過失割合

弁護士監修記事 2018年12月06日

自転車を運転中、一時停止無視の車と衝突…過失割合はどうなる?

自転車を運転中、一時停止をしなかった車と接触して事故が起きた場合、過失割合はどうなるのでしょうか。 また、事故で壊れた自転車の修理費用を請求できるのでしょうか。 ここでは、過失割合や自転車の修理費用の請求について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答をもとに解説します。

目次

  1. 一時停止しなかった車と自転車が接触 過失割合は?
  2. 壊れた自転車の修理代を支払ってもらえる?
  3. まとめ

一時停止しなかった車と自転車が接触 過失割合は?

alt 自転車事故の中には、一見すると自転車には回避しようがないと思われるケースも多々あります。例えば、路地から一時停止せずに出てきた車に衝突した場合でも、自転車に過失割合はつくのでしょうか。

自転車対自動車の接触事故の過失割合


相談者の疑問
妻が日中自転車で走行中、路地より停止なく出てきた自動車に側面をぶつけられられました。

妻は路地(幅3m程度)で車が見えたのでとっさにブレーキをかけ停止しましたが、車が側面に衝突、自転車に少し乗り上げて停止しました。幸い転倒したものの挟まれることなく打撲・擦り傷ですみましたが、自転車は全損です。

相手は、一時停止していないことやスピードを出していたことなど過失を全面に認めています。

しかし保険会社が「信号のない交差点での事故で0:100はありません。こちら側にも車が来るかも知れないと思わなければならない。車が見えたのに交差点に入ったこちらにも過失がある」と言うのです。相手の車の傷の修理代も1割みる可能性があるとも言いました。

保険会社の言う、信号のない交差点で車が見えていた場合、止まっていても交差点内に侵入した過失がある、という点に納得がいきません。示談も含め保険会社がやるので加害者に交渉もするなと言われています。


佐々木 光嗣弁護士
交通事故の事案を解決するにあたっては、裁判例の積重ねに依拠することが通例です。

自動車側に一時停止の規制があり、自動車が一時停止していなかったという前提で考えた場合、相場的な過失割合は自転車10:自動車90です。(別冊判例タイムズNo.38【243】)

交通ルールを守っていたのに過失を問われることは納得しにくいかもしれませんが、この過失割合というのは具体的に事故を回避するための注意負担の割合という観点から定まります。

自転車から自動車が見えていたのであれば、過失ゼロと主張するのはなかなか難しい印象です。

過去の裁判例などから考えると、車が一時停止をしなかったことで生じた事故でも、車の一方的な過失とはいえず、自転車にも10の過失がつくと考えられるようです。 今回の事例のように、自転車からも車が見えていたのであれば、自転車の過失を0と考えることは難しいといえるでしょう。

壊れた自転車の修理代を支払ってもらえる?

alt 自転車事故の場合、激しい衝突により自転車が壊れて、修理が必要になることもあります。事故の相手方に、修理費用を支払ってもらうことはできるのでしょうか。

交通事故補償について(自動車対自転車)


相談者の疑問
自転車で走行中、一時停止しない自動車と衝突。衝突時、車のボンネットに跳ね上げられたのですが、ケガもなく多少の打ち身ぐらいですみました。

しかし、乗っていた自転車が壊れ、自転車屋へ持ち込み見積もりをしてもらい、相手の保険会社に修理金額(購入金額と同じぐらいの金額です)を伝えると、自転車自体の価値が既にないから費用は出せないと言われました。

さらに、お互いの修理箇所はお互いに持ちませんかと言われました。

自転車の修理代は払ってもらえないのでしょうか?


湯本 良明弁護士
修理費用が事故時点での自転車の時価額を上回ってしまった場合(経済的全損といいます)、自転車の時価額の限度で賠償すればよいとするのが裁判実務です。

ですから、購入からかなりの期間を経過しているなどの事情があり、すでに自転車が無価値になっていると判断された場合は、賠償を受けられないということになります。

相手に請求できる金額は、自転車の時価額が限度となるため、時価額を上回る修理費用は請求できないようです。また、購入からかなりの期間を経過している自転車については、無価値と判断されることがあり、その場合は賠償を受けることが難しいといえるでしょう。

まとめ

今回は自転車事故における過失割合や修理費用などについて解説しました。 自転車と車との事故の場合は、過失割合については車の方が重くみられる傾向があるようです。ただ、車の方に事故の原因があると思えるような場合でも、必ずしも自転車の過失割合が0になるとは限らないようです。 事故で自転車が壊れた場合、修理費を請求することができますが、限度は自転車の時価額までです。修理費用全額の請求が認められない可能性もあることを理解しておきましょう。

関連記事

何をするべきか知りたい方へ

交通事故_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

状況別に知りたい方へ

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

過失割合を扱う弁護士を探す

過失割合に関する法律相談

  • 同幅員の交差点での出会い頭事故の過失割合について。

    同幅員の見通しの悪い交差点での事故についての過失割合について質問です。 道路の状況は、交通整理が行われていなく、両側一時停止指示がなく、見通しが悪く、同幅員で、交差点の交差部分...

    2弁護士回答
  • 優先道路走行中、信号のない交差点での事故の過失割合について

    交通事故です。 早朝車の流れに乗りながら優先道路(A)を通勤のため走行中、信号のない小さい交差する道路(B)から一時停止無視ノーブレーキでセンターラインをこえて、私の車の運転席側やや前...

    1弁護士回答
  • 直進バイクと対向右折車の事故

    先日、バイクで渋滞車線の路側帯を走行中 対向車線の車が突如右折してきたことによりバイク全損になる事故に会いました。 この場合7:3の割合が通常なようですが、 余地が広い場合は8:2のよ...

    1弁護士回答
  • ミラー同士の接触で逃げた場合

    ミラーがぶつかりました。 ・対向車と問題なくすれ違って走行が可能な幅の道路 ・右側に、建築中の家の大工さんのバンが停車していた ・こちらは、左側をそのまま直進 ・対向車が来たので徐...

    1弁護士回答
  • 歩行者同士の衝突による過失について

    先月、夜に大通りをランニングをしている最中、居酒屋から突然出てきた方と衝突してしまい相手に臀部打撲の怪我を負わせてしまいました。一方的に怪我を負わせてしまい大変申し訳なく治療費...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

法律相談を検索する

過失割合の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...