弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

後遺障害等級

2017年09月27日

後遺障害等級認定までの手続きの流れ、結果に不満がある場合の対処法

交通事故に遭ってケガをしたとき、治療を続けても「これ以上よくならない」「将来も回復が見込めない」という状態(症状固定)になった場合でも、残った症状について「後遺障害」と認めてもられば、程度に応じて保険金を受け取ることができます。 後遺障害にはその程度によって等級があり、等級ごとに受け取れる保険金の額が定められています。重い障害が残った場合は、保険金が数千万円になることもあります。 この記事では、「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と、弁護士の回答をもとに、以下のポイントを解説します。

  • 後遺障害等級を認定してもらうための手続き
  • 認定してもらうためのポイント
  • 結果に不満がある場合の対処法

目次

  1. 後遺障害等級を認定してもらうための手続き
  2. 後遺障害として認定してもらうためのポイントは?
  3. 結果に不満がある場合の対処法
  4. まとめ

後遺障害等級を認定してもらうための手続き

alt 後遺障害の等級と障害の内容、保険金の額は、国土交通省の等級表に掲載されています。 後遺障害にあたるかどうかは、一般的には保険会社を通じて、損害保険料率算出機構という機関が調査・判断することになります。 では、後遺障害等級のいずれかに該当すると認めてもらうためには、具体的にはどのような手続きをすればよいのでしょうか?

後遺障害申請


相談者の疑問
後遺障害申請について今年3月に追突事故にあい、過失相手9私1で現在整形外科に通院しています。来月で6ヶ月になりますが、後遺障害申請は相手の保険屋さんが症状固定の際に申請するのですか?6ヶ月前にこちらから症状固定前に申請するのが良いのでしょうか?色々方法あるみたいですが、よくわかりません。


濵門 俊也弁護士
後遺障害の等級申請は、被害者側からも加害者側からもできます。ただ、後遺障害の等級申請は、症状が固定した後に請求します。「6ヶ月前にこちらから症状固定前に申請するのが良いのでしょうか」と書かれていますが、症状固定前に申請することはできません。


田奧 明生弁護士
事前認定(相手方任意保険会社を介してする後遺障害等級認定の申請)と被害者請求(任意保険会社を介さない後遺障害等級認定の申請)の違いは、

①事前認定だと、任意保険会社が余計な資料をくっつけて提出する可能性がある。
②被害者請求だと、後遺障害等級の認定がされたとき、自賠責保険の限度で損害の一部が前払いされる。任意保険会社とじっくり示談交渉ができる。

の二点です。

弁護士は、②をやります。ご自身でやるのは、相当程度労力と時間が必要でしょう。
費用対効果をご検討いただいて、弁護士を間に入れるか判断されて下さい。

後遺障害等級の申請は、「治療を続けてもこれ以上よくならない」(症状固定)という状態になってから行います。 申請方法としては、保険会社を介して申請をする「事前認定」と、保険会社を介さず被害者自身が申請する「被害者請求」の2パターンがあります。被害者請求の場合、認定されると賠償金の一部を前払いしてもらえるなどのメリットがあります。 被害者請求を自力で行うにはかなりの手間がかかる可能性があるので、弁護士に依頼することを検討してもいいでしょう。

後遺障害として認定してもらうためのポイントは?

alt 申請をすれば、どんな症状でも必ず後遺障害として認定されるとは限りません。認定にあたっては、どのようなポイントが考慮されるのでしょうか。

後遺障害認定について。


相談者の疑問
交通事故にあいました。被害者です。
私(バイク)相手(タクシー)で過失割合は85対15になりました。事故より5ヶ月が経ち相手保険会社から一方的に治療の打ち切りの要求がありました。整骨院で月に約16回治療し、整形外科で月に一度診察を受けていました。まだ痛みが治らないことを相手保険会社に伝えたら後遺障害認定を受けて下さいと言われました。すぐに整形外科にお願いしたところ「月に一回の通院ではまず認定されません。出すだけ無駄です。整骨院は医師でないので治療したことにはならないと言われました。」弁護士の無料相談にも行きましたが、弁護士特約に入ってないためかあまりやる気がないみたいで困ってます。まず弁護士先生にお願いすれば認定されやすいのでしょうか?


久保田 匡彦弁護士
整形外科への通院実績や、整骨院での施術に対する主治医の見解(医師免許を持った医師からの指示による施術なのか、医師の消極的同意ないし黙認のもとでの施術なのか、医師は施術に反対だったのか)といった点も後遺障害認定の際の考慮要素になります。

こういった観点からしますと、ご記載の内容を拝見する限り、後遺障害等級認定可能性は高いとは言えないような印象です。

ただ、もちろん、後遺障害等級認定の有無は、整形外科への通院実績だけで決まるものでもなく、画像所見の有無・神経学的所見の有無・画像所見と神経学的所見との神経学的整合性・その他各種事情にもよります。

後遺障害等級認定に精通した弁護士であれば、診断書やカルテを精査し、必要に応じて医師への医療照会等を行うなどすることで、後遺障害等級認定可能性を高めることができるかと思います(ただし、弁護士費用特約がないということですと、カルテ取得費用や医療照会費用等の各種費用は、後遺障害等級認定されなければ自腹確定=費用倒れということになる可能性があります。そういった費用の問題も含めて、まずはお近くの弁護士とよく相談の上で、どうするかを決めるべきでしょう。)。

後遺障害と認定してもらえるかどうかは、通院実績や主治医の見解、画像診断の結果など様々な要素を考慮して判断されるようです。 弁護士に依頼することで、認定の可能性が高まる場合もありますが、認定されなければ費用倒れになるリスクも考えられます。 事前に弁護士とよく話をした上で、依頼するかどうか判断するとよいでしょう。

結果に不満がある場合の対処法

alt 申請をしたけれど、そもそも後遺障害として認めてもらえなかったり、思っていたよりも低い等級と判断されたりして不満がある場合、結果に対して異議申立てをすることができます。

後遺障害認定非該当の場合には?


相談者の疑問
後遺傷害認定結果がやっと出ましたが、非該当との事でした。

左腕手首と首を痛めて、MRIでも明確な症状が見当たらないとの事でしたが、痛みが引かず、一年間通院しました。

現在も痛みが引かないでいます。納得はいかないのですが、意義申し立てをしてどのくらいの感じで、結果が覆るのでしょうか?

また、再度結果が出るまでに、どのくらいの期間が掛かるんでしょうか?


好川 久治弁護士
弁護士が医師との面談に同席して、画像所見やこれまでの治療経過を踏まえた医学的な所見を聴取してもらったほうがよいです。そのうえで、常時疼痛がなぜなくならないのか理由を意見書あるいは後遺障害診断書に再度記入してもらってください。首の関係なら、神経学的検査も追加で行ってもらって、その所見も記載してもらってください。あと、事故の衝撃の大きさ、通院の期間、治療経過も踏まえて医学的に説明可能な症状かどうかを代理人の先生に意見としてまとめてもらって異議を申し立てればよいでしょう。提出後、2、3か月くらいで結論はでると思います。


久保田 匡彦弁護士
弁護士と医師の直接面談の可否はさておくとして、医師と直接面会せずとも書面による医療照会を行うという方法もあります。交通事故に精通した弁護士であれば、当方に有利な回答を引き出せる可能性も十分あるでしょう。
また、この手の案件では、症状の一貫性や推移が問題となっていることが多く、その点に関する書式を医師に渡して書いてもらうという方法もあります。

細部状況が分からないので断言や保証はできませんが、「結果を覆すのは、無理」とは限らないような気がします。依頼中の弁護士と再度じっくり相談してみてはいかがでしょうか。

異議申立てにあたっては、医師の見解を聞いたり、追加での検査などを行い、その上で代理人弁護士を立てて、申し立てをすることになるでしょう。 必ずしも、医師と弁護士が直接会って話し合わなければならないわけではなく、書面でやりとりする方法もあるようです。 結果が出るまでにかかる期間としては、異議を申し立ててから2〜3か月を目安と考えるといいでしょう。

まとめ

後遺障害等級の申請は、「治療を続けてもこれ以上よくならない」(症状固定)という状態になってから行います。 申請する方法としては、保険会社を介して申請をする「事前認定」と、保険会社を介さず被害者自身が申請する「被害者請求」の2パターンがあります。 後遺障害の認定では、通院実績や主治医の見解、画像診断の結果など、様々な要素を考慮した上で、認定するかしないか・等級はどのくらいかといった点が判断されます。 弁護士に依頼することで、認定の可能性が高まる場合もありますが、認定されなければ費用倒れになるリスクも考えられます。 申請の結果に不満がある場合、異議申立てをすることができます。医師の見解を聞いたり、追加での検査などを行い、その上で代理人弁護士を立てて、申立てをすることになるでしょう。 結果が出るまでにかかる期間としては、異議を申し立ててから2〜3か月が目安と考えられます。

関連記事

知らなかったことで泣かないため 道しるべここにあります

交通事故被害に遭ったときに、
この先知っておくべき注意点解決までのステップが1ページでわかります。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

後遺障害等級認定を扱う弁護士を探す

後遺障害等級に関する法律相談

  • 症状固定1か月前の私に出来ることはありますか

    ちょっと考えすぎかもしれませんがアドバイスを宜しくお願いします。 バイクと車の事故で過失割合15:85の被害者側です。 事故当日に自分の車で、病院へ行き、全身打撲1週間の診断書を...

    2弁護士回答
  • 外傷性散瞳の後遺障害等級について

    こんにちは。 どなたか教えていただければと思い、投稿させていただきます。 以前に、子供が目をけがさせれられてしまい、現在も眼科通院中です。 ですが、秋頃に症状固定になり診断をい...

    6弁護士回答
  • 事故の後遺障害について。交通事故の被害者

    2年前の冬に交通事故に遭い、身体症状と精神症状を患いました。 詳しい内容は伏せますが、私に過失は一切なく、加害者が完全に悪いタイプの交通事故です。 昨年の末頃、身体症状の方が主治...

    6弁護士回答
  • 顔面瞼部の線状痕の神経症状は後遺障害認定となりますか?

    症状固定後の、顔面瞼部の線状痕(2cm)のピリピリするような引き攣れは、後遺障害等級14級9号に該当しますか? する場合は労働能力喪失期間は何年ですか? 外貌醜状で認定が難しいの...

    1弁護士回答
  • 鼻骨骨折の後遺障害等級は14級ですか?12級ですか?

    後遺障害診断書で、鼻骨の陥没は認められ、局部が症状固定後も痛む場合は、14級か12級のどちらでしょうか? 他にも顔面に2cmの縫合痕があり、こちらもピリピリとした引き攣れのような...

    2弁護士回答

法律相談を検索する

後遺障害等級の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...