ベストアンサー

交通事故の裁判です。最高裁への再度上告できますか?同じ加害者を別の理由でもう一度裁判できますか?

平成21年の交通事故の裁判で今年の2月に高裁の最終判決が出ました。
判決で頚椎椎間板ヘルニアは認めてもらったのですが、脳脊髄液漏出症は疑いだけで、鬱に関しては診断書を出しているにも関わらず、判決文には一切記載されておらず、最高裁にも上告したのですが却下されました。
今でも頭痛や体の痛みがひどく、医大に通院していたのですが別の病院を紹介され、そこで確実な髄液漏れの診断があり、事故の影響と診断もありました。
今月末に入院し、ブラットパッチを行う予定です。

そこで質問ですが、症状が疑いから確実になったのですが、もう一度最高裁に上告(再審)は可能でしょうか?
また最高裁がダメなら、この症状(髄液漏れ)に対し、加害者を訴え直す(最初から)ことは可能でしょうか?

よろしくお願いします。
相談者(606036)からの相談
2017年11月18日 21時29分

みんなの回答

藍原 義章
藍原 義章 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
高裁の判決後に、髄液漏れの診断がされたのでしょうか?
質問内容からすると、そのように読め、そして、口頭弁論終結後に分かった事情なので、その症状について、訴えることは可能です。
なかなか難しい事件のようですから、弁護士に相談することをお勧めします。

2017年11月20日 23時56分

この投稿は、2017年11月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

交通事故裁判の流れ・期間・費用と遅延損害金について - 示談がまとまらないときの対処法

交通事故の被害者となり、保険会社と慰謝料や過失割合で示談しているものの、納得できない条件でまとまらないということも多いでしょう。裁判を起こす...

【死亡事故】実刑か執行猶予か…加害者の処罰に影響すること【弁護士Q&A】

交通事故で被害者が死亡した場合、加害者には刑事上どのような処罰が下されるのでしょうか。執行猶予がつくのか、それとも実刑になるのか、遺族として...

頭を負傷し「脳脊髄液減少症」に…後遺障害等級認定受けられる?

交通事故で頭に強い衝撃を受けると、症状固定(これ以上治療を続けてもよくならない状態)後も、様々な症状が残ることがあります。この記事では、「脳...

交通事故後から続く頭痛やめまいも後遺障害と認められる?弁護士Q&Aまとめ

交通事故の後、擦り傷や骨折ではなく、「頭が痛い」「クラクラして立っていられない」などの症状で悩んでいる人もいるでしょう。症状固定(これ以上治...

【交通事故】後遺障害等級認定が認められる可能性を弁護士が症状別に解説

交通事故のケガの治療、医師から症状固定(これ以上治療を続けても症状が改善しない状態)を告げられた後は、後遺障害等級認定の手続きを進めていくこ...

やること診断

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 診断書の発行について

    パワハラで訴訟の準備をしております。裁判のために診断書が必要なのですが、会社を休んでいるので、精神的には症状は落ち着いてます。その様な状態でも書いていただけるのでしょうか?または以前は睡眠障害もありましたので 裁判の為に診断書が欲しいと言っても良いのでしょうか?

  • 裁判における診断書についてのご相談です。

    対立する診断書が無く、有効性が争われていない医師の診断書が家裁(1審)で診断学的に否定されました。抗告審の高裁でも医師法違反を訴えましたが、原決定通りと否定されました。 医師ではない裁判官が、医師の診断を診断学的に否定しても良いものでしょうか?

  • 症状固定の診断が覆る事はありますか?

    交通事故で裁判しています。 大腿部骨折で入院、1年半通院リハビリで症状固定になりました。 裁判を進めるうちに相手方が、後遺障害の認定に異議を言ってきました。 異議の根拠は、リハビリ病院で退院した時の診断と別の病院で1年半通院リハビリした後の症状固定の診断に違いがあるとのことです。 確かに大腿部の可動域に5度ほど違...

  • 嘘の診断書提出

    婚約不履行と貸し金で裁判をしています。相手から反訴があり、私の督促とストーカーで、不安神経症と不眠症になったという診断書が出ました。医院に確認したら、診断書を書いた医者は存在しません。つまり偽造ですが、どう対応したら良いでしょう。

  • 裁判所が提示した和解案に納得できない場合の対応について

    膝靭帯損傷・半月板損傷で後遺障害12級13号の認定を受けたもので裁判中の者です。先日裁判所から和解案が提出され、労働能力喪失期間が10年と提示されました。現在装具を使用し続けながら仕事をして、膝の痛みに対して鎮痛剤も3年間内服していますが、去年より膝の痛みが強くさらに鎮痛剤が増量しています。10年間で痛みが取れるとは思...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

交通事故裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。