交通事故

弁護士監修記事 2018年03月16日

【交通事故の休業損害】被害者が会社役員だった場合の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもらうことができます。この記事では、会社役員の休業損害の計算方法について解説します。

目次

  1. 会社役員の休業損害
    1. 会社の規模、利益状況
    2. 役員の地位、職務内容
    3. 役員報酬の額
  2. 具体的な計算例

会社役員の休業損害

休業損害とは、交通事故の賠償金の費目のひとつで、交通事故でケガが治るまでの間、または症状固定(これ以上治療を続けても症状が改善しないと医学的に判断されたこと)までの間、仕事を休むことによって減ってしまった分の収入のことをいいます。 休業損害の計算方法は、次のようになります。

  1. 事故前の給与から1日あたりの収入を計算する
  2. 仕事を休んだ日数を数える
  3. 次の計算式に当てはめて計算する

休業損害の計算式1日あたりの収入×仕事を休んだ日数

1日あたりの収入は次のように計算します。

1日あたりの収入の計算式事故にあう前の一定期間の収入÷その期間の日数

会社役員の役員報酬が、サラリーマン(給与所得者)の給与と異なるのは、役員報酬の中に、役員の働きへの対価として支払われる部分と、それ以外の部分があるという点です。 それ以外の部分というのは、たとえば次のような部分です。

  • 利益が出た場合に株主へ支払う配当金を役員報酬という形で支払った部分
  • 親族のよしみで通常より多めに支払われる部分
  • 法人税対策として経費となる役員報酬が多めに設定されている部分

これらのうち休業損害の計算のもとになる被害者の収入は、役員の働きへの対価として支払われる部分に限られます。 役員報酬のうち役員の働きへの対価として支払われる部分がどのくらいなのかは、次のような事情をふまえて、何パーセントという形で、事案ごとに判断されます。

  • 会社の規模、利益状況
  • 役員の地位、職務内容
  • 役員報酬の額

この他、他の役員や従業員の職務内容・報酬額・給与額などの事情も判断要素になります。

グループ企業の社長などのいわゆる「雇われ社長」のように、役員でありながらオーナーの指示を受けて働いたり、裁量が少なかったりする場合には、収入の全額が役員の働きへの対価であると認められることが多いようです。

それぞれの事情について簡単に説明します。

会社の規模、利益状況

一般的には、次のような事情は、役員の働きへの対価部分が多いと判断される事情になります。

  • グループ企業の雇われ社長の場合
  • 役員が経営者と親族関係になく、長年勤務して取締役になったような場合
  • 会社の業績が良い場合
  • 事故後に会社の利益が減少した場合

逆に、次のような事情は、役員の働きへの対価部分が少ないと判断される事情になる場合があります。

  • 会社が小規模で、役員が会社経営者である場合
  • 役員が経営者の親族の場合

役員の地位、職務内容

次のような事情は、役員の働きへの対価部分が多いと判断される事情になります。

  • 役員の職務内容や報酬の額が他の従業員とそれほど変わらない場合
  • 小さな会社で、役員が1人で会社の利益をあげている場合

逆に、次のような事情は、役員の働きへの対価部分が少ないと判断される事情になります。

  • 役員の職務内容が他の従業員と変わりないのに、報酬が高額な場合
  • 役職は「取締役」などの役員だが、実際には役員としての仕事をしていない場合

役員報酬の額

次のような事情は、役員の働きへの対価部分が少ないと判断される事情になります。

  • 役員が経営者の親族で、若くて経験が浅いにもかかわらず報酬が高額な場合
  • 業績が伸びていないのに、報酬額が急に増えた場合
  • 業績が低迷しているのに、報酬が高額な場合

具体的な計算例

たとえば、役員報酬(年収)が1200万円、役員の働きへの対価部分が80%の場合、次のように計算します。 1200万円×0.8=960万円 この960万円をもとに休業損害を計算していくことになります。 まず、1日あたりの収入を計算します。

1日あたりの収入の計算式事故にあう前の一定期間の収入÷その期間の日数

この場合は年収なので、365日で割ります。 960万円÷365日=約2万6301円が1日あたりの収入となります。 次に、仕事を休んだ日数を計算します。今回は30日(1か月)で計算してみます。 最後に1日あたりの収入と仕事を休んだ日数を掛けます。

休業損害の計算式1日あたりの収入×仕事を休んだ日数

2万6301円×30日=78万9030円が休業損害となります。

交通事故分野に注力する弁護士を探す

慰謝料・損害賠償を扱う弁護士を検索

複数の弁護士にまとめて見積もり依頼する

一括見積りをはじめる 無料

弁護士に相談するのが不安な方はこちら

賠償金の決まり方について知る

「収入が途絶えた分は補償されるの?」「慰謝料はどのくらいもらえるの?」ーー。交通事故の被害を完全に回復して日常生活に戻るためには、お金の話は...

弁護士費用について知る

交通事故の被害にあって保険会社(加害者)に賠償を求めて示談交渉などを進めていく際、弁護士に交渉を依頼することを考える人もいるでしょう。この記...

弁護士メリットについて知る

交通事故の被害にあって保険会社と示談交渉するとき、弁護士に交渉を依頼することで適切な賠償(保険金)を受けられる可能性が高まります。弁護士は、...

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 7

あわせて読みたい関連記事

交通事故でケガを負った場合に保険会社から支払ってもらえる治療費の内容

交通事故で負ったケガを治療する際、その費用は加害者が加入する保険会社から支払ってもらうことが一般的です。 * どの範囲までが治療費として認められる...

交通事故でケガをした場合に請求できる慰謝料の計算方法

交通事故の被害にあってケガをした場合、治療費だけではなく、入院や通院を余儀なくされて精神的なダメージを受けたことに対する傷害慰謝料を加害者に支払っ...

交通事故で後遺障害が残った場合に保険会社に請求できる慰謝料の額

交通事故の被害にあってケガをし、治療をしても残った症状について後遺障害等級認定を受けた場合、保険会社から後遺障害が残ったことに対する慰謝料を支払っ...

交通事故で後遺障害等級認定を受けた場合の逸失利益の計算方法【職業別】

交通事故で後遺障害等級認定を受けた場合、保険会社が支払う逸失利益の額は適正な金額なのか、判断に迷う人もいるでしょう。 逸失利益の計算方法を理解し...

【交通事故】物損について保険会社に請求できる賠償金の費目と手続きの流れ

交通事故の被害は、ケガや死亡など「人」に生じる被害(人損)と、車が破損するなど「物」に生じる被害(物損)との大きく2つに分けられます。 この記事で...

【交通事故】過失割合の基礎知識と納得できない場合の対処法

交通事故の被害にあったとき、「自分には全く非がない」と考えていたのに、加害者の加入する保険会社から「過失割合は8対2」と告げられたーー。 過失割合...

交通事故で保険会社との示談交渉がまとまらない場合の3つの対処法

「示談金額に納得がいかない」「担当者が取り合ってくれない」ーー。保険会社との示談交渉がまとまらない場合には、自分自身で交渉を続ける他にも、主に3つの...

解決までの流れ

解決までの全記事

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 7

あわせて読みたい関連記事

交通事故で家族が死亡したときに保険会社が支払う慰謝料の相場と計算方法

死亡事故の遺族が保険会社と示談交渉する際、保険会社は賠償金として慰謝料の額を提示してきますが、適正な金額なのか判断に迷う方もいるでしょう。 慰謝...

交通事故で被害者が死亡した場合の逸失利益の計算方法【職業別】

死亡事故で保険会社が支払う逸失利益の額は適正な金額なのか、判断に迷う人もいるでしょう。 逸失利益の計算方法を理解し、適切に交渉を進めることで、増...

交通事故でケガを負った場合に保険会社から支払ってもらえる治療費の内容

交通事故で負ったケガを治療する際、その費用は加害者が加入する保険会社から支払ってもらうことが一般的です。 * どの範囲までが治療費として認められる...

交通事故でケガをした場合に請求できる慰謝料の計算方法

交通事故の被害にあってケガをした場合、治療費だけではなく、入院や通院を余儀なくされて精神的なダメージを受けたことに対する傷害慰謝料を加害者に支払っ...

【交通事故】物損について保険会社に請求できる賠償金の費目と手続きの流れ

交通事故の被害は、ケガや死亡など「人」に生じる被害(人損)と、車が破損するなど「物」に生じる被害(物損)との大きく2つに分けられます。 この記事で...

【交通事故】過失割合の基礎知識と納得できない場合の対処法

交通事故の被害にあったとき、「自分には全く非がない」と考えていたのに、加害者の加入する保険会社から「過失割合は8対2」と告げられたーー。 過失割合...

交通事故で保険会社との示談交渉がまとまらない場合の3つの対処法

「示談金額に納得がいかない」「担当者が取り合ってくれない」ーー。保険会社との示談交渉がまとまらない場合には、自分自身で交渉を続ける他にも、主に3つの...

解決までの流れ

解決までの全記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故を扱う弁護士を探す

交通事故に関する法律相談

  • 交通事故、弁護士、保険会社に不信感

    交通事故に合いました。 症状固定も済み、現状後遺障害者等級の結果待ちとなっています。 弁護士を入れてはいますが、何点か腑に落ちない?ことがありまして、相談となります。 相手の自賠...

    1弁護士回答
  • 自己破産 人身事故 裁判について

    自己破産 人身事故 裁判 について 回答願います… 恥ずかしながら、1年前に多少の接触事故でしたが事故しその場離れてしまい 、相手が悪く人身事故にされてしまいました。 自動車も...

    1弁護士回答
  • 原付の事故での特約について

    弁護士特約について質問です。 数ヶ月前に原付で事故にあい、通院中なのですが自分が入ってる保険は自動車事故型弁護士特約だったので、原付では使えない事がわかりました。 現在通院中な...

    1弁護士回答
  • 裁判所について 交通事故の請求

    裁判や人身事故について! 恥ずかしながら、1年前に多少の接触事故でしたが事故しその場離れてしまい 、相手が悪く人身事故にされてしまいました。 自動車も5万ぐらいで直る終了を50万 ...

    1弁護士回答
  • 着手金の支払いについて

    弁護士費用につきまして、着手金等の最初に発生する費用ですが、今の私にとっては高額なため、一度に支払うのは厳しい状況です。半分は先に支払って、残りは最終的に相手から支払われた慰謝...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

交通事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...