交通事故慰謝料・損害賠償

弁護士監修記事 2017年12月27日

【交通死亡事故】加害者が任意保険未加入のとき賠償金を回収できるケース

交通死亡事故の加害者が任意保険に加入していなかった場合、自賠責保険だけでは賠償金を全額カバーできない可能性があります。 そうしたとき、遺族は自賠責保険を超える部分の賠償金を受けとることができるのでしょうか。「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答をまとめました。

目次

  1. 自賠責を超える部分の賠償金を加害者自身に請求できる?
  2. 放置していると時効にかかるケースも
  3. 人身傷害特約がある場合
  4. まとめ

自賠責を超える部分の賠償金を加害者自身に請求できる?

alt 死亡事故では、人身事故や物損事故と比べて、加害者に請求する賠償額が高額になる傾向があり、自賠責保険だけでは賠償金額全てを回収できない可能性があります。加害者が任意保険未加入だった場合、残りの部分を加害者自身に請求することはできるのでしょうか。

ひき逃げ犯の家族への損害賠償請求について


相談者の疑問
母がひき逃げで死にました。死亡後ひき逃げ犯がつかまったのですが、自賠責のみしか加入していなく、任意保険には未加入でした。

ひき逃げ犯には支払い能力がなく、ひき逃げ犯の家族に母が死亡したひき逃げの損害賠償金を請求したいのですが、知り合いにひき逃げ犯の家族には請求できないと言われました。

本当に出来ないのでしょうか。弁護士の先生方、教えてください。


今井 俊裕弁護士
運転者の家族、というくくりでは確かに請求はできません。しかしその自動車の「運行供用者」つまり管理して抽象的にでも法的に自動車を支配していたとみられる者がいれば、その運行供用者に請求できる余地はあります。

微妙な判断もあり得るので、詳細をご説明して弁護士にご相談ください。


齋藤 裕弁護士
自賠責を超える部分の賠償については、資産がない人から回収するのは難しい面はあります。

まずは財産の調査をしてみてはどうでしょうか。不動産があれば差押えができます。これは法務局で登記簿謄本をとって調査できます。その他でも差押え可能な財産があるかどうか、弁護士に相談し、調査した方がよいと思います

加害者が任意保険未加入で資産もなければ、自賠責保険を超える部分の賠償金を請求することは難しいでしょう。加害者が所有している不動産などの財産を差し押さえたり、自動車の運行共用者に請求したりすることで、賠償金を回収できる可能性あります。

放置していると時効にかかるケースも

alt 加害者が任意保険に入っていない場合、高額な賠償金を加害者本人から支払ってもらえるのか心配になるかもしれません。しかし、回収が難しいからといって放置していると、時効にかかってしまう可能性があるようです。

損害賠償請求。泣き寝入りするしかないのでしょうか?


相談者の疑問
母が昨年1月に相手の前方不注意運転で、歩行中に引かれ亡くなりました。相手は任意保険に入っておらず、自賠責保険で保険金がおりましたが、到底納得できません。

民事訴訟を考えておりますが、刑事裁判がありまして、相手は週3回透析を受け、生活保護を受給しているそうです。さらに、親、兄弟、友人、親戚など頼れる人もいないといってます。

しかし、母を引いた1か月後に車を購入し、常習的に運転していたようで、速度超過、無免許運転してで追起訴されていました。

1年半ほどたちますが、葬儀にも来ず、こちらが呼び出した2回目しか来ていませんし、誠意が全くありません。

相手の全財産を奪い去りたいと考えていますが難しそうです。泣き寝入りするしかないのでしょうか?


黒岩 英一弁護士
>泣き寝入りするしかないのでしょうか?

訴訟提起して判決を取っておけば、時効は10年になります。放っておくと、事故から3年で時効が成立します。

今後差押えや相続人への請求などを考えるのであれば、ダメ元でも訴訟提起しておいた方がいいでしょう。

交通事故の損害賠償請求の時効は、遺族が何もしなければ3年で成立してしまうようです。損害賠償請求の裁判を起こして判決を取っておくことで、時効を10年に引き伸ばせるようです。

人身傷害特約がある場合

alt 加害者が任意保険未加入でも、被害者が任意保険の人身傷害特約に加入しているケースでは、自賠責保険の補償範囲を超える部分を支払ってもらえる可能性があるようです。

交通死亡事故の示談について


相談者の疑問
交通死亡事故の示談についてお聞きしたいのですが、最近になって加害者の方が100万円払うから示談にしてほしいと言ってきました。

相手の方は任意の保険に未加入で自分が有利になることしか言わなかったので、私の保険屋さんに相談したところ、人身傷害特約というもので代わりに請求してくれることになり、相手の自賠責から2800万円と加害者から280万円請求していただきました。

この示談どうすればいいのでしょうか?


松本 篤志弁護士
ご自身でご契約の人身傷害保険を使って保険金を受領した場合、相手方に対する損害賠償請求権は、支払い済みの保険金額の限度で、任意保険会社に移転し(保険代位)、以降は任意保険会社が相手方に請求することになります。

この場合、あなたが相手方と独自に示談などすると、任意保険会社側からの請求権にも影響が出ますから、必ず任意保険会社に連絡などしておく必要があります。無断で示談などすることは絶対にお避けください。

加害者が任意保険未加入でも、被害者側の人身傷害特約を使って一定の補償を受けられる場合があるようです。

まとめ

加害者が任意保険未加入の場合、自賠責保険を超える部分の賠償金は加害者に直接請求できるようですが、相手に資産がなければ回収は難しいかもしれません。 場合によっては、加害者が所有している不動産などの財産を差し押さえたり、自動車の運行共用者に請求したりすることで、賠償金を回収できることがあるようです。 また、被害者側の人身傷害特約を使って一定の補償を受けられる場合もあるようです。

関連記事

慰謝料や損害賠償金額を計算する

計算機とお金の画像

交通事故被害の慰謝料・賠償金を計算できます 慰謝料・損害賠償金計算機

お悩みの解決策を探す

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

慰謝料・損害賠償を扱う弁護士を探す

交通事故慰謝料・損害賠償に関する法律相談

  • 休業損害請求について

    1 先日、10:0の事故にあい休業損害請求をしようと考えているものです。 (1)職業は自衛官で有給休暇を取得して通院しています。給料自体に減額はありませんが、休業損害を請求できますか...

    2弁護士回答
  • 日弁連の示談あっ旋で得られる増額

    お世話になります。 むち打ちで約半年通院した場合の自賠責基準の慰謝料に対して、日弁連の示談あっ旋を利用した場合の慰謝料の増額は、約10万円アップくらいが妥当でしょうか。 宜しくお...

    1弁護士回答
  • 交通事故前に労災認定で障害認定ありの慰謝料の請求について

    交通事故一カ月前に労災にて後遺症の認定あります。 そう言った場合、交通事故の損害賠償時の請求時に認定された障害分(パーセンテージ)を差し引いて請求されるのでしょうか?

    2弁護士回答
  • 損害賠償請求の死亡慰謝料について

    交通死亡事故で民事裁判を起こす予定です 弁護士に依頼してます 損害賠償の中で死亡慰謝料とありますが 2800万円で試算されてました 一般的な金額なのでしょうか? 弟 享年50歳 妻と未成年...

    2弁護士回答
  • 物損事故の場所がわからない場合どうすれば良いでしょうか

    先日のお話です。 会社の飲み会後、運転代行を呼び、帰宅しておりましたが、途中で寝てしまい、気がつくと知らないアパートの前で代行料金を払っていました。 その後、自分で運転してしまい...

    3弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

交通事故慰謝料・損害賠償の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...