物損事故

弁護士監修記事 2018年01月22日

【物損事故】高額な修理代や新車の買替え費用の請求に応じるべき?

交通事故で車を壊してしまった場合、加害者は被害者に対して修理代などを賠償しなければなりません。では、被害者から高額な賠償金を請求された場合、その金額どおりに支払うべきなのでしょうか。加害者としては、どのように対応すればよいのでしょうか。

  • 高額な修理代を請求されたらどうすればいい?
  • 新車の買い替え費用を請求されたら応じるべき?
  • 加害者が賠償しなければならない範囲は?

これらの疑問について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と、弁護士の回答をもとに解説します。

目次

  1. 高額な修理代の請求に応じるべき?
  2. 新車の買替え費用を支払う必要はある?
  3. まとめ

高額な修理代の請求に応じるべき?

alt 物損事故を起こして、被害者から高額な修理代を請求された場合、請求されたとおりの金額を支払う必要があるのでしょうか。

物損事故で休業補償は不当請求に値するのか?


相談者の疑問
先日、信号なし交差点、道幅同等、当方バイクで一旦停止指示があったのですが間に合わず、右側から減速せず直進してきた軽四と接触事故を起こしてしまいました。当方、自賠責保険のみ加入です。

お互いに大きなケガもなかったため、物損、示談交渉で話を進めていく事になりました。相手方の破損状況は左側側面に凹み、キズができましたが、公道を走行するには問題ない状態です。

事故直後、警察の方が帰られた後で、先方が自営業(らーめん屋)をしており今日は仕込みができないし、店を開けることができないので日当を支払ってほしいと言われ、金額を伺うと4万円と言われました。

あとで振り込むので振込口座を教えてほしいと伝えるも「これは信用問題に関わるから今すぐ現金で支払ってほしい」と言われたので、そのままコンビニのATMへ行き支払いました。

支払う際、内訳を書面で頂きたいと伝えるも、書面を出すと4万円よりももっと高くなるけどいいのか?高くなってもいいのなら提出しますがどうしますか?と言われ、信用して頂きたい思いもありましたので、とりあえず4万円支払いました。

相手方の車は左側側面に擦り傷凹みがあり、弁償はさせていただく意向は伝えているのですが、法外な金額を請求してくるのでは…と少々不安に感じております。

車の年式10年以上経過してるジムニーだと思いますが、この車は改造しているし、塗料もパール入りを使っているから修理代は高くつくよー、ということをしきりに説明していました。

①相手方か不当な修理代金を要求してきた場合、私はどう対応したらよいのか。
②事故直後に支払った4万円は不当請求に値するのか。
③不当請求に値しない場合、書面で内訳をいただくと先方が言うように別途費用も請求されるのか。
※当方としては過失割合が大きい分、時価価格以内での修理代金は全額支払い当方のバイクも全額実費で修理するつもりです。


大西 敦弁護士
相談者様が支払わなければならないのは、相手方の損害のうち、相談者様の過失割合に相当する部分です。相手方の損害を全額支払うことはありません。

バイクに一時停止の規制がある場合、基本的な過失割合としては、バイク65%、四輪車35%、バイクが減速し、四輪車が減速していない場合には、バイク55%、四輪車45%です。もちろん、過失割合は具体的な事情によって異なってきます。

相手方の損害についても、
修理費用が車両時価額を上回るような場合には、時価額が車両損害額になります


不当な要求は拒否すべきだと思いますし、弁護士に間に入ってもらった方がいいのではないかと思います。もちろん、相談者様はその損害のうち、相手方の過失割合分を請求できます。
 
> また②事故直後に支払った4万円は不当請求に値するのか
 
実際に事故のせいで休業を余儀なくされ、その損害が4万円であれば不当な請求とは言えません。ただ、本当に休業したのかはわかりませんし、4万円の根拠は相手方において明らかにすべきことです。

> ③不当請求に値しない場合、書面で内訳をいただくと先方が言いように別途費用も請求されるのか

請求はされるかもしれませんが、支払う必要はありません。そもそも、損害が4万円と言っているのに、内訳を求めたら増額するというのはおかしな話です。

物損事故で加害者が被害者に対して賠償しなければならないのは、必ずしも修理代の全額ではなく、過失(事故を起こした落ち度)に応じた割合分を負担すればいいようです。 請求された修理代が車両時価額を上回る場合は、車両時価額を限度として、請求金額が適切かどうかを判断することになるでしょう。

新車の買替え費用を支払う必要はある?

alt 被害者が新車に買い替えることを希望している場合、その費用を賠償する必要はあるのでしょうか。

保険未加入時、事故後の損害賠償の支払いについて


相談者の疑問
2週間ほど前に交通事故を起こしてしまいました。私が停止している車の後ろに追突しました。それによって相手の車のバンパー部分が外れ落ちて、後部が凹んでしまいました。幸い事故による相手方のケガはありません。

私の方は任意保険が切れてしまっており、相手の方に車の修理代や、代車の代金を自腹でお支払いする約束をしています。

相手の方の車は新車(トヨタのハリアーでローンが470万円残っているそうです)とのことです。

しかし、先日相手の方から電話で「事故車に乗るのは、これから先不安なので、新しい新車を購入しようと思う。だから修理後の下取り価格(査定額は250万円だそうです)を差し引いた220万円を追加で出してくれないか」と相談されました。

しかし、お恥ずかしながら、私自身の所得が少なくて、修理代など諸々をお支払いしたら、貯金が全てなくなってしまうような有様です。もちろん、私が保険未加入なのが悪いのは、重々承知しているつもりです。

この220万円を私はお支払いするべきなのでしょうか?


吉田 大輔弁護士
貴殿が支払わなければならないのは、通常は、修理代と代車代だと思われます。その他に、場合によっては、評価損を支払う必要が出てくるかもしれませんが、評価損は、通常は、認められたとしても修理代の3割程度であるとされています。

ご記載の事故状況からすると、修理代はそれほど高くなるようには考えにくく、したがって評価損も(認められたとしても)それほど高額になるとは考えにくいです。

そうすると、修理費、代車代、評価損を合計しても、220万円にはならないように思われますので、220万円を支払う必要はないのではないかと思われます。

上記のようなケースの場合、被害者に対して支払う必要があるのは修理代や代車代で、新車購入に必要な費用を支払う義務はないようです。

まとめ

交通事故を起こして車を壊してしまった場合は、被害者に対して、修理代などを賠償しなければなりません。その際、被害者から、高額な修理代や、新車の買替え費用などを請求されても、必ずしも全て支払わなければならないわけではないようです。 相手が請求する金額が適切なのか判断できないときは、弁護士など専門家への相談を検討してもよいでしょう。

関連記事

選んで簡単!

交通事故_やること診断イラスト

被害に遭われた方が
今するべきことがわかります
やること診断

状況で調べる

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

物損事故を扱う弁護士を探す

物損事故に関する法律相談

  • 初犯 酒酔い運転物損事故どうなりますか?

    先日酒酔い運転呼吸0.8の物損事故を起こしてしまいました。店で焼酎の水割り八杯ほど飲んで、店を出た直後、停車中の車と看板の隙間をすり抜けて行っため、原付バイクで速度も5キロくらいし...

    2弁護士回答
  • 物損事故のその後の対応について

    スーパーの駐車場でのことです。 車を運転中にハンドル操作を誤って、停めてあったバイクに当たって倒してしまいました。 すぐにバイクの所有者を探し、事情を説明しました。 見た目には傷...

    2弁護士回答
  • 自動車同士物損事故の過失割合についてのご相談

    物損事故の過失割合についてのご相談になります。 事故発生からすでに150日以上経過しておりますが、和解にいたっていない状況です。 【状況】 ・当方、追い越しが禁止されていない市道を...

    1弁護士回答
  • 自動車同士物損事故の過失割合についてのご相談

    物損事故の過失割合についてのご相談になります。 事故発生からすでに150日以上経過しておりますが、和解にいたっていない状況です。 【状況】 ・当方、追い越しが禁止されていない市道を...

    1弁護士回答
  • 物損事故での慰謝料(迷惑料)を支払いの可否

    物損事故処理終了後の被害者方へのお見舞い。(当方が起こした側) 2月頃に物損事故を発生させました。 経緯 全方向矢印信号制御(常時赤で右左折直進を矢印制御のタイプ)を見間違え他方向矢印...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

法律相談を検索する

物損事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...