後遺障害の認定審査をしていない事の証明がしたいです

公開日: 相談日:2020年10月07日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

後遺障害事案整理票と言う書類がある事を最近知りました。何が書いてあるのかが分かりませんが、その書類でまだ後遺障害の認定をしていない事の証明は可能でしょうか?

962175さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    福岡県6位

    櫻井 正弘 弁護士

    注力分野
    交通事故
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    後遺障害事案整理票は、後遺障害認定に際し、自賠責保険調査事務所が調査した内容(初診時傷病名、初期の病状および態様、治療経過など)を記載した書類です。
    これは、後遺障害について認定がなされたときに作成されるものですので、存在するとしたら後遺障害の認定がなされていることになります。
    つまり、認定をしていないことの証明にならないどころか、逆の事実を示す証拠になります。

  • 相談者 962175さん

    タッチして回答を見る

    すいません、説明が足りなかったですね。
    現在頸椎捻挫の14級9号が事前認定にて認定されています。
    高次脳機能障害についてはまだ結果が出てないはずなのに、相手方(加害者側)の弁護士さんから「非該当であった」と言われて、債務不存在を立てられています。
    困ったのが、裁判官さんも「弁護士さんが非該当って言ってるから非該当なんだよ」と言われました。
    そこで、もしかしたら整理票を入手出来ればまだ結果は出ていない事の証明が出来るのでは?と思い、こちらへ相談しました。

  • 弁護士ランキング
    福岡県6位

    櫻井 正弘 弁護士

    注力分野
    交通事故
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    であれば、訴訟上で自賠責保険の一件資料の文書送付嘱託申立を行うことをおすすめします。
    なお、自賠責保険が高次脳機能障害の認定をしていても、裁判所が高次脳機能障害残存なしと判断すれば裁判所の考えが優先されるので、きちんとした主張立証が必要です。

  • 相談者 962175さん

    タッチして回答を見る

    度々ありがとうございました。
    1度文書送付嘱託申立を調べて、検討してみようと思います。

この投稿は、2020年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから