公開日:

弁護士法23条照会

2012年07月10日
弁護士法23条照会とは、裁判所の法令に基づいた照会なのですか?

相談者(129677)の相談

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1
ありがとう
>裁判所の法令に基づいた

弁護士法という法律に基づいてのものなので法律上の制度です。
ただし、照会は、
裁判所がやるのではなく、弁護士会がやります。

2012年07月10日 18時43分

この投稿は、2012年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】発信者は開示請求されたことをいつ知ることができるのか|裁判前に示談できる可能性も解説

発信者情報開示請求されたとき、発信者は、どのタイミングで請求されたことを知るのでしょうか。また、開示請求の裁判は、開示請求者がプロバイダに対...

財産を隠されたとき・隠されないための対処法

離婚の協議に入り、財産分与について考える中で、相手に財産を隠されていないか不安になることもあるでしょう。ここでは、財産隠しによく用いられる方...

「特定商取引法に基づく表記」はどのような場合に表示しなければならないのか【弁護士Q&A】

「特定商取引法に基づく表記」はどのような場合に表示しなければならないのでしょうか。相手方と金銭のやり取りが生じないような場合や、SNSのプロフィ...

この相談に近い法律相談

  • 弁護士法第23条の2に基づく照会に関して

    弁護士会を通して、弁護士法第23条の2に基づく照会を求められておりますが、回答しなければないのでしょうか。 もし回答をしなかった場合は、罰則などがあるのでしょうか。

  • 弁護士法照会の強制力

    裁判所の調査嘱託や捜査機関の照会と、弁護士法23条照会とでは対応が違いますか?

  • 弁護士法第七十二条について

    私は弁護士でも行政書士でもないのですが単に好奇心からの質問です。 弁護士法第七十二条「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれら...

  • 弁護士は必ず依頼者の味方にならないといけないのか?

    弁護士法72条は以下の通りとなっています。 「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、審査請求等行政庁に対する 不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、 又はこれらの周旋をすることを業とすることができない ...

  • 弁護士照会

    対象者の名前を調べる目的で、弁護士照会制度を利用したいのですが、委任をしないと弁護士は照会して頂けないようです。 これは個々の弁護士の判断なのか、弁護士法の問題でしょうか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

インターネット問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

インターネットの法律ガイド

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

インターネット問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。