アカウントを購入後したが、そのアカウントは借りたアカウントを持ち主に許可なく売ったアカウントだった。

公開日: 相談日:2021年06月23日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
とあるサイトでゲームアカウントを数万円で購入したのですが、購入後そのアカウントに
「そのアカウントは、私がアカウントを貸していた人が勝手に売ったものです。警察に被害届も出し窃盗として話を進めています。(←本当かは分かりませんが。)アカウントを返さなければ運営に連絡をしてアカウントを停止させる。」
と連絡が突然来ました。

私は数万円で買ったアカウントを0円で持ち主に返さなければならないのでしょうか?

アカウント売買自体が利用規約に違反していることは承知の上なのですが、
・購入時点で私はそのアカウントが持ち主ではなく、借りていた人が売っていたということは知らなかった。

・利用規約にはアカウントの売買禁止はもちろんですが、アカウントのID、PASSを他人に教え貸与する、第三者に使用させる行為も禁止されています。なので、元の持ち主もそのアカウントを貸与した時点で利用規約に違反しています。

・元を辿れば、利用規約違反をして他人にアカウントを貸与した持ち主に責任があると思うのですが...。

元値で買い戻すなら...とこちらが言うと、
「こちらも被害者なのでお金を払うことはできない。運営にも連絡をしたがアカウント売買自体が利用規約違反なので、買い戻す行為はできない。だからアカウントをそのまま返して欲しい。」と強気に返信をしてきました。

【質問1】
もし仮に、本当に警察に被害届を出し、窃盗で話が進められていたとしたら、
私にはなにか刑事的責任はあるのでしょうか?

1038777さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 1038777さん

    タッチして回答を見る

    追記:借りたアカウントを勝手に売ったとされるユーザーの、現在のアカウント出品商品を見てみましたが、私が数万円で買ったアカウントと同じくらい強いアカウントが出品されていました。
    (通常だと、そのくらい強いアカウントを2つも所持しているのは考えにくいです。)

    ですので、私にアカウントを売った人物が
    売買後に「そのアカウントは貸していたアカウントが勝手に売られたんだ」と持ち主だと偽りメッセージを送り、アカウントを回収し、再度サイトで売っている可能性もあるのかと思いました。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    このような事案に精通しているわけではありませんので、あくまでも参考程度にしていただきたいのですが、、、。
    投稿者様が懸念されている「アカウントの売買」についてですが、こちらは各ゲーム毎の利用規約にて禁止されているというのはご指摘の通りです。
    では、利用規約にて禁止されているからといって即、警察沙汰になるか?というとそういうことではありません。
    今回は、電子データにアクセスする符号(ログインID及びパスワード)を購入したということだと思うのですが、仮にそれが盗品(と呼んでいいのか不明ですが…)だとしても、「財物」には該当しないと思いますので、窃盗罪には該当しません。また、今回の事情から拝見しますと不正アクセス禁止法に定められている行為にも該当しないように思われます。
    さらに、民法194条には、盗品をそれと知らずに購入した方が、被害者は購入した方に対価を払わなければ取り戻すことができないと規定されています。
    今回のケースでは、物ではなく、あくまでもデータですので、この民法の規定がそのまま適用されるわけではありませんが、アカウントが停止されることはやむを得ないにしても、対価なくして返還する必要はないかと思いますし、警察沙汰になる可能性はそう高くないように思われます。

この投稿は、2021年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す