死亡事故

弁護士監修記事 2018年01月15日

交通事故で子どもが死亡…加害者に対して請求できる費目と金額は?

子どもが交通事故で死亡した場合、遺族は加害者に対して、どのくらいの賠償金を請求できるのでしょうか。

  • どのような費目を請求できるのか
  • 賠償金の相場

これらの疑問について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と、弁護士の回答をもとに解説します。

目次

  1. 交通事故で親族が死亡した場合に一般的に請求できる費目は?
  2. 子どもが死亡した場合に請求できる費目と相場は?
  3. まとめ

交通事故で親族が死亡した場合に一般的に請求できる費目は?

alt 交通事故で人が死亡した場合、加害者に対して一般的にどのような費目について損害賠償請求ができるのでしょうか。

交通事故死の慰謝料や損害賠償について


相談者の疑問
私が母が、市道を歩いていたら、後ろから来た車にはねられ、30メートル下の畑に落ち、車の下敷きになり死亡しました。母には、何一つ非はないとのことでした。

質問ですが、母は生まれつきの聴覚障がい者で、年齢は、79歳で、生活保護を受給していました。基礎年金は、食費と光熱費などに使われていて生活保護からは、家賃のみです。事故る半年前に、大きな手術をしたばかりです。

まだまだ生きる意欲がある時の事故でしたので、私と兄の2人には、相手側からいくら慰謝料や損害賠償がもらえますか?


杉島 健文弁護士
損害項目としては逸失利益慰謝料葬儀費用が考えられます。

損害賠償算定基準によると、
逸失利益は1年間にもらう年金額×0.7×5.0757、
慰謝料は2500万円程度、
葬儀費用は原則150万円以下の実際に支払った金額、
をもらうことが可能かもしれません。

ただ、個別具体的な事情によって、逸失利益はもっと少なることもあり得ます(年金の種類や生活費控除率において)。弁護士に依頼されて、保険会社と交渉された方がよいと思います。

交通事故で人が死亡した場合、加害者に請求できる費目としては、逸失利益(死亡事故にあわなければ得られた考えられる利益)、慰謝料、葬儀費用などがあるようです。

子どもが死亡した場合に請求できる費目と相場は?

alt 交通事故で人が死亡した場合、加害者に対しては、逸失利益や慰謝料、葬儀費用などを請求できるようです。では子どもが死亡した場合、加害者に対してどんな費目をどのくらい請求できるのでしょうか。

死亡事故被害者(小学生)への賠償と監督責任について


相談者の疑問
私事ではなく知り合いAの息子さん(8歳)ですが、息子さんがAの知人の大人2人と車で山へ出かけたのですが、大人2人が山へ入っている間車中で1人待っていたところ車外に出てしまい、車にひかれて亡くなりました。

この場合、ひいた車の運転手からはいくらくらいの賠償金が妥当ですか?8歳だとどのくらいが妥当なのかが知りたいです。また、それが相手の自動車保険で補えない場合は足らない金額について賠償請求が可能でしょうか。

それから、山へ連れて行った大人2人についても賠償請求ができるのでしょうか?最後にこれらの請求ができる場合の時効は何年でしょうか?


窪川 亮輔弁護士
運転者に対する主な請求項目は、①死亡されたお子さんご自身の死亡慰謝料②近親者固有の慰謝料③死亡されたお子さんご自身の死亡逸失利益となります。

おおよその目安となる金額(裁判をしたときの金額)をお示しします。

2000万円~2200万円程度

50万円から300万円程度(近親者1人当たりの金額。ただし死亡者との身分関係によっても金額は異なる。例えば、父母に認められる慰謝料は兄弟に認められる慰謝料よりも高くなる傾向にある)

③この点は難しいです。いろいろな考え方はあると思います。算定式の一例を示します。
524万1000円(男子・全労働者の平均賃金額)×11.154(労働能力喪失61年に対応するライプニッツ係数-労働能力喪失11年に対応するライプニッツ係数)×(1-生活費控除率50%)=29,223,480円

交通事故で子どもが死亡した場合も、加害者に対して、慰謝料や逸失利益などを請求できるようです。 逸失利益の計算方法にはいろいろな考え方があるため、弁護士などの専門家への相談を検討した方がいい場合もありそうです。

まとめ

交通事故で人が死亡した場合、加害者に対しては、逸失利益や慰謝料、葬儀費用などを請求できるようです。子どもが死亡した場合も、同様の項目について請求できるでしょう。 慰謝料については、被害者本人のものだけではなく、近親者固有の慰謝料も別途請求できる可能性があるようです。 逸失利益は計算方法が複雑なため、適切な金額を算出して加害者に請求するためには、弁護士など専門家への相談を検討した方がよい場合もありそうです。

関連記事

何をするべきか知りたい方へ

交通事故_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

状況別に知りたい方へ

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

死亡事故を扱う弁護士を探す

死亡事故に関する法律相談

  • 交通事故 保険金 病院の対応

    先日祖父が交通事故を起こしてしまい亡くなってしまいました。状況は事故当時の少し前に血液の異常が見つかり再検査で来院、その時点で高熱があり検査をしたらインフルエンザと診断、その帰...

    1弁護士回答
  • 交通事故での死亡事故の賠償について

    母親が2年前の8月に交通事故で亡くなりました。加害者の全面的に悪く、交通刑務所に服役しています。 さて、これからが本題となります。加害者側は任意保険に加入していました。2年経っても...

    1弁護士回答
  • 交通事故死亡事故に伴う訴訟のやり方について

    交通事故で母が亡くなりました。相続人は私と兄の二人ですが、兄とは離れて暮らしており、また、仲が悪いため、加害者側保険会社とどのような話になっているのか教えてもらえません。 また、...

    2弁護士回答
  • 老人ホームでの死亡事故

    さる1月下旬にある老人ホームにいた父が「具合が悪くなった」ということで病院に搬送され5日後に死亡しました。病院の医師の診断で死因に疑いがあり警察も介入し司法解剖の結果「死因は転...

    1弁護士回答
  • 交通死亡事故の裁判について

    はじめまして。 去年の12月下旬に兄が交通事故でなくなりました。 原因は乗用車の信号無視。 兄は信号待ち。 今現在弁護士の先生の選定中で1人の弁護士の先生にこういう場合は民事と刑事があ...

    3弁護士回答

法律相談を検索する

死亡事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...