音声アプリで生活保護者と撒かれたが垂れ込んだ人と撒いた人どちらが悪いですか?

公開日: 相談日:2022年06月16日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
SNSで知りあった人らに"不正受給の生活保護者"と撒かれています。
事実無根です。

名誉毀損や私の仕事への威力業務妨害だと主張をしたいのですが、

私に噂を垂れ込んだ人と
噂を撒いた人
どちらを訴えるべきですか?

噂を撒いた人は
垂れ込んだ人の虚言と主張しました。

宜しくお願い致します。

【質問1】
噂を撒いた人とその自由な意見を私に伝えた人、どちらが悪いか。
不正受給の生活保護とは差別だから誹謗中傷より人権侵害が重くないですか?

1155367さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都1位
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    噂を撒いた人が真実、ご相談者様に関して「不正受給の生活保護者」などと事実無根の事を触れ回っていたと言うことであれば、悪いのは噂を撒いた人ということになります。垂れ込んだ人は単にそのことをご相談者様に報告してくれただけですので。

    「不正受給」というのはご相談者様の社会的評価を低下させる誹謗中傷として明らかですが、「生活保護者」という部分も、勿論、生活保護自体は別に問題は無いのですが、ご相談者様の経済生活水準を周囲に誤解させて社会的評価を低下させる意図で「生活保護者」という表現を用いていたとすれば同様に誹謗中傷として、名誉毀損の問題になります。

    他方、噂を撒いたことが虚偽であった場合、すなわちご相談者様に垂れ込んできた人の嘘であった場合には、垂れ込んできた人が悪いことになります。
    この場合、ご相談者様にご相談者様に関する嘘の情報を伝えたこと自体の違法性の問題はありますが、あくまでご相談者様だけに伝えてきたというだけであれば名誉毀損の問題には原則としてなりません。むしろ、噂を撒いたと虚偽の事実を言われた人との関係で、垂れ込んできた人の名誉毀損の違法性の問題の可能性が生じることになりましょう。

    以上、ご参考にして頂ければと存じます。

この投稿は、2022年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す