交通事故で指が曲がったまま戻らない…遺障害等級認定を受けられる?

交通事故で手や指にケガを負い、症状固定(これ以上治療を続けてもよくならない状態)後も指が曲がったまま戻らない、痛みなどが残ったというような場合、後遺障害等級認定を受けられる可能性はあるのでしょうか。

  • 指の関節が不自然に曲がったままの場合
  • 手や指に痛みや痺れが出ている場合

上記のようなケースについて「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と、弁護士の回答をもとに解説します。

目次

  1. 指の関節が曲がったまま…後遺障害等級認定を受けられる?
  2. 手や指に痛みや痺れが残った…後遺障害等級認定を受けられる?

指の関節が曲がったまま…後遺障害等級認定を受けられる?

交通事故によって、指の関節が不自然に曲がり、手術しても完治しないと医師から言われた場合、後遺障害等級認定を受けられる可能性はあるのでしょうか。

14級後遺障害認定

相談者の疑問 交通事故で左手薬指靭帯断絶で第1間接から先が45度曲がったまま。

整形外科の先生から手術しても完治しないし、この状態だと第14級の後遺障害等級認定を受けて金もらった方がいいだろと言われ、手術で元に戻すことは断念し、保険会社に相談して認定の手続きを進めることになったのですが、結果、認定がされませんでした。

指が曲がってタイプが打てずに、時おり痛んで、そのたび熱が出て寝込むことも。症状が残っているのに、後遺障害等級認定を受けられずお金がもらえないとなっては、納得がいきません。

好川 久治の写真 弁護士の回答好川 久治弁護士 手指の第1関節の屈伸ができなくなったケースのようですから14級に該当する可能性はあると思いますし、神経症状が残っているなら14級または12級の可能性もあると思います。

後遺障害診断書の記載上の問題の可能性もあります。できれば弁護士に依頼し、医師と面談をしてもらって、診断書の書き直しをお願いして異議申立てをされたほうがよいと思います。

上記のような、手指の関節が不自然に曲がって元に戻らないケースでは、後遺障害等級14級に認定される可能性があるようです。 神経症状が残っていると判断されれば、14級もしくは12級に認定されるでしょう。 後遺障害診断書に症状などをどのように記載するかが、認定を受けるための1つのポイントとなりそうです。

手や指に痛みや痺れが残った…後遺障害等級認定を受けられる?

交通事故で負ったケガに伴い、手や指に痺れや痛みなどの症状が残った場合、後遺障害等級認定を受けることができるのでしょうか。

交通事故、後遺障害申請と慰謝料について

相談者の疑問 交通事故にて599日の治療で21日間の入院、「左手正中神経傷害にて手術」通院81日との後遺障害診断書を医師に書いていただきました。

傷病名、左手正中神経傷害。
自覚症状、左手から手指しびれ、痛み、脱力感。
他覚症状として、MRIにて正中神経に肥大あり。

T2ティネル兆候あり、手関節背屈、他動、自動共に60度、健側80度。
症状の寛解は難しいと考えます、と書かれています。

このような場合の慰謝料の相場と、後遺障害等級認定を受けられる可能性など、わかりましたら、アドバイスがほしいです。ちなみに自賠責保険には被害者請求を考えています。

窪川 亮輔の写真 弁護士の回答窪川 亮輔弁護士 他覚的所見として、MRIにて正中神経に肥大あり、とのことですが、正中神経の肥大が事故を原因とするものであると認められる、正中神経の肥大によって神経症状が発症していると医学的に判断できる、のであれば、他覚的所見の認められる神経症状として等級12級13号が認定されるものと予想されます。

等級12級が認定された場合に訴訟を提起して認容される後遺障害慰謝料額は一般的に270万円~300万円程度です。

599日の治療期間、21日間の入院日数、通院日数81日、傷病「左手正中神経傷害」を前提にしますと、訴訟提起した場合に認容が予想される傷病慰謝料は160万円~190万円程度です。

裁判所が治療期間をどう捉えるのかによって結論が異なります。599日と捉えるのなら190万円近くになるでしょうし、81日×3.5日と捉えるなら160万円近くになると思います。

この点は裁判官の判断によって異なりますので、訴訟をしてみなければわからないところでもあります。

手や指に残った痛みや痺れが「神経症状」と判断され、MRIなどの画像検査によって症状が確認できれば、後遺障害等級12級に認定される可能性があるようです。 後遺障害等級認定を受けられると、後遺障害を負ったことに対する慰謝料を加害者側の保険会社に請求することができます。 12級に認定された場合、裁判で争うことで、270万円〜300万円程度の慰謝料が認められる可能性があるようです。

記事のタイトルとURLをコピー

慰謝料や損害賠償金額を計算する