死亡事故

弁護士監修記事 2018年02月26日

【死亡逸失利益】事業所得者で収入の証明が難しい場合でも逸失利益が認められるケース

交通事故で亡くなった被害者が事業を営んでいたけれど、確定申告をしていたかどうかわからない…。 このような場合には、収入の証明ができず、逸失利益が認められないことがあります。 しかし、収入の具体的な金額がわからない場合でも、そのほかの事情から逸失利益を認めた裁判例があります。どのような場合なのか詳しく解説します。

目次

  1. 収入の証明ができない場合には原則として逸失利益は認められない
  2. 収入の具体的な金額がわからない場合でも逸失利益が認められた事例(大阪地裁平成25年8月27日判決)
    1. 事故の内容
    2. 裁判で争われた内容
    3. 裁判所の判断
  3. 収入の証明が難しい場合には弁護士に相談を

収入の証明ができない場合には原則として逸失利益は認められない

逸失利益を計算するには、被害者の収入を調べる必要があります。 被害者の収入を証明するために、確定申告の控えなど、証拠となる資料を準備する必要があります。 しかし、被害者が確定申告をしていなかった場合など、被害者の収入がいくらだったのかわからず、収入の証明をすることが難しいことがあります。 収入の証明ができない場合には、原則として逸失利益は認められません。 ただし、収入の具体的な金額がわからない場合でも、そのほかの事情から、「少なくとも平均賃金くらいの収入は得ていただろう」と認められて、平均賃金をもとに逸失利益が認められた事例があります。 どのような場合なのか見ていきましょう。

収入の具体的な金額がわからない場合でも逸失利益が認められた事例(大阪地裁平成25年8月27日判決)

事故の内容

この事例は、信号のない交差点での事故でした。 当時76歳だった女性が自転車で交差点を渡っているときに、女性から見て右側からやってきた車の運転手が脇見運転で女性を見落としてぶつかるという事故が起きました。 被害者の女性は、頭を強く打ち頭の中での出血が脳を圧迫する急性硬膜下血腫、脳自体を損傷する脳挫傷、右側の肋骨が多数折れる右多発性肋骨骨折などの傷害を負い、4日間入院した後に死亡しました。 車の運転手は、仕事中に会社の車で運転をしていました。 被害者の唯一の相続人である養女が、車の運転手と会社を相手に、賠償金の支払いを求める裁判を起こしました。

裁判で争われた内容

裁判では、被害者が入院している間の休業損害と、死亡した後の逸失利益の有無や金額などが争われました。

裁判所の判断

裁判所は、次のような事実を認定し、休業損害と逸失利益を認めました。

  • 被害者は、事故当時、健康で、一人暮らしをしていた。
  • 飲食店(居酒屋兼スナック、カウンター席8つ、ボックス席1つ)を55年以上前から経営していた。
  • 事故当時は、アルバイトの従業員を1人雇っていた。

  • 被害者が、所得税の確定申告をしていたかどうかはわからない。

  • 確定申告をしていたとしても、申告額はわからない。

このような事情などをもとに、確定申告をしていたかどうかわからないとしても、少なくとも平均賃金程度の収入は得られた確率が高いと評価しました。 平均賃金については、被害者は76歳ですが、70歳以上の区分ではなく、65〜69歳の区分を参考にし、その70%を被害者の収入として計算しました。 その理由は、簡単にいえば、平均賃金の70歳以上の区分の方が65歳〜69歳の平均賃金の区分より高いのはおかしい、サンプルの採取に偏りがあるなどといった理由でした。 このような計算をもとに、事故から死亡するまでの4日間の休業損害と、死亡してから平均余命までの間の逸失利益を認めました。

収入の証明が難しい場合には弁護士に相談を

このように、収入の証明が難しい場合でも逸失利益が認められたケースはありますが、確定申告の控えなど具体的な金額がわかる証拠がないのに保険会社を説得することは難しいでしょう。 保険会社を説得できないけれど逸失利益を認めてほしい場合には、裁判で争うことになります。 ただし、収入の証明が難しい中で、裁判で逸失利益を認めてもらえるかどうかは、「具体的にどのような事情があったのか」「確定申告の控えなどの他にはどのような証拠があるのか」といった事情に左右されます。必ず裁判所が認めてくれるとは限りません。 収入の証明が難しい場合には、弁護士などの専門家に相談し、裁判をすれば逸失利益が認められる可能性があるのかどうか確認してもらった方がよいでしょう。

このページのタイトルとURLをコピーする

慰謝料や損害賠償金額を計算する

計算機とお金の画像

交通事故被害の慰謝料・賠償金を計算できます 慰謝料・損害賠償金計算機

あわせて読みたい関連記事

交通事故で家族が死亡したときに保険会社が支払う慰謝料の相場と計算方法

死亡事故の遺族が保険会社と示談交渉する際、保険会社は賠償金として慰謝料の額を提示してきますが、適正な金額なのか判断に迷う方もいるでしょう。 慰謝...

交通事故でケガを負った場合に保険会社から支払ってもらえる治療費の内容

交通事故で負ったケガを治療する際、その費用は加害者が加入する保険会社から支払ってもらうことが一般的です。 * どの範囲までが治療費として認められる...

交通事故でケガをした場合に請求できる慰謝料の計算方法

交通事故の被害にあってケガをした場合、治療費だけではなく、入院や通院を余儀なくされて精神的なダメージを受けたことに対する傷害慰謝料を加害者に支払っ...

【職業別】交通事故の被害にあったときに補償される休業損害の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもらうこと...

【交通事故】物損について保険会社に請求できる賠償金の費目と手続きの流れ

交通事故の被害は、ケガや死亡など「人」に生じる被害(人損)と、車が破損するなど「物」に生じる被害(物損)との大きく2つに分けられます。 この記事で...

交通事故の過失割合の基礎知識と納得できない場合の対処法

交通事故の被害にあったとき、「自分には全く非がない」と考えていたのに、加害者の加入する保険会社から「過失割合は8対2」と告げられたーー。 過失割合...

交通事故で保険会社との示談交渉がまとまらない場合の3つの対処法

交通事故で保険会社との示談交渉がまとまらない場合には、自分自身で交渉を続ける他にも、主に3つの解決方法があります。 * 3つの手段はそれぞれどんな手...

解決までの流れ

解決までの全記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

死亡事故を扱う弁護士を探す

死亡事故に関する法律相談

  • 非接触のひき逃げ死亡事故

    非接触のひき逃げ死亡事故の容疑者 です。コロナ自粛の影響で夜ガラガラになった片側3車線の道路を猛スピードで後ろから走ってきた被害者車両に対し、小さな幅寄せ行為(参考人聴取から2日後...

    1弁護士回答
  • 刑事裁判における情状証人の存在について

    今年の冬に交通死亡事故をおこし、過失運転致死で 起訴された加害者です。 妻に情状証人を依頼しましたが、 事故以来、感情が悪く、出廷したくないとの事 変わりに、情状証人は会社の上司な...

    3弁護士回答
  • 動物病院の入口ドア開放時の逃走事故について

    動物病院を経営しています。 新型コロナウイルスの感染の関係で3密を防ぐために、 待合室の入口ドアを開けて営業しています。 先日、待合室におられる飼い主様がリードを手放してしまい、...

    1弁護士回答
  • 危険運転致死 道路交通法違反

    私の先輩が車でパトカーからの逃走中にバイクと衝突し死亡事故を起こしひき逃げしてしまいました。 現在危険運転致死道路交通法違反(救護義務違反)で起訴されています。 まったくの初犯で交...

    2弁護士回答
  • 信号無視した自転車に急ブレーキを踏んで急ブレーキの衝撃で同乗者が重傷や死亡した場合

    信号無視した自転車に急ブレーキを踏んで急ブレーキの衝撃で同乗者が重傷や死亡した場合自転車はどのような罪に問われますか?  また自分がその自転車の立場になっていないか不安です… とい...

    5弁護士回答

相談を絞り込む

死亡事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識