勝手に作成された自分名義の文書

私名義の交通事故目撃証言証書を作成し裁判へ出したいと知人が言うので、できたら見せてくれるかと思っていたら、私に見せずに私が目撃した内容とは違う目撃証言証明書を作られて、署名捺印も勝手に書かれてしまいました。私文書偽造になりますか?
mao7okさん
2014年04月12日 19時55分

みんなの回答

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県4
ありがとう
もともと署名押印は代行させたりしないで、自分でする予定であるなら、勝手に作成したのは、私文書偽造となります。相手が署名押印しても構わないが、内容は確認するつもりであったという場合は、事実と異なるあ書面作成、虚偽文書の作成にすぎない可能性があります。作成権限を相手に与えた可能性があるからです。

2014年04月12日 21時13分

大和 幸四郎
大和 幸四郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 佐賀県1
ありがとう
私文書偽造になりますか?
>私文書偽造・同行使罪の可能性があります。
警察に相談に行っても良いでしょう。

2014年04月12日 21時37分

mao7ok さん (質問者)
自分の記憶通りの証言部分については、代理で署名してもらってもいいかもしれませんが、同意していない(改ざんや歪曲された)証言の部分について、署名捺印の代理権を与えたと言うことがありえるのでしょうか?また、文書偽造は、公の信用を害する罪ということですが、作成者と名義人が同一でないことは問題ないのですか?

2014年04月12日 21時43分

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
同意していない(改ざんや歪曲された)証言の部分について、署名捺印の代理権を与えたと言うことがありえるのでしょうか
*一般的にはないと思います。

2014年04月12日 21時45分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県4
ありがとう
A弁護士の言うように簡単ではないのです。
学説や裁判例は、名義人の承諾がある場合には偽造とならないことを原則としつつ、交通切符や再入国許可申請書などの特殊な文書については、「文書の性質」を理由に例外的に「名義人以外の者」が「作成」することは許されないとして、虚偽をを問題としています。
立命館法学 1999年2号(264号)
文書偽造罪における作成者と名義人について 松 宮 孝 明
(8)交通切符について最決昭和五六・四・八刑集三五巻三号六三頁、反則切符について最決昭和五六・四・一六刑集三五巻三号一〇七頁、運転免許申請書について大阪地判昭和五四・八・一四刑月一一巻七=八号八一六頁、一般旅券発給申請書について大阪高判平成二・四・二六大阪高検速報平成二年二号、入試答案について東京地判平成四・五・二八判タ八〇六号二三〇頁、東京高判平成五・四・五判タ八二八号二七五頁、最決平成六・一一・二九刑集四八巻七号四五三頁。学説では、前田雅英『刑法各論講義(第二版)』(一九九五)四四一頁以下、同「他人名義の履歴書の作成と私文書偽造」警察学論集五二巻三号(一九九九)一八四頁、大谷實『刑法講義各論(第四版補正版)』(一九九五)四一八頁など。

虚偽文書の虚偽とは、真実に合致しない内容を言います。作成者が虚偽と思っていても、真実に合致すれば虚偽ではありません。作成名義人が虚偽と思っていても、真実であれば虚偽ではないし、作成権限を与えられた者が、真実と思って記載すれば、虚偽の認識がないつまり故意がありません。
作成権限を与えられた者が作成する文書が虚偽文書となるには、客観的に真実でなく、名義人にとって虚偽であり、かつ客観的に虚偽であることを権限を与えられた作成者が認識している必要があるのです。そうすると、客観的に虚偽であることを証明でき、かつ作成者が認識している場合に限られます。

目撃した内容とは違う目撃証言証明書という場合、目撃者が記載しようとした内容が真実であること(他の証拠により証明される必要あり)、それとは違う記載された内容が真実でないことを作成者が認識している必要があります。これらが証明されるのはかなり困難が伴うことです。そのうえで、さらに作成権限を与えた場合に、文書偽造とされるのは、かなり例外的ケースだと思われます。



2014年04月12日 23時11分

mao7ok さん (質問者)
ありがとうございます。なんで、名義人に自筆させなかったのかという動機からすると、名義人本人に頼むと有利な証言を書いてくれなかったからであり、そのために作成者本人が自分に有利な証言を作成し、他人名義に偽造したものです。

2014年04月12日 23時41分

この投稿は、2014年04月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

選んで簡単!

交通事故_やること診断イラスト

被害に遭われた方が
今するべきことがわかります
やること診断

状況で調べる

関連度の高い法律ガイド

交通事故裁判の流れ・期間・費用と遅延損害金について - 示談がまとまらないときの対処法

交通事故の被害者となり、保険会社と慰謝料や過失割合で示談しているものの、納得できない条件でまとまらないということも多いでしょう。裁判を起こす...

【死亡事故】実刑か執行猶予か…加害者の処罰に影響すること【弁護士Q&A】

交通死亡事故の加害者には、刑事上どのような処罰が下されるのでしょうか。執行猶予がつくのか、それとも実刑になるのか、遺族としては気がかりかもし...

交通事故の被害にあったらどうすればよい?事故現場での対応まとめ

交通事故はある日突然発生します。予想外のことに動揺してしまうかもしれませんが、できるだけ落ち着いて対応することが、事故の被害を解決する第一歩...

離婚協議書を公正証書化するメリットと作成するタイミング

話合いによって離婚をする際には、離婚条件などを記載した書類(離婚協議書)を作成することが一般的です。ここでは、離婚協議書を公正証書で作成する...

「交通事故証明書」を取得するためにおさえておくべきポイントと手続きの流れ

交通事故の保険金を支払ってもらうためには「交通事故証明書」が必要です。交通事故証明書は、「交通事故があった」という事実を証明する書類で、保険...

この相談に近い法律相談

  • 職場の不正、目撃証言

    職場で、賞味期限の改ざんがあり刑事や民事で、上司と部下で不正の責任のなすり合いで裁判になっています。平社員の私は、その当事者の部下側から目撃証言を頼まれ、あなたがその上司の部下だったという証言ならかけるが忙しいといったら、その内容で代筆署名捺印しておくと言われたところ、その後勝手に、私名義で「上司から賞味期限を...

  • 不倫相手に会います。以上でいいですか?

    不倫相手の実家(他県・高速で3時間)に、私の父と一緒に行きます。女性の両親も交え話をしたいです。もちろん脅迫するつもりは無く、こちらの気持ちを伝えに行き、合意できればその場で謝罪文を書いてもらい、示談書を作成したいです。示談書は公正証書にもしたいので、持参するものは、 ・不倫の証拠 ・謝罪文のひな形(自署で書いて...

  • 契約書の署名の証拠力について

    契約書の締結は相手方から署名をもらう方が一番証拠力があるとお聞きしました。 そこで質問がございます。 1.その理由はなぜでしょうか。 先方が署名は私はしていない、他の人がやったと言われ、文字筆鑑定して先方が署名したものではないとなってしまう可能性も考えたら、証拠力としては実印+印鑑証明書の方があるのではない...

  • 契約書の署名の証拠力について

    契約書の締結は相手方から署名をもらう方が一番証拠力があるとお聞きしました。 そこで質問がございます。 1.その理由はなぜでしょうか。 先方が署名は私はしていない、他の人がやったと言われ、文字筆鑑定して先方が署名したものではないとなってしまう可能性も考えたら、証拠力としては実印+印鑑証明書の方があるのではないでし...

  • 不倫相手との示談。以上でいいですか?

    不倫相手の実家(他県・高速で3時間)に、私の父と一緒に行きます。女性の両親も交え話をしたいです。もちろん脅迫するつもりは無く、こちらの気持ちを伝えに行き、合意できればその場で謝罪文を書いてもらい、示談書を作成したいです。 示談書は公正証書にもしたいので、持参するものは、 ・不倫の証拠 ・謝罪文のひな形(自署で書...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通事故裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。