弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

交通事故慰謝料・損害賠償

交通事故による通院・入院に対する慰謝料 - 自賠責・裁判基準による相場と計算方法

交通事故によって負傷し治療を強いられた場合には、通院や入院に対して慰謝料が認められています。しかし、自賠責基準と裁判基準で計算方法が異なり、金額差も大きくなるため注意が必要です。保険会社は自賠責基準に基づく低い金額で示談しようとしてくるのです。通院や入院に対する慰謝料の正しい計算方法を知り、妥当な補償が受けられるよう交渉しましょう。

目次

  1. 治療費と慰謝料の違い
  2. 自賠責基準と裁判基準
  3. 自賠責基準での計算方法
  4. 裁判基準での計算方法
  5. 入通院慰謝料の増額

治療費と慰謝料の違い

交通事故によって傷害を負った場合には、通院や入院して治療を強いられてしまいます。当然ながら治療費は加害者が負担するものですが、治療費とは別に「慰謝料」も請求できるのです。 しかし、自賠責保険に支払いを求めると、治療費や慰謝料などの合計額が120万円を上限とされてしまうことには注意が必要です。自賠責保険の上限を超えた分は、加害者の加入する自動車保険が負担することとなります。

自賠責基準と裁判基準

自賠責保険の上限を超えても、加害者が任意保険に加入していれば大丈夫、とも思えますが、必ずしも保険会社が十分な賠償をしてくれるとは限りません。保険会社は営利企業であり、少しでも保険金の支払いを抑えたいのです。 そもそも自賠責保険では最低限の保障を目的としており、損害賠償として必要十分な金額を補償してはくれません。そのため、任意保険が上限を超えて支払いをしてくれると言えども、自賠責基準で計算した慰謝料額を支払ってもらうだけでは、被害に見合った賠償とはならないのです。 適正な金額を受け取るためには、裁判所が判決で取り決めた金額、裁判基準で慰謝料の計算をしなければなりません。自賠責基準と裁判基準の計算方法と、その金額の違いを確認しましょう。

自賠責基準での計算方法

自賠責基準では、通院や入院に対する慰謝料は次のように計算することができます。

入通院慰謝料 = 治療日数 × 4,200円

治療日数は次のうちどちらか小さい方を用いて計算します。

  • 治療期間
  • 通院した日数 × 2

例えば、次の状況での慰謝料額を計算してみましょう。

  • 治療期間は150日間
  • 事故直後90日間の入院
  • 退院後は20日だけ通院

この場合は、通院日数(110日 = 90日 + 20日)の2倍(220日)よりも治療期間(150日)の方が小さいので、治療期間を治療日数に採用します。その結果、慰謝料額は63万円となります。

150日 × 4,200円 = 630,000円

裁判基準での計算方法

裁判基準での慰謝料を計算する際には、弁護士が実務で用いる下記の表を使います。入院期間と通院期間のクロスする箇所が、入通院慰謝料の目安となります。 裁判基準では1か月を30日として扱います。通院の場合は、1週間に2日は通院することを想定して作られているため、通院頻度が下回る場合には減額されてしまうことに注意が必要です。 通院・入院慰謝料表 なお、他覚症状のない「むち打ち症」などの場合は通院期間が長期化してしまう可能性もあるため、別の基準が設けられています。以下の表をご参考ください。 通院・入院慰謝料表(むちうちの場合)

入通院慰謝料の増額

裁判では、個々の事案ごとに適切な慰謝料額を精査して判決を下します。明確な慰謝料の計算式があるわけではなく、慰謝料表はあくまで相場を表しています。 そのため、事案によっては増額の可能性もあります。増額される状況としては次のようなものが挙げられます。

  • 重症の場合
  • ひき逃げなど加害者が悪質な場合
  • 妊婦が胎児を死産・流産した場合

一方で、増額が認められるには、示談では難しく、裁判を起こさざるをえないことがほとんどでしょう。そもそも、裁判基準は裁判で勝訴できた場合の基準なので、そのような根拠もなしに保険会社もその金額を認めてはくれません。 裁判基準の適正な金額を得るためには、裁判も視野に入れて弁護士に依頼するとよいでしょう。弁護士が介入することで、裁判基準に近い基準で示談を成立できる可能性もあり、裁判基準は弁護士基準とも呼ばれています。 初回相談が無料の弁護士も多いので、まずは一度相談してみることをおすすめします。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

慰謝料・損害賠償を扱う弁護士を探す

交通事故慰謝料・損害賠償に関する法律相談

  • 物損事故 相手の過失分について

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償物損事故

    先日、右折禁止のところを右折してしまい、左側からきた車と接触しました。 過失割合は9対1です。 9割と私の過失が大きい事故なので、私の修理代は請求をせず、相手の方の1割分(保険を...

    1弁護士回答
  • 自転車とタクシーの接触事故にあったとき

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償物損事故

    自転車と車の接触事故についてです。 私ではなく彼氏がこの間接触事故を起こしました。 相手は道路わきに停止していたタクシーで(お客様対応中だったようです。) そこに自転車に乗ってい...

    2弁護士回答
  • 交通事故の現場で救護措置をとらせなかった警察について

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償治療費

    昨年8月の深夜3時に自損事故を起こしてしまいました。車は全損です。身体には外傷が無かったのと、気が動転してしまい、警察の言いなりで現場作業がすすめられました。途中、具合が悪くな...

    1弁護士回答
  • 休業損害証明書の書き方について。

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償休業損害

    一月末に信号待ちしていたところ、後ろから追突され10対0の被害者になりました。 会社を休んだので休業損害証明書を会社に書いてもらったところ、疑問な部分があったので質問させていただ...

    1弁護士回答
  • T字路での原付バイクと車の事故

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償物損事故

    私が原付バイクで直進しT字路にさしかかったところ、左側よりで右折にて交差点に車が進入してきたためブレーキをかけ転倒いたしました(非接触事故です)。 道路幅は当方が約6メートルで相手...

    2弁護士回答

法律相談を検索する

交通事故慰謝料・損害賠償の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 横浜小1死亡事故、「高齢ドライバー」不起訴...
  2. 「歩きスマホ」VS「3人乗り自転車」歩道で事...
  3. 追い越し車の「飛び石」でマイカーのフロント...
  4. 赤信号の交差点に進入した「パトカー」が車と...
  5. 交通事故で異例の「刑免除」判決、背景にある...
  6. 「十分な注意が必要」ノーリードで犬飼育、ペ...
  7. 北関東でお馴染み?「鬼ハンドル」「カマキリ...