人身事故における刑事責任について

先日人身事故を起こしてしまいました。
私は今まで前科前歴無し、無事故無違反です。

バイク対自転車の出会い頭で、信号や一時停止は共に無い交差点です。
双方低速ではありましたが車重や体格に勝る私側は全くの無傷だったものの、相手方がバランスを崩して転倒し、頭を打ったという状況です。
病院から帰られた被害者の方と話して、現状の相手方の体の状態や民事的責任としては自賠責保険及び任意保険で対応する旨を伝えました。
具体的な過失割合に関しては現在任意保険の事故担当の方と話し合っています。
民事責任に関してはしっかりと被害者の被害が救済されるよう保険を主とした被害回復や被害者への謝罪のため自宅へ行くなど誠意ある対応を心がけています。

こちらからが本題です。
民事責任は保険でカバーが効きそうですし、行政責任は30日免停の当落線上(4点から8点の間)及び安全運転義務違反の反則金と考えられます。
その上で刑事責任についてお聞きします。

刑事責任の流れは 警察署へ出頭し改めて事情聴取→書類が整いしだい検察へ書類送検→起訴か起訴猶予か決定という流れで間違いが無いでしょうか?

また今後の刑事責任において起訴猶予もしくは起訴→略式裁判となる事が考えられます。
自動車運転過失致傷における起訴率は10%程度との事ですが起訴される要素不起訴になる要素にはどういった物が挙げられますでしょうか?

最後にですが、収入が低くお金が無いからこそ任意保険に入ってました。これだけは本当に良かった事だと思っています。
ですが、起訴された場合金額にもよりますが労役場留置になってしまいそうな程度にはお金がありません。
起訴されてしまいましたらそれも受け入れる覚悟ですが、起訴猶予に向けてどのように動いていけば良いでしょうか?

b4_f6a3さん
2019年04月28日 04時50分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
> 刑事責任の流れは 警察署へ出頭し改めて事情聴取→書類が整いしだい検察へ書類送検→起訴か起訴猶予か決定という流れで間違いが無いでしょうか?

検察官の判断としては、正式起訴(公判請求)、略式起訴(罰金)、不起訴処分(起訴猶予)が考えられます。

> 自動車運転過失致傷における起訴率は10%程度との事ですが起訴される要素不起訴になる要素にはどういった物が挙げられますでしょうか?

示談の有無、ケガが軽重、前科の有無、等でしょうか。

> 起訴されてしまいましたらそれも受け入れる覚悟ですが、起訴猶予に向けてどのように動いていけば良いでしょうか?

弁護士に入ってもらうことは考えられます。


2019年04月28日 05時28分

b4_f6a3 さん (質問者)
ご回答、ありがとうございます。

示談は任意保険に入っているため、最終的には行われるだろうと思います。
ケガは歩いて帰れるレベルのケガですが診断書はまだ出てないようです。
誠意や反省を被害者の方に伝えて警察に提出する診断書をなるべく短い治療日数で書いていただけるよう被害者の方に頼むのはありでしょうか?

弁護士に入っていただきたい所ではありますが、金銭的に厳しい次第です...

地獄の沙汰も金次第という諺もありますが、どうにか起訴猶予になりたい次第です。

2019年04月28日 05時52分

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
お困りかと思いますので、お答えいたします。
> 私は今まで前科前歴無し、無事故無違反です。
→この点は一番大きいと思います。

> 双方低速ではありましたが車重や体格に勝る私側は全くの無傷だったものの、相手方がバランスを崩して転倒し、頭を打ったという状況です。
→一方的な過失ではない可能性もありますね。

> 病院から帰られた被害者の方と話して、現状の相手方の体の状態や民事的責任としては自賠責保険及び任意保険で対応する旨を伝えました。
→任意保険に入っているので、被害弁償はされることになりますね。

> 民事責任に関してはしっかりと被害者の被害が救済されるよう保険を主とした被害回復や被害者への謝罪のため自宅へ行くなど誠意ある対応を心がけています。
→誠意も示していますね。

> 刑事責任の流れは 警察署へ出頭し改めて事情聴取→書類が整いしだい検察へ書類送検→起訴か起訴猶予か決定という流れで間違いが無いでしょうか?
→そうですね。起訴には罰金(略式)、正式裁判があります。

> 起訴される要素不起訴になる要素にはどういった物が挙げられますでしょうか?
→今回は、前科もなく、任意保険に加入されており、一方的過失とまではいえないようですので、基本的には、相手方のお怪我の状況が大きい要素となるようにも思います。

> 起訴されてしまいましたらそれも受け入れる覚悟ですが、起訴猶予に向けてどのように動いていけば良いでしょうか?
> 誠意や反省を被害者の方に伝えて警察に提出する診断書をなるべく短い治療日数で書いていただけるよう被害者の方に頼むのはありでしょうか?
→交通事故の治療には時間がかかりますので、治療を要する期間については、初期の診断書などに基づいて判断されることも考えられます。保険会社がすでに入手している可能性もありますので、お尋ねになられるとよいと思います。そのほか、保険会社と相談しながら、保険以外に、見舞金などをお支払いする例もありますし、保険適用がされるということで、不起訴となるよう嘆願するという被害者の嘆願書を提出するという例もあります。

一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

2019年04月28日 08時03分

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1 交通事故に注力する弁護士
ありがとう
> 刑事責任の流れは 警察署へ出頭し改めて事情聴取→書類が整いしだい検察へ書類送検→起訴か起訴猶予か決定という流れで間違いが無いでしょうか?
> おおむねそうです

> また今後の刑事責任において起訴猶予もしくは起訴→略式裁判となる事が考えられます。
> 自動車運転過失致傷における起訴率は10%程度との事ですが起訴される要素不起訴になる要素にはどういった物が挙げられますでしょうか?
傷害の程度、過失の大きさが重要です
>
> 最後にですが、収入が低くお金が無いからこそ任意保険に入ってました。これだけは本当に良かった事だと思っています。
> ですが、起訴された場合金額にもよりますが労役場留置になってしまいそうな程度にはお金がありません。
> 起訴されてしまいましたらそれも受け入れる覚悟ですが、起訴猶予に向けてどのように動いていけば良いでしょうか?

保険金の支払い状況については適時検察に情報提供しましょう
あとはお見舞いなど誠意も尽くしましょう

2019年04月28日 08時41分

b4_f6a3 さん (質問者)
ご回答、誠にありがとうござます。
今回の事件における今後の流れは被害者のケガの状況が重要な位置を占めている事は承知しております。
扱いとしては15日以内での専らとなれば5点(3+2)加点+反則金7000円(2輪車のため)で済みますが、16日以上ですと、8点(6+2)加点(免停、前歴1)+反則金7000円+起訴時略式裁判で罰金20万前後が想定されると大きな差があると思われます。

お互い動いてはいましたが、修正が入りますと9:1、10:0になる可能性があります。
刑事の場合民事の場合共に責任割合は同じような見方で判定となるのでしょうか?

本日菓子折りを持ってお見舞いに行く予定です。
また、保険会社と相談してお見舞金等は出せるかどうかを確認していきたい所存です。

その上で、全体的に前科前歴無事故無違反といった情状や民事責任をとれるという点では有利でありますので、
本日謝罪とお見舞いの際にまだ警察へ提出する見込みの診断書の治療日数について可能であればお医者様の診断書を14日以内で出して頂けるよう被害者の方へお力添えを頼みに行きたいと思います。

民事の面では被害者の方や保険会社の方と連絡を密にとって最大限の救済がなされるよう努力する予定です。
また行政、刑事の面では今後警察署において取り調べがあると思われますが、その際には誠意や警察官の心証のためにも自己の記憶にしたがってありのままに供述をしていきたいと思います。
その上で送検された場合、被害救済がなされた事による被害者の方の不起訴嘆願書を書いていただけるよう努力していきたいと思います。

2019年04月28日 11時54分

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 交通事故に注力する弁護士
ありがとう
こちらでも相談しながら、がんばってくださいね。

2019年04月28日 12時11分

この投稿は、2019年04月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

何をするべきか知りたい方へ

交通事故_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

状況別に知りたい方へ

関連度の高い法律ガイド

交通事故裁判の流れ・期間・費用と遅延損害金について - 示談がまとまらないときの対処法

交通事故の被害者となり、保険会社と慰謝料や過失割合で示談しているものの、納得できない条件でまとまらないということも多いでしょう。裁判を起こす...

【死亡事故】実刑か執行猶予か…加害者の処罰に影響すること【弁護士Q&A】

交通死亡事故の加害者には、刑事上どのような処罰が下されるのでしょうか。執行猶予がつくのか、それとも実刑になるのか、遺族としては気がかりかもし...

物損事故から人身事故に切り替えられたら刑事責任を問われる?

物損事故として処理されていたのに、後から被害者が人身事故に切り替えた場合、加害者は刑事責任を問われて前科がつくのでしょうか。このような疑問に...

この相談に近い法律相談

  • 交通事故の刑事裁判について

    交通事故を起こしてしまい10-0でこちらが悪かったのですが、その結果、自動車運転過失致死傷?ということになり裁判を受けることになりました。その為、弁護士に知り合いがいなかったため国選弁護士に依頼しました。そこで先生方に質問があります。 1・起訴状が来たのでこの場合の裁判は刑事裁判だと思うのですがほんとに刑事裁判なの...

  • 人身事故の刑事罰について

    身勝手な質問で申し訳ありません。 車対車の人身事故についてご教授ください。 私の不注意で赤信号を見落とし、交差点に進入してしまい人身事故をおこしてしまいました。 過失は10割私にあります。 相手運転手は足首打撲の全治1週間で、お詫び等は誠心誠意行い、示談はまだながら、お許しはいただいています。 私には前科前...

  • 人身事故の刑事処分に関して。

    前回も同じ事故でご相談させていただいています。事故状況は乗用車のUターン中に対向車線のバイクと衝突しました。どちらも信号は青ですが相手が直進のバイクですので私に非があるように思います。その後、違反者講習の通知(黄色)が届き講習を受けました。その時点で行政処分はすんでいると思います。 その後、検察庁から通知が来ま...

  • 人身事故の刑事罰について

    8月末に未成年の息子が起こした人身事故の行政処分は先月累積点数通知書にて5点に確認出来ていますが、未だに刑事罰の通知が家庭裁判所から届きません。親の調書作成の為に警察に行った時は(9月中旬)10月に入ったら裁判所に出すから11月くらいかなと言われました。まだかかるものですか?

  • 交通事故の刑事裁判

    交通事故の被害者遺族です。 刑事裁判に向けて、検察での聴取に望む前です。 遺族が裁判に参加出来る制度があると説明されました。 また、参加する方々は弁護士を依頼する方が大半だという事も。 刑事裁判において、被害者から主張できるのは、 量刑への希望以外に何かあるのでしょうか? 何をしてもらえるのか分からず、弁護...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通事故裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  2. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  3. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  4. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  5. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  6. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  7. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。