交通事故の加害者です。

交通事故の加害者です。相談があるのですが、警察から私の通院している精神科のカルテをほしいと言われたのですが、病院の先生は任意だし、裁判所から請求があれば提出するが、患者の不利益になるなら渡さない方がいいのではないかと言われたのですが、警察からカルテの提出を求められたのを拒否できるのでしょうか?
りみたんさん
2013年02月27日 16時44分

みんなの回答

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県6
ありがとう
刑事訴訟法は下記条文で、捜査機関の照会手続について規定しています。報告を求められた団体は、原則として報告すべき義務があります。ただし、直接的に強制する方法はありません。病院は、通常、捜査機関の要請があればこれに応じています。

第197条 2項  捜査については、公務所又は公私の団体に照会して必要な事項の報告を求めることができる。

2013年02月27日 17時33分

秋山 直人
秋山 直人 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
警察には捜査関係事項照会という権限があり(刑訴法197条2項),これがあれば,通常は病院もカルテ等の開示に応じると思います。

ご相談者がかかっている病院の先生は,裁判所からの請求でもないし,患者にとって不利益になる可能性があるので,開示しないという対応を考えているのでしょうか。

そうだとすれば,捜査関係事項照会には応じなかったとしても,罰則や制裁はないので,開示はされないということになるかと思います。

もっとも,そのカルテ等が捜査に是非とも必要であれば,警察が別途裁判所の令状を取って,捜索・差押えといった強制手段を用いてカルテ等を押さえる可能性は残りますが。

2013年02月27日 17時46分

りみたん さん (質問者)
早い回答ありがとうございます。警察から差し押さえが出てからカルテの提出をした方がよいのでしょうか?私の許可があればカルテのコピーは出せるみたいなのですが、素直に協力した方がよいのでしょうか?

2013年02月27日 19時13分

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県6
ありがとう
事件の内容とカルテの内容が不明では、カルテの開示に応じることが貴方に不利となるのか・有利となるかの判断できません。

2013年02月27日 19時25分

りみたん さん (質問者)
事故は2年前に人身事故で一人亡くなり一人は怪我をされ、目撃者がいなく私も含め事故の状況がわかりません。行政処分は去年の7月に十五点で取り消しになりました。カルテの内容はわかりませんが、当時は抑鬱神経症とパニック障害で病院に通っていました。薬の影響で事故を起こしたのか、病気の影響で事故を起こしたのかを知りたいらしくカルテのコピーをほしいと言われました。

2013年02月27日 19時57分

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県6
ありがとう
貴方は、事故の状況が全く分からないのですか?もし、全く分からないとしたら、その原因について思い当たることはあるのでしょうか?

2013年02月27日 20時04分

りみたん さん (質問者)
事故の状況だけではなくその何日間かのことを覚えていません。
薬の影響なのか、病気の影響なのかはわかりませんが、前日に薬を多く飲み過ぎたらしく、でも警察も運転は正常だったといっています。

2013年02月27日 21時02分

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県6
ありがとう
そのような状況であれば、いずれにしろ、カルテは捜査機関に取得されてしまうでしょう。本件交通事故が、何らかの精神の障害の影響下で惹起されたものなら、責任能力の有無・強弱の判断に影響する可能性があります。できれば、弁護人を依頼された方が良いでしょう。何をもって有利と考え、不利と考えるかの問題はありますが、責任能力がない、減弱している場合には、刑罰は科せないか減軽されることになります。

2013年02月27日 21時22分

りみたん さん (質問者)
ありがとうございました。
とても丁寧に相談に乗っていただいてありがとうございます。

2013年02月27日 21時28分

この投稿は、2013年02月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

選んで簡単!

交通事故_やること診断イラスト

被害に遭われた方が
今するべきことがわかります
やること診断

状況で調べる

関連度の高い法律ガイド

【死亡事故】実刑か執行猶予か…加害者の処罰に影響すること【弁護士Q&A】

交通死亡事故の加害者には、刑事上どのような処罰が下されるのでしょうか。執行猶予がつくのか、それとも実刑になるのか、遺族としては気がかりかもし...

交通事故裁判の流れ・期間・費用と遅延損害金について - 示談がまとまらないときの対処法

交通事故の被害者となり、保険会社と慰謝料や過失割合で示談しているものの、納得できない条件でまとまらないということも多いでしょう。裁判を起こす...

【交通死亡事故】加害者が任意保険未加入のとき賠償金を回収できるケース

交通死亡事故の加害者が任意保険に加入していなかった場合、自賠責保険だけでは賠償金を全額カバーできない可能性があります。そうしたとき、遺族は自...

【交通事故】ケガをしたのに加害者が「物損事故で届け出て」…応じてよい?

交通事故の加害者から「人身事故ではなく、物損事故で届け出てほしい」と頼まれた場合、要求に応じていいのでしょうか。ケガをしているのに物損事故と...

交通事故で家族が死亡した場合に加害者と示談するタイミング

交通事故で親族が亡くなった場合、四十九日を過ぎたころに保険会社から示談交渉の打診が来ることが一般的です。そのとき、加害者に厳罰を望んでいる場...

この相談に近い法律相談

  • 呼びだす方法はないのでしょうか?

    面会交流の再審判 親権者が全面禁止を求めて申し立てました。 親権者は、私が原因で精神病になったと主張 診断書提出 (病名は恐怖性不安障害) そして面会交流の全面禁止を求めています 私も診断書に反論するため、文書提出命令を申し立てました。看護記録 カルテすべての開示を求めています。 相手方から任意で診療録...

  • 呼びだす方法はないのでしょうか?

    面会交流の再審判 親権者が全面禁止を求めて申し立てました。 親権者は、私が原因で精神病になったと主張 診断書提出 (病名は恐怖性不安障害) そして面会交流の全面禁止を求めています 私も診断書に反論するため、文書提出命令を申し立てました。看護記録 カルテすべての開示を求めています。 相手方から任意で診療録...

  • 【病院】カルテと普通診断書の違い(法的扱い)について

    信号待ちで停車中に突然後ろから追突事故を受けました。過失割合については加害者も完全な非を認め、現在保険会社を通じて加害者:被害者=100:0で認めています。 幸いにも大きな怪我もなく、当初は物損事故で済ませようと思っていたのですが、その後相手からの謝罪の言葉も一切無く、自動車修理代など掛かった費用についてもスムーズ...

  • 情報漏洩

    いつもお世話になっております。 先日加害者からの名誉毀損行為と、監視行為やつきまとい行為から体調を崩し通院中の為、傷害罪の捜査依頼文書を警察へ提出しました。 その後警察からの連絡がなかったのですが、先日、その内容を警察の方が近隣の方に話しているのを偶然耳にしました。 (捜査内容、罪状、私が精神的なダメージから...

  • 認知症で被害妄想を抱いている隣人

    認知症の隣人からの被害について。 隣のアパートの高齢男性が認知症により被害妄想を持っており、私の部屋で3日に一度は怒鳴りこんできます。 男性は脳梗塞を二回程、やっているそうです。 ドアをノックするのですが、あらん限りの力で行うためかドアの一部が凹んでいます。このドアへの暴力的なノックはドアを開けるまで終わり...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通事故裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。