弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

交通事故

2018年03月02日

「交通事故証明書」を取得するためにおさえておくべきポイントと手続きの流れ

交通事故の保険金を支払ってもらうためには「交通事故証明書」が必要です。交通事故証明書は、「交通事故があった」という事実を証明する書類で、保険金の請求をはじめ、さまざまな場面で必要となります。

  • 交通事故証明書とはどんな書類なのか
  • 交通事故証明書を取得する際の注意点
  • 交通事故証明書を取得する方法と手続きの流れ

こうしたポイントについて詳しく解説します。

目次

  1. 「交通事故証明書」とは?
  2. 交通事故証明書を申請できる人
  3. 申請方法と手続きの流れ
  4. 交通事故証明書を発行してもらえる期限

「交通事故証明書」とは?

交通事故証明書は、「交通事故があったこと」を証明する書類で、「自動車安全運転センター」という機関が発行しています。 交通事故を警察に届け出ると、警察は、実況見分や現場の確認などをおこない、資料にまとめます。交通事故証明書は、この資料をもとに作成されています。 そのため、警察に事故を届け出ておかないと、発行してもらうことができません。 交通事故証明書は、保険会社に保険金を請求するときや、裁判になったときなど、さまざまな場面で必要になる重要な書類です。 どんな軽微な事故でも、交通事故にあった場合は、必ず警察に連絡するようにしましょう。 実際に発行される交通事故証明書の見本は、こちらで確認することができます。

交通事故証明書を申請できる人

交通事故証明書の発行を申請できるのは以下の人です。

  1. 交通事故を起こした加害者
  2. 交通事故の被害者
  3. 交通事故証明書の交付を受けることについて正当な利益がある人

「正当な利益がある人」とは、たとえば、被害者が未成年の場合の親権者や、保険金の受取人などです。この他、代理人が申請する場合は、委任状が必要です。

交通事故に関わる書類の申請は、加害者や加害者が加入している任意保険会社が行ってくれることが一般的です。加害者側が協力しない場合や、自賠責保険に被害者請求を行うときは、被害者が発行の手続きをすることになります。

申請方法と手続きの流れ

申請の方法は3種類あります。 alt

ゆうちょ銀行・郵便局で申し込む

申込み用紙は、自動車運転安全センターの事務所か、最寄りの警察署、交番、駐在所などで手に入れることができます。 必要事項を記入して、最寄りのゆうちょ銀行・郵便局に手数料を添えて申し込みましょう。 交付手数料は1通につき540円です。この他、払込手数料がかかります。一回の申込みで同一の証明書は何通でも発行してもらうことができます。ただし、交付手数料は1通ごとに加算されます。 交通事故証明書は、申請した人の住所か、郵送を希望する宛先へ郵送してもらうことができます。

自動車安全運転センター事務所窓口での申込み

自動車安全運転センターの窓口で、窓口にある申請用紙に必要事項を記入の上、交付手数料を添えて申し込みます。 申請用紙の書式は、都道府県ごとに異なります。ここでは、東京都の書式をリンクで紹介しておきます。 交通事故に関する資料が警察署から届いていれば、原則として即日発行してもらえます。 まだ警察から交通事故に関する資料が届いていない場合は、後日、申請者の住所か、郵送を希望する宛先に郵送してもらうことができます。 交通事故の発生場所がどの都道府県であっても、最寄りの自動車安全運転センター事務所で申し込むことができます。ただし、その場合は後日郵送されることなるのが一般的です。 申請書1通で何通でも申込みが可能である点は、ゆうちょ銀行・郵便局と同じです。

インターネットからの申込み

自動車安全運転センターのホームページの中にある申請ページから申請します。 インターネットによる申請には以下のような注意事項があります。

  • 交通事故の当事者本人(被害者・加害者)以外は申請できません。
  • 交通事故発生時に警察に届け出た住所に現在も住んでいる場合に限り、申請できます。

申込み方法の流れは以下の通りです。

  1. 自動車安全運転センターのホームページの中にある申請ページに必要事項を入力して、交通事故証明書の発行を申し込みます。
  2. 申込みが完了すると、メールが送信されてくるので確認します。
  3. 交付手数料を支払います。1通につき540円で、コンビニ、金融機関のペイジー、ネットバンキングを利用して支払うことができます。
  4. コンビニから支払う場合は、払込手数料として1通につき130円かかります。ペイジー支払いなどの場合は各金融機関への払込手数料が必要です。
  5. 交付手数料などの支払いは申込みから7日以内に行う必要があります。7日を過ぎると自動的にキャンセル扱いになります。
  6. 交通事故証明書は、原則として入金が確認されしだい郵送されます。

交通事故証明書を発行してもらえる期限

交通事故証明書は、人身事故については事故の発生から5年、物損事故については事故の発生から3年経過すると、原則として発行してもらうことはできなくなります。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

知らなかったことで泣かないため 道しるべここにあります

交通事故被害に遭ったときに、
この先知っておくべき注意点解決までのステップが1ページでわかります。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故を扱う弁護士を探す

交通事故に関する法律相談

  • 交通事故 労災と任意保険の併用で損はないか

    交通事故

    主人34歳が、9/13に人身事故に遭いました。 主人は歩き、相手はバイク。 駅近くの交差点での事故です。 主人は事故時の記憶がなく、警察からは通勤中に横断歩道以外の場所(横断歩道と横断歩...

    2弁護士回答
  • 因果関係否定の手術なし手術あり

    交通事故

    後遺障害認定後に手術をおこないました。相手の保険会社より示談の為に医療機関に照会をしたいとの連絡がありました。手術はtfcc損傷に伴う手術で、障害認定表の文章によると事故との因果関...

    2弁護士回答
  • 交通事故での保険会社の対応の悪さについて。

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償

    自動車同士の接触事故で私は頚椎捻挫等々の怪我をしたのですが、相手は現場から逃走。 その後相手を見つけ人身事故で処理済。お互い連絡先住所等交換。 事故当日整形外科を受診、医師の指...

    2弁護士回答
  • 後遺症障害異議申し立てについて

    交通事故後遺障害後遺障害認定

     こんばんはよろしくお願いいたします。 交通事故にあい後遺症障害を出したのですが、認定されず異議申し立てをして下さいと、弁護士に頼みました。  異議申し立てをすると、料金も高くな...

    3弁護士回答
  • 対人賠償慰謝料の提示金額が妥当か知りたいです。

    交通事故

    先日追突事故に合いました。 過失割合は全面的に相手側が悪く10・0です。 頚椎捻挫と背部挫傷で 7月2日の事故日から8月15日まで16日間病院に通い、治療を終了して示談交渉に入り始めてます。...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

交通事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...