フリマアプリでの著作権侵害について

公開日: 相談日:2021年11月08日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
某フリマアプリのプロフィール画像に設定していた画像が、ある写真家の方の著作権を侵害してしまっていたようで、3年ほど前に運営会社から発信者情報開示に関する回答依頼が来ました。

当時ことの重大さを認識できておらず、設定していたプロフィール画像を変更して回答もせず、特に何もないまま3年が経過したのですが、先日運営会社への訴状と共に、再度情報開示に関する回答依頼が来ました。

【質問1】
開示に同意しない場合でも、プロバイダ責任制限法の要件を満たしている場合には発信者情報を開示することがある旨記載があるのですが、本件の場合、非開示で回答をしても開示される可能性が高いでしょうか。

【質問2】
開示した場合、おそらく写真家の方から訴訟されるもしくは示談交渉に入るのではないかと考えているのですが、支払額の相場はどの程度でしょうか。

1082714さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    埼玉県7位

    春山 和紀 弁護士

    注力分野
    インターネット問題
    タッチして回答を見る

    【質問1】について
    同意しなければ、運営会社が任意で開示する可能性は低いです。
    しかし、写真家が撮影した写真であるので、著作権を侵害している可能性が高いので、裁判によって開示が命じられる可能性があります。
    裁判で命じられれば、運営会社も通常は、開示します。

    【質問2】について
    損害額はその画像の価値次第なので、相場をお答えするのは難しいですが、100万円を上回ることは、あまりないでしょう。

この投稿は、2021年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す