交通事故

弁護士監修記事 2018年01月22日

任意保険未加入で車を運転中に自転車と事故…被害はどう弁償する?

任意保険未加入の状態で車を運転していて、自転車と交通事故を起こしてしまった場合、どのように被害を弁償していけばよいのでしょうか。

  • 被害を弁償するために、まず行うことは?
  • 物損の被害はどうやって弁償すればよいのか
  • 自転車の修理代や買換え費用はどのように計算するの?

これらの疑問について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と、弁護士の回答をもとに解説します。

目次

  1. 任意保険未加入で自転車と事故…まずするべきことは?
  2. 自転車の修理代や買替え費用も自賠責でまかなえる?
  3. 被害者から高額な賠償金を請求されたら?
  4. まとめ

任意保険未加入で自転車と事故…まずするべきことは?

alt 任意保険に加入していない状態で自転車と交通事故を起こした場合、被害の弁償はどのように行っていくのでしょうか。

任意保険未加入での人身事故の対応


相談者の疑問
本日、事故を起こしてしまいました。私は車で相手方は自転車です。

T字路で私が優先道路に出ようとした際、見渡しがわりとよい場所であったため、左右の確認をしながら一旦停止せずに徐行から右折しようとしたところ、右側から直進で来ていた自転車に寸前で気付いてブレーキを踏んだが間に合わず接触。

相手はバランスを崩してふらつきながら転倒し、右膝の打撲です。

私は更新の不備で任意保険未加入、被害者には謝罪と共にできる限りのことはさせていただきますと約束しました。通院費用は自賠責保険でほぼまかなうことができるとして、休業保障や慰謝料などをどうしたら被害者が納得いくように算出できるのか分かりません。


松本 篤志弁護士
相手方の意向にもよりますが、1つの方針としては、金額の算出なども含め、治療費のみならず通院慰謝料や休業損害等も含めた人身損害すべての賠償につき、ひとまず自賠責への請求手続を先行させるというものが考えられます。

自賠責保険の請求手続には要求される資料も多いですが、相手方にも用意してもらいつつ、あなた側も自賠責保険会社に連絡して手続に積極的に協力していくことが必要でしょう。

任意保険に未加入の状態で自転車と事故を起こしてしまった場合、ひとまず自賠責保険に対して、人身損害部分の全ての賠償を請求するということが1つの選択肢として考えられるようです。

自転車の修理代や買替え費用も自賠責でまかなえる?

alt 事故で相手の自転車が壊れた場合、修理代などを自賠責保険でまかなえるのでしょうか。

自転車との事故


相談者の疑問
自転車と事故を起こしてしまいました。相手は中学生です。警察を呼び、事故処理をしてもらいました。被害者の母親が来て、警察からの説明もしていただき、連絡先を交換して別れました。

私から見て、被害者のケガも擦り傷と打ち身くらいで救急車を呼ぶこともありませんでした。被害者本人は帰りは自転車に乗り帰っていきました。

問題は加害者である私(自動車)が任意保険に未加入だったことです。理由はいくつかあるのですが、未加入で運転している方が悪いんです。どのように相手と交渉したらいいか、どうか教えて下さい。


好川 久治弁護士
一番大事なことですが、定期的に被害者に連絡をして様子をうかがい、お詫びとお見舞いを告げることです。これは今後の交渉をスムーズに運ぶために最低限必要なことです。

次に、ケガの様子からすると自賠責で対応できる内容ですから、自賠責保険会社に連絡をして保険金請求の案内が書いた冊子をもらってください。そこに提出書類、請求の方法が書かれていますので、それに沿った手続をとるようにしてください。

治療費は中学生ですと、地域によってかからない可能性がありますが、健康保険を利用してもらうようにしてください。健康保険を利用するには被害者が加入する健康保険に 第三者行為の傷病届を提出する必要があります。提出には加害者の協力が必要ですから、自ら進んで協力を申し出てください。

もし交通費や急な出費があれば立替えも申し出てもよいですが、少額なら一旦被害者に立て替えてもらって、後で示談の際に精算することをお願いしてもよいかと思います。

なお、自賠責は物損は対象外ですから、自転車の修理や買替えが必要な場合は、あなたのほうで負担する必要があります。

あと、100ゼロでなければ事故状況から過失割合がどの程度かは物損の示談をする際には必要となりますので、弁護士の法律相談を受けたほうがよいです。自賠責の場合は被害者の過失が7割を超えなければ100%補償となりますので、あまり気にする必要はありません。

自賠責保険でカバーできるのは人身損害のみで、自転車の修理代や買替え費用といった物損は、補償の対象外のようです。任意保険未加入の場合、それらの損害は加害者が実費で賠償することになるでしょう。 被害者側にも過失(事故を起こした落ち度)がある場合は、加害者・被害者それぞれの過失割合に応じて、賠償すべき金額が変わってくるようです。

被害者から高額な賠償金を請求されたら?

alt 被害者から高額な賠償金を請求された場合、その金額どおりに支払わなければならないのでしょうか。

任意保険未加入での交通事故について


相談者の疑問
叔父が車を運転中に自転車との接触事故を起こしました。自賠責保険には加入していたので、医療費については保険でまかなってもらえるのですが、物損については保険適用外です。

先日叔父に相手方から自転車代の請求が届いたようなのですが、相手方の乗っていた自転車は競技用の自転車のようで…その請求額は200万円とのことです。

叔父は車の修理工場に勤めていますが、月額にして10万円程度しか給料はもらえず、恥ずかしながら貯金もないので200万円という大金をポンと支払うことができません。叔父の兄や姉(私の母親)に借金の申出がありましたが、それぞれ家のローンなどもあり、貸す余裕もないため頭を抱えております。

叔父には支払いの意思はあるのですが、物損請求に対しての分割支払いというのは不可能なのでしょうか?

相手方のお兄さんが行政書士さんのようで、事故から請求までポンポンと話が進められ、叔父も萎縮してしまい「一括で払わないといけないんだ…」とパニックになってしまっております。


川添 圭弁護士
過去に交通事故で競技用自転車が損傷した事案を扱ったことがありますが、競技用自転車は部品が規格化されており、限定モデルやレアな部品の場合、部品単体で数十万円という価格で販売されていることも少なくありませんので、少なくとも、購入当時の新品価格が合計100万円といった単位の価格になるのは、決して珍しいことではありません。

ただ、上記を前提としても、物損のみで200万円というのは高額に過ぎる印象です。

一般に、物損については 事故発生当時の車両時価を基準にすると解されますが、その理由は、自動車が一定の中古市場が確立しているためです。

自転車のように中古市場が存在しにくい事案では、オークションの中古品の落札相場などを参考にして、事故当時の時価をある程度推定しながら算定することになります。
法テラスを利用して、適正な賠償金額と分割支払いのための交渉を弁護士へ依頼されることもご検討ください。

車の修理代などについては、事故発生当時の車両時価が基準となるようですが、自転車は中古市場が存在しにくいため、修理費などを計算する際には、オークションの落札相場などが参考となるようです。 被害者から請求された金額が適切なのか判断ができない場合や、一括で支払うことが難しいような場合は、弁護士への相談を検討することをおすすめします。

まとめ

任意保険未加入で自転車と事故を起こした場合、については、自賠責保険に保険金請求の手続きをすることが1つの選択肢として考えられます。 自転車の修理代や買い替え費用は、自賠責保険でまかなうことができないため、加害者自身が負担することになるでしょう。 被害者が乗っていた自転車が高級自転車だった場合などは、高額な賠償金を請求されることがあるようです。請求された金額が適切なのか判断できない場合は、弁護士など専門家への相談を検討することをおすすめします。

関連記事

何をするべきか知りたい方へ

交通事故_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

状況別に知りたい方へ

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故を扱う弁護士を探す

交通事故に関する法律相談

  • 自転車同士の衝突事故の過失について

    自転車同士の衝突事故の過失割合と損害賠償について。 9歳の息子が習い事に向かう途中、20代半ばの女性と自転車同士で出会い頭に衝突。 住宅街のT字路で女性が直進。タブレットを見ながらス...

    1弁護士回答
  • 後遺障害申請書類作成について

    交通事故治療で、部位が違う2箇所の治療をしています。 1箇所の治療は症状固定として終わりましたが、もう一箇所を現在は治療中です。 2箇所終わってから後遺障害申請書類を作成すると医...

    1弁護士回答
  • 示談時における保険会社とのやりとり

    慰謝料請求の相手方が、団体総合生活保証保険に加入しています。 おそらく示談金の交渉は保険会社とのやりとりになると思いますが、保険を使われることによって慰謝料が下がったりとの話を聞...

    2弁護士回答
  • 後遺障害申請について

    初めまして。 交通事故治療で、2箇所の治療をしています。 1箇所の治療は症状固定として終わりましたが、もう一箇所の治療が終わってから後遺障害の申請をすると医師から言われました。 普...

    1弁護士回答
  • 交通事故、完全被害者の休業損害と慰謝料の額について教えて下さい

    交通事故の休業損害額 、慰謝料について教えてください。 横断歩道上で右折車に跳ねられました、入院66日、総治療期間211日です。 損害日額9000円で計算されました 実際には欠勤1日に14400...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

交通事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  2. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  3. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  4. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  5. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  6. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  7. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...