1. 弁護士ドットコム
  2. 交通事故
  3. 交通事故裁判
  4. 裁判所が客観的事実と異なる事実認定をして申立を却下したときの対応

公開日:

裁判所が客観的事実と異なる事実認定をして申立を却下したときの対応

2017年12月01日
ベストアンサー
高裁は文書提出命令申立を却下する理由として,警察が設置・運用する設備Xは「事件当時に存在しなかったと認められる」と述べます。
ところが同認定は,高裁が23条照会に対する警察署長の回答を誤読したことによるものであり,後に警察本部長はXが存在していた旨の情報を公開したので,これが真実であると認められます。

高裁がXは存在しなかったと認定することは本案において被控訴人国,同自治体に利益となります。
本件裁判体を構成する裁判官が被控訴人らと特別な関係があるかは知りませんが,同決定は「偏頗・不公平な裁判がされる懸念を控訴人に起こさせるに足りる事情」に当たると考えます。

Q1 裁判官全員に対して忌避を申し出ようかと考えますが,いかがでしょうか。
Q2 少なくとも高裁が警察署長の回答を誤読したことは職務行為基準に違反すると考えますが,どのように対処すればいいでしょうか。



相談者(610083)の相談

みんなの回答

石田 岳彦
石田 岳彦 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> Q1 裁判官全員に対して忌避を申し出ようかと考えますが,いかがでしょうか。

 一般論として、裁判官の訴訟指揮を理由とする忌避申立が認められる可能性は低いです。

> Q2 少なくとも高裁が警察署長の回答を誤読したことは職務行為基準に違反すると考えますが,どのように対処すればいいでしょうか。

 誤読であることを裁判官に納得させられるだけの十分かつ客観的な証拠が存在するのであれば、その旨を指摘したうえで、再度、申し立てを行われるべきでしょう。

2017年12月04日 13時41分

相談者(610083)
石田先生

ご回答ありがとうございます。

>> 誤読であることを裁判官に納得させられるだけの十分かつ客観的な証拠が存在するのであれば、その旨を指摘したうえで、再度、申し立てを行われるべきでしょう。

誤読である理由を述べ,警察本部長が発するXの存在を記載する文書を添えて許可抗告を申立てましたが,高裁は理由を付さずに却下し,本案は結審しました。

許可抗告却下に対して不服を申出る手続きがあるでしょうか。

2017年12月06日 08時44分

この投稿は、2017年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

交通事故裁判の流れ・期間・費用と遅延損害金について - 示談がまとまらないときの対処法

交通事故の被害者となり、保険会社と慰謝料や過失割合で示談しているものの、納得できない条件でまとまらないということも多いでしょう。裁判を起こす...

【死亡事故】実刑か執行猶予か…加害者の処罰に影響すること【弁護士Q&A】

交通事故で被害者が死亡した場合、加害者には刑事上どのような処罰が下されるのでしょうか。執行猶予がつくのか、それとも実刑になるのか、遺族として...

やること診断

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 裁判所が被告に利益となる証拠の採否をするとき

    A 被告の不法行為(暴行)を記載する複数の警察の捜査書類について文書提出命令を申立てたところ不採用とされました。 B 「暴行はしていない」と虚偽の主張をする被告に対する本人尋問は不採用とされました。 そうすると裁判官は被告の主張に沿って「不法行為はない」と事実認定するおそれがあります。もちろん原告の主張が認めら...

  • 検察官の違法を争う事件の裁判長が検事を10年以上務めた者であるときは

    検察官に違法があったと主張する事件について,検事を2年経験する地裁裁判官が請求を棄却したため控訴したところ,今度は検事を10年以上経験する高裁裁判官が裁判長になりました。 一方の当事者が裁判官の退官後の就職先に決まっているときは忌避または除斥事由に当たるとされた事例があったと思います。 常識的に考えて前記事...

  • 裁判官及び元裁判官に対する証拠申出をするとき

    国賠訴訟の原告本人です。 裁判官及び元裁判官に対する証拠申出が採用されるよう以下の記述を添えたいと考えます。 お気づきの点があればご指摘ください。 1 民訴法190条は「何人でも証人として尋問することができる」旨規定し,「特別の定め」に当たる法定の除外事由もない。裁判官という社会的身分を理由に証人尋問しないこ...

  • 行政手続きの瑕疵

    住んでいる市で、小学校の移転が行われました。市では、小学校の移転は、市の附属機関条例で設置された審議会の答申を受けることが手続きとして設けられていましたが、審議会は開催されず、答申は得ておりません。 工事着工前から、住民監査請求を起こしましたが、監査委員が監査を却下して監査せず、さらに住民訴訟も起こしましたが...

  • 家事事件の公示送達についての効力はありますか?

    よろしくお願いいたします。 現在、審判前の保全処分(親権者の変更)と審判前の保全処分(面会交流)とそれぞれの本案の申立を考えています。 すでに離婚訴訟により離婚が成立しており、元妻の住所は分からない状態で、親権者は元妻です。 住民票も異動されていませんので、送達は公示送達、もしくは、裁判所の職権による居所調査...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

交通事故裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。