ・その他

    申し訳ないですが、よろしくお願い致します。

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    shiromenさんがおっしゃる「美術の著作物等の譲渡等の申出に伴う複製等」は、著作権法47条の2のことだと思いますが、この条文は、典型的には絵画などのインターネット取引を想定して規定されていると考えられます。

    しかし、条文上絵画に限定するものではありません。絵画以外の著作物であっても、表紙については、美術の著作物または写真の著作物に分類される可能性が高いと考えます。

    したがって、shiromenさんが挙げるものであっても、同条の要件を満たす限りで、著作権侵害とはなりません。

    ただし同条の要件にはカッコ書きで、「…政令で定める措置を講じて行うものに限る。」とされています。
    これは、デジタルであれば32400ドット以下(つまり200×200では大きすぎる)か、「取引の態様その他の事情に照らし、これらの譲渡又は貸与の申出のために必要な最小限度のものであり、かつ、公正な慣行に合致するものであると認められること。 」である必要があります。最小限度といえるかどうかは具体的事情によりますが、美術の著作物と認められる表紙などを、通常のデジカメで撮影した場合、最小限度とは言えない可能性もあります。

    そうすると現在ネットオークション等で行われているの大半は、
    ・著作権侵害ではあるれども、現状は黙認されているだけ
     (訴えられていないだけ)
    ・線引きが不明のため、実際に裁判等になってみないとわからない
    のどちらかだと思います。

この投稿は、2013年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す