弁護士の変更は可能でしょうか?

公開日: 相談日:2015年07月06日
  • 3弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

交通事故に遭い現在通院中です。
診断は頚椎捻挫、腰椎意捻挫、打撲等。

保険会社とのやりとりに余裕が無く弁護士特約で弁護士に依頼しました。
事故から2ヶ月ほど過ぎましたが、私が悪いのか弁護士の先生と上手く意思疎通が出来ません
最近は、まだ良くならないのですか?裁判になると面倒なんですよ
痛いのは気のせいじゃないですか?
など言われて、かなり参ってきています。

私としては、新しい弁護士の先生に依頼して治療と仕事に専念して前向きに頑張りたい
と思っています。
そこで2点回答をお願いしたいのですが、

①一旦、今の弁護士の先生を解任してから新しく探したら良いのか、このまま
 今の先生と信頼回復に努力をしたほうが良いのでしょうか?
②弁護士を変更したりするのには何か手続きが必要なのでしょうか?

補足ですが、病院の先生はまだ、治療継続の必要ありますとの診断です。

宜しくお願いします

365341さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    委任契約上,弁護士を解約することは自由にできるのが原則です。
    ただし,今回は弁護士特約を使われているので,弁護士の交代によって問題が生じないかをご自分の保険会社に確認したほうがいいとは思います。
    その上で,現在の弁護士との委任契約を解約されて,次の弁護士に改めて相談・依頼をされることになろうかと思います。

  • 河口 直規 弁護士

    注力分野
    交通事故
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お書きの状況では、これから信頼関係を構築するのは難しいのではないでしょうか。弁護士との合う合わないは必ずあるものですから、さらに弁護士特約で費用負担もないのでしょうから、早めに依頼弁護士をかえるのが得策と思います。弁護士をかえるのは、別に変なことではないですし、そういうこともあります。
    弁護士特約を利用しているので、(自分の)保険会社に相談してみるといいですよ。

  • 弁護士 B

    タッチして回答を見る

    弁護士費用特約を利用しているとのことなので、費用に関しては、保険会社に確認したほうがよいと思います。私が経験したものでは、費用の枠内(上限300万円というのが多いようですが)ならば、弁護士を変更した場合であっても次の弁護士の費用(着手金など)は出ました。
    また、弁護士を解任すべきかどうかは、個別のケースによって異なるでしょうから、ご質問者のケースで、どちらが適切かは、判断が難しいです。
    変更することは可能ですが、期待されている事柄が、次の弁護士がそのとおり実現してくれるかどうかまでは、分かりません。
    治療中において、弁護士がどれだけの作業をするかというのも疑問ですが、変更しても状況はあまり変わらないということもありえます。

  • 相談者 365341さん

    タッチして回答を見る

    お忙しい中ご回答ありがとうございました。

    河口先生の回答には感謝しています。
    弁護士の先生に求める物は各依頼者によって異なりますが、
    私は頼れる人が無く保険など或いは対価を払ってまで
    寄り添い励ましたり、依頼者の為に戦ってくれるのが
    弁護士先生の役割だと思っています。

    匿名にも関らずきちんと身分を明かしてご回答して頂いた
    河口先生の言葉を信じて新しい先生を探してみます。
    本当にありがとうございました。

  • 相談者 365341さん

    タッチして回答を見る

    河口先生、度々のご回答ありがとうございます。

    理学療法と薬の服用で週2回は通院しています。
    今後の自分の為にも出来る限り事故前の体に戻したいと
    考えております。
    しかしながら、今の弁護士の先生から3ヶ月過ぎたら
    保険会社も治療費を出し渋り、6ヶ月で打ち切りもありますからねぇ。
    まぁ、その後は自腹でも完全に治したいなら通院して下さい
    と言われ、被害者は引かれ損なのかと最近は気持ちがどんどん
    萎えてきてので、こちらでご相談させて頂きました。

    病院の先生と相談しながら通院し、自分の地域で河口先生のような弁護士先生に出会えるように、ゆっくり探してみます。
    本当にありがとうございました。

この投稿は、2015年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「交通事故裁判」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから