過失割合10対0の交通事故で治療を受けるときに相手方の任意保険会社とやり取りする場合のポイント

過失割合10対0の交通事故でケガの治療をする際に、相手方の任意保険会社から、以下のような連絡が来た場合、どのように対応すればよいのでしょうか。

  • 「健康保険を使ってほしい」と言われた
  • 同意書が送られてきた
  • 労災保険を使うよう勧められた

この記事では、任意保険会社とのやり取りについて「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答をもとに解説します。

目次

  1. 自由診療と健康保険、どちらで治療を受けるべき?
  2. 同意書を提出したら治療費を打ち切られる?
  3. 労災保険を使うよう勧められたら?

自由診療と健康保険、どちらで治療を受けるべき?

過失割合が10対0の交通事故で、被害者が治療を受ける際に、任意保険会社から「健康保険を使ってほしい」と言われることがあるようです。 自由診療と健康保険、どちらで治療を受けた方がよいのでしょうか。

交通事故健康保険利用について

相談者の疑問 先日、当方自転車走行中に自動車との交通事故に遭いました。過失割合は10対0(当方0で相手方10の比率、相手方加入保険会社了承済み)手術・入院を行い、現在リハビリのため、通院中です。

任意保険会社担当者から治療費は健康保険を使用してほしいと依頼されております。過失比率から考えると自由診療で治療費支払いを行った方がよいのではないかと考えておりますが、健康保険を利用したほうがよいのでしょうか。

好川 久治の写真 弁護士の回答好川 久治弁護士 10対0事案で、加害者が対人無制限の任意保険に加入しているなら、自由診療でもデメリットはないと思います。

保険会社が症状固定時期を争い治療費を打ち切った場合は、健康保険を利用して自己負担額を抑えるメリットはあります。

▶ 人身事故を扱う弁護士を探す

同意書を提出したら治療費を打ち切られる?

保険会社から「同意書」が送られてきた場合、サインをして返送すると、治療費の支払いに影響が出るのでしょうか。支払いを打ち切られてしまう可能性はあるのでしょうか。

交通事故後に相手保険会社から送られてきた同意書について

相談者の疑問 約1週間前に、車で信号待ち中に相手車に追突され、むちうちと腰が痛くなりました。過失割合は相手10:私0です。医師の診断では、頸椎および腰椎捻挫で、全治1週間見込みでした。

警察へ届け出をし、人身事故扱いとなってます。被害者加害者ともに任意保険加入してます。私の保険内容に弁護士特約がついており、弁護士の方にご協力願おうと思ってます。

相手保険会社から、個人情報の取り扱いについての同意書が届いたのですが、「相手保険会社と医師との直接面談」「診断書などを自由に貸与、提供できる」といった文言が入っており、本人度外視で治療打切りにされてしまうのではと不安になっております。

同意書の文章内容に不安があるのですが、保険支払の為に早急にサインして返送した方がよいのでしょうか?また、今後の示談交渉を見据えて、病院で使う保険に関しては健康保険を使った方がよいのでしょうか?

岡村 茂樹の写真 弁護士の回答岡村 茂樹弁護士 相手の保険会社が医療機関に治療費を支払ったり、治療状況を知るために、「同意書」の提出が必要になります。

同意書の提出により、いたずらに治療を制限されることは、原則ありません。

▶ 人身事故を扱う弁護士を探す

労災保険を使うよう勧められたら?

相手方の任意保険会社から労災保険を使うよう勧められた場合、労災保険を使った方がよいのでしょうか。デメリットはないのでしょうか。

交通事故、相手の任意保険屋が労災使って下さい。

相談者の疑問 この案件は労災?任意保険?どうすればよいのでしょうか?

事故にあって3か月が経ちます。仕事の帰りの事故です。事故の状況は相手のセンターラインオーバーで、衝突横転する激しい事故でした。過失割合は相手10、こちらは0です。怪我は頚椎捻挫、左ひじ打撲傷、早い段階で腰椎ヘルニアとの診断されて、手術適応との診断でした。

入院して手術すると相手の任意保険に連絡すると、健康保険を使ってもらいたい変性の場合、こちらの負担もあるかもしれないので、そうした方がよいと言われました。

すると数時間後に保険屋から、「そう言えば通勤災害でしたよね?労災使うのも検討して下さい」と言われました。

過失が0での労災保険と任意保険、どちらがメリットありますか?デメリットもあれば教えて下さい。

好川 久治の写真 弁護士の回答好川 久治弁護士 労災保険の支給を受けて損はありません。特にデメリットもないのではないでしょうか。

労災には損害の填補以外の特別給付金もありますので、先に支給を受けてもよいと思います。

▶ 人身事故を扱う弁護士を探す

記事のタイトルとURLをコピー

慰謝料や損害賠償金額を計算する

お悩みの解決策を探す