個人情報保護法について

一年半ほど前、とある不動産業者と住宅購入に関する連絡を取り合っていたとき、その営業姿勢に疑問を抱いたため、その後の付き合いは取り止めとし、個人情報の削除をメールで依頼していました。(その際、相手から返信はなかった)

しかし、とあるきっかけで、最近その業者と接触があった際、私の個人情報が削除されていない節がありました。仮に、本当に情報が削除されていなかった場合、これは個人情報保護法違反になり得るのでしょうか。

※法26条に、訂正等に関する規定がありますが、本件は該当するのでしょうか?(1項の「本人が識別される保有個人データの内容が事実でないという理由」の解釈に含み得るかどうか…)

不勉強で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
2012年05月08日 08時22分

みんなの回答

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
個人情報保護法は、主に業者が保有している個人情報を適切に管理させることを目的としており、業者が個人情報を取得した目的にそって適切に利用することは制限されていません。
そして、個人情報保護法では、基本的に、個人情報の削除・消去を請求する権利は認められていません。

当然ですが、会社は過去の取引内容や契約内容、帳簿等を一定期間保存する義務があります。会社内部でそのような処理に利用することは、他の法律によって規定されていますし、それによって他者に不利益が生じることも通常ありません。

そのため、あなたからの個人情報の削除に相手の会社は応じる義務がなく(むしろ、取引に関する情報を削除してしまった場合には税法違反などのおそれがあります)、不動産業者が個人情報を削除していないことは適法な対応です。

なお、個人情報を外部に公開したり、目的外に利用することを中止するよう請求はできます。しかし、会社内部の処理で使われているにすぎない場合などは、対抗措置はないことになります。

2012年05月08日 10時12分

この投稿は、2012年05月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 個人情報保護について

    一年半ほど前、とある不動産業者と住宅購入に関する連絡を取り合っていたとき、その営業姿勢に疑問を抱いたため、その後の付き合いは取り止めとし、個人情報の削除をメールで依頼していました。(その際、相手から返信はなかった) しかし、とあるきっかけで、最近その業者と接触があった際、私の個人情報が削除されていない節があり...

  • 個人情報保護法について質問です

    個人情報保護法についてよくわからないのですが、個人情報保護法の規制範囲はある一定の条件にある人のみについてなのですか? 例えば、一般人である友人に私の個人情報(名前、連絡先、所属団体名)をインターネットの掲示板にされされたとして、その友人は個人情報保護法違反になるのですか? また、同じく一般人である人が法人について...

  • 個人情報保護法 登記簿謄本所有者情報

    土地及び建物の登記簿謄本に持ち主の名前と住所が記載されている場合、個人情報保護法の対象となる個人情報として扱われるのでしょうか?

  • 不動産登記情報を使って契約書を送ることは個人情報保護法に抵触する?

    NHKの管轄営業センターより「放送受信契約のお願い」という書面が届きましたが、 その中の文書に「本状は法務局から取得した不動産登記情報の所有者事項に基づき送付しています。」とありました。 NHKの所有している情報ではない個人情報を、本来の利用方法とは異なる使い方で、請求をしたわけでもない契約書を一方的に送りつけてく...

  • 業者による個人情報の管理

    あるSNSやサイトなどに入会や登録した場合、自分が退会する時、自分の個人情報や履歴なども削除してもらいたいのですが、それは個人情報保護法などで、法的に義務づけられていますか? また、削除しない場合、業者に罰則などはありますか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

インターネット問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

インターネット問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。