過失割合

2018年09月28日

車線変更が原因で事故が発生…過失割合はどうなる?3事例をもとに解説

交通事故が起こる原因の1つに、車線変更があります。

  • 車線変更中にウィンカーが切れて接触した
  • 車線変更した車同士が接触した
  • 追越しのために車線変更して接触した

上記のような事故の過失割合について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 車線変更中にウィンカーが切れて接触した
  2. 車線変更した車同士が接触した
  3. 追越しのために車線変更して接触した

車線変更中にウィンカーが切れて接触した

alt 車線変更をするときは、周りの車にそのことを知らせるためにウィンカー(方向指示器)を出さなければなりません。 事前に出したウィンカーが、車線変更中に切れてしまい、その後、直進車と接触した場合、過失割合に影響するのでしょうか。

車線変更時の事故、方向指示器による過失割合


相談者の疑問
事故の過失割合についてですが、車線変更をする際に、車線を変更する車の方向指示器が車線変更途中で合図が切れ直進車とぶつかった場合、過失割合は変化するのでしょうか?


松本 篤志弁護士
車線変更途中で合図が切れたことが、事故の発生に特に寄与したといえるかどうか、個別具体的な走行状況などから判断することになるでしょう。

その上で、通常は、車線変更先へ進路を変えて進入を開始した時に合図をしていたのであれば、進入先車線の後行車両も十分気を付けることができるのであって、途中で合図が切れたことは事故の発生には特段影響していないとして、過失相殺率に特段の影響を与えないことが多いように思われます。

▶ 過失割合を扱う弁護士を探す

車線変更した車同士が接触した

片側3車線の道路で、両サイドの車線から同時に中央の車線に車線変更した車同士が衝突した場合、過失割合はどうなるのでしょうか。

左右から同時に車線変更を行い接触した場合の過失割合について


相談者の疑問
先日、交通事故を起こしてしまいました。片側3車線以上ある道路での出来事です。時間帯は夕刻、交通量の多い道路で、私(A車)は左車線を走行していました。走行していた道路が左折レーンだったことから、中央車線にウインカーを出して車線変更をしました。

車線変更をした後、中央車線に入り少し走行したところで、トランクで物音がしたか、何かぶつかったような音がしました。フロントミラーを見ると、後続車(B車)が止まっており、運転手が何か合図をしていたため、ぶつかったのだと気づきました。

B車を運転していた運転手によると、B車は三車線の追い越し車線から走行車線(中央車線))に車線変更をしようとしたところ、右側車線から、すごい勢いで私が運転するA車が入ってきたとのことです。

私はB車のウインカーサインを確認することができなかったので、本当に何が起きたのか分からない状況でした。

この場合、過失の割合はどの程度になる可能性が高いのでしょうか。


齋藤 裕弁護士
車線変更同士の事故では基本50:50かと思います。

それが追突、つまりあなたの方が先に入っていたことであなたの方の過失割合が減ることになります。

それがどの程度なのか、相手方車がウインカーを出していたか、それをあなたが認識可能だったか、あなたが車線変更してからどの程度後に衝突が発生したかなどの事情で変わってくると思います。

ということでかなり大ざっぱな見方ですが、相手方60~70パーセントくらいの過失ではないかと見ます。

▶ 過失割合を扱う弁護士を探す

追越しのために車線変更して接触した

前の車を追い越すために車線変更したときに、前の車が車線をはみ出してきて接触した場合、過失割合はどうなるのでしょうか。

追い越し時の接触事故の過失割合


相談者の疑問
片側一車線道路で法定速度で走行、前方にトラックが走っていたため、交通規則通りにウィンカーを出し、右側反対車線から追い越しをしようとしました。

するとそのトラックがセンターラインをはみ出してきて、左側のサイドミラーにトラックのサイドボディが接触し、サイドミラーが一部破損しました。

過失割合はどのくらいになりますでしょうか?


松本 篤志弁護士
道路状況などにもよりますが、一般に、追越し禁止場所でない場所での同一方向進行中の事故であれば、追越し車80:先行被追越し車20が基本割合となります。

その上で、修正要素の検討となり、たとえば先行被追越し車が追い付かれても左に寄らなかった点につき10%責任が加重されるとなれば、追越し車70:先行被追越し車30ということになります。

ただ、上記は一例で、たとえば、接触が交差点付近で、先行被追突車が右折を試みた事故であるとか、さらには交差点以外での追越しで、先行被追突車が故意に(わざと)速度を上げたり右にハンドルを切って追越し車の妨害をしたための事故である場合だとか、事情によって、過失相殺の基本割合自体が変わってきます。

任意保険の契約があるのであれば、今後、過失相殺率についても任意保険会社側の見解もお聞きできるでしょうし、弁護士に相談する場合は実際の現場道路状況などを図面などで確認しながら相談するということをご検討ください。

▶ 過失割合を扱う弁護士を探す

慰謝料や損害賠償金額を計算する

計算機とお金の画像

交通事故被害の慰謝料・賠償金を計算できます 慰謝料・損害賠償金計算機

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 4

あわせて読みたい関連記事

交通事故で弁護士に依頼するときに「弁護士費用特約」を利用できるケース

交通事故の被害にあって保険会社(加害者)に賠償を求めて示談交渉などを進めていく際、弁護士に交渉を依頼することを考える人もいるでしょう。その際、保険...

交通事故紛争の交渉を弁護士に依頼するときに必要な費用の相場

交通事故の被害にあって保険会社(加害者)に賠償を求めて示談交渉などを進めていく際、弁護士に交渉を依頼することを考える人もいるでしょう。 この記事...

交通事故の被害回復を弁護士に依頼することのメリット

交通事故の被害にあって保険会社と示談交渉するとき、弁護士に交渉を依頼することで適切な賠償(保険金)を受けられる可能性が高まります。 * 交渉を任せ...

交通事故の賠償金はどう決まる?3つの基準とケーススタディ

「収入が途絶えた分は補償されるの?」「慰謝料はどのくらいもらえるの?」ーー。交通事故の被害を完全に回復して日常生活に戻るためには、お金の話は切って...

解決までの流れ

解決までの全記事

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 3

あわせて読みたい関連記事

交通事故で弁護士に依頼するときに「弁護士費用特約」を利用できるケース

交通事故の被害にあって保険会社(加害者)に賠償を求めて示談交渉などを進めていく際、弁護士に交渉を依頼することを考える人もいるでしょう。その際、保険...

交通事故紛争の交渉を弁護士に依頼するときに必要な費用の相場

交通事故の被害にあって保険会社(加害者)に賠償を求めて示談交渉などを進めていく際、弁護士に交渉を依頼することを考える人もいるでしょう。 この記事...

交通事故の被害回復を弁護士に依頼することのメリット

交通事故の被害にあって保険会社と示談交渉するとき、弁護士に交渉を依頼することで適切な賠償(保険金)を受けられる可能性が高まります。 * 交渉を任せ...

解決までの流れ

解決までの全記事

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 4

あわせて読みたい関連記事

交通事故で弁護士に依頼するときに「弁護士費用特約」を利用できるケース

交通事故の被害にあって保険会社(加害者)に賠償を求めて示談交渉などを進めていく際、弁護士に交渉を依頼することを考える人もいるでしょう。その際、保険...

交通事故紛争の交渉を弁護士に依頼するときに必要な費用の相場

交通事故の被害にあって保険会社(加害者)に賠償を求めて示談交渉などを進めていく際、弁護士に交渉を依頼することを考える人もいるでしょう。 この記事...

交通事故の被害回復を弁護士に依頼することのメリット

交通事故の被害にあって保険会社と示談交渉するとき、弁護士に交渉を依頼することで適切な賠償(保険金)を受けられる可能性が高まります。 * 交渉を任せ...

交通事故の賠償金はどう決まる?3つの基準とケーススタディ

「収入が途絶えた分は補償されるの?」「慰謝料はどのくらいもらえるの?」ーー。交通事故の被害を完全に回復して日常生活に戻るためには、お金の話は切って...

解決までの流れ

解決までの全記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

過失割合を扱う弁護士を探す

過失割合に関する法律相談

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む