交通事故被害に遭われた方 のための やること診断

最大で「10」の質問に答えると今するべきことがわかります

Q1 自動車保険などの特約「弁護士費用特約」に加入していますか?

Q1 「弁護士費用特約」を利用して、弁護士に依頼していますか?

Q1 交通事故の被害にあったのは1週間以内ですか?

Q1 事故によるケガの有無やその対応について教えてください。

Q1 警察によってどちらの事故として処理されていますか?

Q1 後遺症はありますか?

Q1 「後遺障害等級認定」を受けましたか?

Q1 以下の対応は済んでいますか?
・警察への連絡
・保険会社への連絡
・医師による診断(症状があるかどうかにかかわらず)

Q1 医師による診察の結果を教えてください。

Q1 警察によってどちらの事故として処理されていますか?

Q1 治療費や生活費など経済的な不安がありますか?

Q1 医師によって「これ以上治療をしても回復の見込みがない」と判断されましたか?

Q1 治療費は自分で立て替えて支払っていますか?(保険会社が一括対応していない)

Q1 治療費の支払いに、健康保険を利用していますか?

Q1 治療費の支払いを打ち切られましたか?(保険会社に「そろそろ治療を終えましょう」などと言われましたか?)

Q1 治療費や生活費など経済的な不安がありますか?

Q1 後遺障害等級認定の結果に納得していますか?

Q1 自分の適切な等級を知っていますか?

Q1 保険会社から賠償金額を提示されていますか?

Q1 提示された賠償金額は妥当ですか?

Q1 保険会社から賠償金額を提示されていますか?

Q1 提示された賠償金額は妥当ですか?

Q1 保険会社から賠償金額を提示されていますか?

Q1 提示された賠償金額は妥当ですか?

「弁護士費用特約」に加入しているか調べましょう。

被害者自身が加入していなくても、利用できる可能性があります。家族の中に加入している人がいないか確認しておくとよいでしょう。加入している場合は利用して弁護士に事件の解決を依頼しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「弁護士費用特約の利用」

記事を読む

弁護士費用特約を利用して弁護士に依頼しましょう。

弁護士費用特約を利用すると、費用倒れのリスクがなく、納得のいく内容で解決できる可能性が高まります。また、保険料や保険等級への影響はありません。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「弁護士費用特約の利用」

記事を読む

医師による診察を受けましょう。

目に見えるケガがなくても、後になってむち打ちなどの症状が現れる可能性があります。少しでもケガや後遺症の可能性があるなら、速やかに医師の診察を受けましょう。医師の診断書があれば、治療費などを保険会社に支払ってもらうことができます。治療が不要な方は、物損事故の損害賠償額を想定しておきましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「物損事故で請求できる賠償金の費目」

記事を読む

人身事故に切り替えましょう。

ケガをしているのに物損事故として処理されると、本来受け取るべき治療費や慰謝料などを支払ってもらえない可能性があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「人身事故と物損事故の違い」

記事を読む

どちらの事故で処理されているか確認しましょう。

「交通事故証明書」を取り寄せましょう。この書類にあなたの事故の種類が記載されています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「「交通事故証明書」を取得する方法」

記事を読む

事故直後にすべき対応を済ませましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「事故直後の対応マニュアル」

記事を読む

人身事故に切り替えましょう。

ケガをしているのに物損事故として処理されると、本来受け取るべき治療費や慰謝料などを支払ってもらえない可能性があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「人身事故と物損事故の違い」

記事を読む

対応策を検討しましょう。

保険金を一部先に支払ってもらうなどの手段を取ることができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「生活費に余裕がない場合の対処法」

記事を読む

どちらの事故で処理されているか確認しましょう。

「交通事故証明書」を取り寄せましょう。この書類にあなたの事故の種類が記載されています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「「交通事故証明書」を取得する方法」

記事を読む

健康保険を利用して治療費を払いましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「健康保険を利用するための手続き」

記事を読む

主治医に相談して対応しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「「打切り」と言われた際の対処法」

記事を読む

治療を続けましょう。

もし、保険会社に「治療費の支払いを打ち切る」と言われた場合でも、医師が必要と判断する限りは治療を続けましょう。保険会社が治療費支払いの再開に応じない場合は、弁護士に依頼して交渉してもらうことを検討してもよいでしょう。また、完治しなかった場合、「後遺障害等級認定」の申請を検討しましょう。今後の流れやするべきことについてはチェックリストをご覧ください。

チェックリストを見る

対応策を検討しましょう。

保険金を一部先に支払ってもらうなどの手段を取ることができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「生活費に余裕がない場合の対処法」

記事を読む

治療を続けましょう。

医師が必要と判断する限りは治療を続けましょう。完治しなかった場合は、「後遺障害等級認定」の申請を検討しましょう。今後の流れやするべきことについてはチェックリストをご覧ください。

チェックリストを見る

「後遺障害等級認定」を申請しましょう。

等級が認定されると、等級に応じて後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益(後遺障害が残らなければ得られたはずの利益)を保険会社から支払ってもらうことができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「後遺障害とは?概要と手続き方法」

記事を読む

異議申し立ての手続きをしましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「異議申立ての手続き方法」

記事を読む

実例と比較して適切な等級を調べてみましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「症状や部位別の等級」

記事を読む

損害賠償額を想定しておきましょう。

保険会社が示談交渉の際に提示してくる賠償額は、本来支払ってもらえる金額よりも低いことがあります。賠償額が適切な金額かどうか判断できるようにしましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「後遺障害を伴う事故の賠償金の費目」

記事を読む

示談しましょう。

ただし、保険会社が示談交渉の際に提示してくる賠償額は、本来支払ってもらえる金額よりも低いことがあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「後遺障害を伴う事故の賠償金の費目」

記事を読む

自分で示談交渉をする以外の選択肢があります。

「費用をかけたくない」「時間をかけたくない」「自分の主張を認めてほしい」などあなたの希望にあった選択をしてください。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「示談以外の3つの手段」

記事を読む

損害賠償額を想定しておきましょう。

保険会社が示談交渉の際に提示してくる賠償額は、本来支払ってもらえる金額よりも低いことがあります。賠償額が適切な金額かどうか判断できるようにしましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「人身事故で請求できる賠償金の費目」

記事を読む

示談しましょう。

ただし、保険会社が示談交渉の際に提示してくる賠償額は、本来支払ってもらえる金額よりも低いことがあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「人身事故で請求できる賠償金の費目」

記事を読む

損害賠償額を想定しておきましょう。

保険会社が示談交渉の際に提示してくる賠償額は、本来支払ってもらえる金額よりも低いことがあります。賠償額が適切な金額かどうか判断できるようにしましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「物損事故で請求できる賠償金の費目」

記事を読む

示談しましょう。

ただし、保険会社が示談交渉の際に提示してくる賠償額は、本来支払ってもらえる金額よりも低いことがあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「物損事故で請求できる賠償金の費目」

記事を読む
一つ前の質問をやり直す

「はじめからやり直す」ボタンを押すと
すべての結果がリセットされます

はじめからやり直す