交通事故

弁護士監修記事 2018年01月22日

物損事故から人身事故に切り替えられたら刑事責任を問われる?

物損事故として処理されていたのに、後から被害者が人身事故に切り替えた場合、加害者は刑事責任を問われる可能性が出てくるのでしょうか。 このような疑問について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と、弁護士の回答をもとに解説します。

目次

  1. 物損事故を人身事故に切り替えられたら刑事責任に問われる?
  2. 被害者が軽傷であれば起訴されないケースも
  3. まとめ

物損事故を人身事故に切り替えられたら刑事責任に問われる?

alt 事故が起きた当初は、物損事故として処理されたのに、後日被害者が人身事故に切り替えた場合、加害者は刑事責任に問われる可能性が出てくるのでしょうか。

追突事故で物損から人身へ、犯罪で前科になるのですか


相談者の疑問
10日前に大学生の息子が信号待ちで追突事故を起こしてしまいました。息子が100%悪いです。

事故当時はどこもケガがありませんと当方で確認して別れて、被害者の方はそのまま旅行に出かけられましたので、当初物損扱いでしたが、先日相手が首や背中が痛いということで診察され警察署に届け出、人身事故になりますと警察から連絡がありました。

その時その電話の担当警察官の方が、「人身になったので犯罪です。前科がつきます」と言われ息子が憔悴しきってしまい、見ていられません。

相手の方へ謝罪の電話も当初から息子、主人、私としていますが、つながりません。本当に息子は犯罪者になって、前科がついてしまうのでしょうか?


川面 武弁護士
追突事故を起こして、被害者に傷害結果を発生させた場合、現在の法律では過失運転致傷罪(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律5条)が成立します(なお、自動車運転過失傷害罪という言葉は、一昨年5月19日までの旧称です)。

正確な数字は不案内ですが、過失運転致傷罪で前科を有する者は非常に多く、前科を有する者の総数の過半数を大きく超えて断トツの1位です。

本件で、前科がついてしまうことを可及的に避けるためには、対人無制限の任意保険に加入していることは当然の前提として、すべて保険会社任せではいけません。

質問者自身で、早急に私選弁護人を選任することが不可欠と考えます(加害者及びその家族が直接再三にわたって被害者にコンタクトを試みるのは好ましくありません)。
あくまで弁護人が被害者と交渉して、任意保険とは別個にお見舞金を支払うなどの対策を講じ、被害者に処罰意思がないとの一筆をもらうことが望ましいです(さらに示談までできればより良いですが保険会社との関係もありこの点は不可欠ではありません)。

追突事故で被害者がケガを負い、物損事故から人身事故に切り替えた場合、加害者は過失運転致傷罪に問われる可能性があるようです。

被害者が軽傷であれば起訴されないケースも

alt 被害者に物損事故を人身事故に切り替えられたとしても、必ずしも起訴されるわけではないようです。どのような場合なのでしょうか。

人身事故扱いにした方がいいですか?


相談者の疑問
先月、追突事故(100:0)を起こした加害者です。

事故の内容は、被害者が黄色信号から赤信号に変わった瞬間に急ブレーキをかけたことで、ブレーキが間に合わず追突しました。被害者の方は前の車を追い抜かそうとして、右車線にずれたため、被害者の左後ろ側と私の右前の接触でした。

修理代もレンタカー代も治療費もきちんと保証しています。被害者の方からは新車で返せと言われたみたいです。修理代はかかっても、15万円ほどなので無理だと言っていますが、今でも新車にしてほしいといい続けているらしいです。

被害者の方が一度、警察に人身事故届けを出しに行ったんですが、また持ち帰ってそうです。保険会社の方は、軽症だと思いますと言っていました。警察の方からも連絡がきました。

人身事故に切り替えてもらった方がいいですか?


井上 祐司弁護士
あなたの保険会社が交渉をしているけれど、被害者の方から種々の過大ともとれる要求がなされているということなのですね。

人身事故として届け出るかどうかは被害者次第です。人身事故に切り替えることを交渉のカードのように使い無理な要求をされるくらいであれば、人身事故として警察に捜査してもらうことを促すことも一案だと考えます。
もっとも、実況見分調書が作成されるくらいのことであり、軽傷の人身事故ではよほどの前科や交通違反歴がない限り不起訴処分で終わることが多いです。

人身事故の損害は届出の有無に関わらず、最終的には医学的な所見がどのようなものかによって賠償額が左右されることが多いので、あまり現時点で心配されない方がよいと思います。

物損事故から人身事故に切り替えられたとしても、軽傷の人身事故で加害者に前科や交通違反歴がなければ、不起訴処分となり、前科はつかないケースも多いようです。

まとめ

当初は物損事故として処理された事故が、被害者によって人身事故に切り替えられた場合、加害者は過失運転致傷罪に問われる可能性があります。 ただし、被害者が軽傷で、加害者に重大な前歴や交通違反歴がなければ、起訴されない可能性もあります。人身事故に切り替えられたとしても、必ずしも刑事罰を受けることになるとは限らないようです。

関連記事

選んで簡単!

交通事故_やること診断イラスト

被害に遭われた方が
今するべきことがわかります
やること診断

状況で調べる

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故を扱う弁護士を探す

交通事故に関する法律相談

  • 行政の是正をお願いする際、後ろ盾になる法的根拠について

    行政の是正をお願いする際、後ろ盾になる法的根拠について 近隣に非常に交通事故が起こりやすい場所があります。 市民側で事故の危険性があるため、直して頂きたいと伝えていますが中々着手...

    1弁護士回答
  • 車を運転中、人にぶつかりそうになりました。

    昨日の夜、車を運転中に歩行者にぶつかりそうになりました。 昨日の夜、ショッピングモールの駐車場内を右折しようとしたところ、横断歩道を歩いていた男性に気付き、慌てて止まりました。 ...

    1弁護士回答
  • 交通事故の過失割合について

    先月こちらがバイク、相手が自動車で左折巻き込みの事故になりました。 過失割合はこちらが1相手が9と相手の弁護士の方から提示がありました。 この内容で私は良いと思ったので、 それに従...

    1弁護士回答
  • 右折車との自動車事故

    右折しようとした車が目の前に飛び出して来てぶつかった場合どちらの過失になりますか? 右折しようとした車がこちらの車に気がつかず、飛び出してきました。 そこにこちらの車がぶつかった...

    1弁護士回答
  • お金を貸すと約束したが、貸せなくなりました。

    友人が交通事故を起こし、示談金で12万円が必要になりました。 しかし、持金がないとの事で、お金を貸してくれと言われ、私がなんとかすると言ったのですが、用意することができませんでした...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

交通事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...