交通事故慰謝料・損害賠償

弁護士監修記事 2018年03月28日

交通事故でケガをした場合に請求できる慰謝料の計算方法

交通事故の被害にあってケガをした場合、治療費だけではなく、入院や通院を余儀なくされて精神的なダメージを受けたことに対する傷害慰謝料を加害者に支払ってもらうことができます。 保険会社から傷害慰謝料の額を提案されても、適正な金額なのかどうか判断に迷う人もいるでしょう。傷害慰謝料の計算方法を理解し、適切に交渉を進めることで、増額が見込める場合もあります。 この記事では、傷害慰謝料の計算方法について詳しく解説します。

目次

  1. 交通事故のケガで請求できる慰謝料は2つある
  2. 傷害慰謝料の計算方法
    1. 裁判基準で傷害慰謝料を計算するには

交通事故のケガで請求できる慰謝料は2つある

交通事故でケガをした場合に、加害者に請求できる慰謝料は2つあります。 1つは、ケガの治療で入院や通院を余儀なくされ、精神的な苦痛を受けたことに対して支払われる慰謝料です。「傷害慰謝料(または入通院慰謝料)」といいます。 もう1つは、後遺障害を負ったことに対して支払われる慰謝料です。「後遺障害慰謝料」といいます。 後遺障害慰謝料は、症状固定(これ以上治療を続けてもよくならないと主治医が判断したとき)後も残った症状について、後遺障害等級認定を受けた人にしか認められません。 そのため、ケガが完治して後遺障害が残らなかった人は、傷害慰謝料のみ保険会社から支払われることになります。

後遺障害が残った場合の慰謝料については、この記事の下の「あわせて読みたい関連記事」で詳しく説明しています。

傷害慰謝料の計算方法

任意保険会社は、傷害慰謝料の賠償額を計算するために、「このような場合はいくら」といった基準(任意保険基準)を設けていることが一般的です。 任意保険会社は「任意保険基準」を見ながら、「今回のようなケースはいくら」と賠償額を計算します。 一方、傷害慰謝料の賠償額の計算方法には、裁判例で認められた傷害慰謝料の額をもとにした基準(裁判基準)もあります。「裁判基準」は「弁護士基準」「日弁連基準」と呼ばれることもあります。 裁判基準は、任意保険基準よりも高額になることが一般的です。 任意保険会社から提案された額に納得できない場合に、「裁判基準であれば賠償額はいくらになるのか」ということを把握して保険会社と交渉を進めれば、傷害慰謝料の増額を見込める可能性があります。

裁判基準で傷害慰謝料を計算するには

裁判基準で認められている傷害慰謝料の金額は、入院・通院した期間の長さをもとに計算します。 計算するときには、日弁連交通事故センター東京支部が発行している「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(通称「赤い本」)の、「入通院慰謝料 別表Ⅰ」を参考にしましょう。 以下の表は「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準(2018年度版)」の175ページに掲載されています。 alt

表の見方・入院のみの場合→横軸の「入院期間」に該当する金額(例:入院2か月で完治した場合は101万円)
・通院のみの場合→縦軸の「通院期間」に該当する金額(例:通院2か月で完治した場合は52万円)
・入院した後に通院もした場合→「入院期間」と「通院期間」が交わるところの金額(例:入院2か月、通院2か月の場合は139万円)
・この表に書かれている月数を超えて治療が必要だった場合→入通院期間1か月について、それぞれ15か月の基準額から14か月の基準額を引いた金額をプラスした金額を基準額とする。(例:入院16か月で完治した場合は、340万円+(340万円ー334万円)=346万円)

むち打ち症の場合

むち打ち症の場合は、以下の表が用いられることがあります。むち打ち症の方はこちらも参考にしてみてください。 alt

入通院期間を調整するケース

通院が長期にわたる場合は、ケガの症状や治療内容、通院の頻度をふまえて、実際に通院した日数の3.5倍程度を慰謝料計算のための通院期間の目安とすることがあります。 また、入院待機中や、ギプス固定中など安静が必要な自宅療養期間は、入院期間と扱うことがあります。

表に書かれた金額より増額するケース

ケガの部位や症状によっては、表に書かれた金額を20〜30%ほど増額することがあります。 この他、以下のような場合にも増額する可能性があります。

  • 幼児をもつ母親がケガをしたとき
  • 仕事の都合など被害者側の事情で入院期間を短縮したとき
  • ケガで生死が危ぶまれる状態が続いたとき
  • 麻酔なしでの手術など極度の苦痛を受けたとき
  • 手術を繰り返したとき

具体的な金額を正確に知りたい方は、弁護士に相談することを検討してみてもよいでしょう。保険会社との交渉に自分1人で臨むことが不安な場合も、弁護士のサポートを受けることができます。

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 7

あわせて読みたい関連記事

交通事故でケガを負った場合に保険会社から支払ってもらえる治療費の内容

交通事故で負ったケガを治療する際、その費用は加害者が加入する保険会社から支払ってもらうことが一般的です。 * どの範囲までが治療費として認められる...

【職業別】交通事故の被害にあったときに補償される休業損害の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもらうこと...

交通事故で後遺障害が残った場合に保険会社に請求できる慰謝料の額

交通事故の被害にあってケガをし、治療をしても残った症状について後遺障害等級認定を受けた場合、保険会社から後遺障害が残ったことに対する慰謝料を支払っ...

交通事故で後遺障害等級認定を受けた場合の逸失利益の計算方法【職業別】

交通事故で後遺障害等級認定を受けた場合、保険会社が支払う逸失利益の額は適正な金額なのか、判断に迷う人もいるでしょう。 逸失利益の計算方法を理解し...

【交通事故】物損について保険会社に請求できる賠償金の費目と手続きの流れ

交通事故の被害は、ケガや死亡など「人」に生じる被害(人損)と、車が破損するなど「物」に生じる被害(物損)との大きく2つに分けられます。 この記事で...

【交通事故】過失割合の基礎知識と納得できない場合の対処法

交通事故の被害にあったとき、「自分には全く非がない」と考えていたのに、加害者の加入する保険会社から「過失割合は8対2」と告げられたーー。 過失割合...

交通事故で保険会社との示談交渉がまとまらない場合の3つの対処法

「示談金額に納得がいかない」「担当者が取り合ってくれない」ーー。保険会社との示談交渉がまとまらない場合には、自分自身で交渉を続ける他にも、主に3つの...

解決までの流れ

解決までの全記事

解決までにすべきことを確認する

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 7

あわせて読みたい関連記事

交通事故で家族が死亡したときに保険会社が支払う慰謝料の相場と計算方法

死亡事故の遺族が保険会社と示談交渉する際、保険会社は賠償金として慰謝料の額を提示してきますが、適正な金額なのか判断に迷う方もいるでしょう。 慰謝...

交通事故で被害者が死亡した場合の逸失利益の計算方法【職業別】

死亡事故で保険会社が支払う逸失利益の額は適正な金額なのか、判断に迷う人もいるでしょう。 逸失利益の計算方法を理解し、適切に交渉を進めることで、増...

交通事故でケガを負った場合に保険会社から支払ってもらえる治療費の内容

交通事故で負ったケガを治療する際、その費用は加害者が加入する保険会社から支払ってもらうことが一般的です。 * どの範囲までが治療費として認められる...

【職業別】交通事故の被害にあったときに補償される休業損害の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもらうこと...

【交通事故】物損について保険会社に請求できる賠償金の費目と手続きの流れ

交通事故の被害は、ケガや死亡など「人」に生じる被害(人損)と、車が破損するなど「物」に生じる被害(物損)との大きく2つに分けられます。 この記事で...

【交通事故】過失割合の基礎知識と納得できない場合の対処法

交通事故の被害にあったとき、「自分には全く非がない」と考えていたのに、加害者の加入する保険会社から「過失割合は8対2」と告げられたーー。 過失割合...

交通事故で保険会社との示談交渉がまとまらない場合の3つの対処法

「示談金額に納得がいかない」「担当者が取り合ってくれない」ーー。保険会社との示談交渉がまとまらない場合には、自分自身で交渉を続ける他にも、主に3つの...

解決までの流れ

解決までの全記事

解決までにすべきことを確認する

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

慰謝料・損害賠償を扱う弁護士を探す

交通事故慰謝料・損害賠償に関する法律相談

  • 自動車による単独事故による入院慰謝料について

    交通事故で入院80日したものです。 自動車保険の規約には入院一日につき8400円の慰謝料を支給すると書いてあるので、退院してから請求したら、症状固定後の支払いになるとのことです。...

    2弁護士回答
  • 全損事故での損害賠償請求の訴状の書き方について教えてください。

    2か月ほど前に駐車中の車が事故にあい、経済的全損となってしまいました。 相手方の保険会社の方と示談をしていたのですが、損害賠償額が折り合わず、訴訟することにいたしました。 弁護士は...

    2弁護士回答
  • 自転車同士の衝突事故の過失について

    自転車同士の衝突事故の過失割合と損害賠償について。 9歳の息子が習い事に向かう途中、20代半ばの女性と自転車同士で出会い頭に衝突。 住宅街のT字路で女性が直進。タブレットを見ながらス...

    1弁護士回答
  • 交通事故での休業損害について

    自損での交通事故で半年間の休職をしています。私は公務員なので、休職中でも基本給は全額支給されています。 しかし、通勤手当てなどその他の手当てが支給されていないため、月額で4万円近...

    1弁護士回答
  • 交通事故損害賠償請求の金額について

    交通事故損害賠償請求の金額について 少額なため自身で訴訟を予定しています。 損害賠償請求の入通院慰謝料に交通事故専門の弁護士への相談サイトに掲載されているの弁護士裁判所基準 休業補...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

交通事故慰謝料・損害賠償の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  2. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  3. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  4. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  5. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  6. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  7. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...